東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ベトナムにおける組み込みソフトウェア開発拠点の設立について

2007年5月08日

デジタル家電向け、海外開発を強化 

 当社は、デジタル家電向けなどに用いる組み込みソフトウェアの開発強化のため、ベトナム・ハノイ市にソフトウェア開発の新拠点を設立しました。

 新会社「東芝ソフトウェア開発ベトナム社」は、当社全額出資の子会社として設立され、6月に本格開業します。従業員は現地採用を基本とし、当初は約20名体制、その後2010年度までに300名程度まで拡大する計画です。
 新拠点は、海外における組み込みソフトウェア開発の中核拠点と位置付け、成長分野のデジタル家電や携帯電話向けを中心に、日本での上流設計に基づく下流工程の設計やプログラミングを担当します。
 技術者は基本的にすべて現地で採用・育成し、当社の開発プロセスを徹底するとともに、外部発注しない自前拠点とすることでノウハウの流出を防止します。

 ベトナムでは近年IT産業が急成長しており、ソフトウェア分野でも優秀な人材の確保やコスト競争力の向上が見込めることから、日本メーカーを中心に外国企業の進出が活発化しています。
 当社では、インド、中国にソフトウェア開発拠点を展開していますが、中期的に開発体制の拡充を図るため、拠点集中リスクの回避も踏まえ、ベトナムでの新拠点設置を決めたものです。

 当社では、ベトナム首相直轄の教育機関であるベトナム国家大学や、ベトナム随一の技術系大学であるハノイ工科大学に奨学金を拠出しており、今後大学との連携をさらに強化し、現地での優秀な人材の確保につなげていく方針です。

背景と狙い

 近年、電子機器の高性能化・デジタル化に伴い、主要機能をソフトウェアで開発する割合が高まっています。開発規模は高機能化で増大する一方、価格競争の激化でコスト削減が急務です。
 これを受け、当社では中期的に、開発人員の拡充と、低コスト化につながる海外拠点の活用を推進しています。今回、こうした強化策の一環として、ベトナムに新拠点を開設するものです。

ベトナムでの新拠点設立について

 当社では、今回海外でのソフトウェア開発を強化する方針のもと、最適な戦略を検討した結果、次のような理由から、ベトナムに新たな拠点を開設することを決定しました。

(1)

IT分野を成長産業としており、進出に優遇策があり、優秀な人材の確保も期待できる

(2)

日本との物価の違いなどから、人件費を中心に開発コストを低減できる 

(3)

日本語を学ぶ人口が増えており、社内の語学教育により日本語での意思疎通も可能となる

(4) ソフトウェア先進国とされる特定国に、リソースが集中するリスクを回避する効果もある 

新拠点の概要

社 名

東芝ソフトウェア開発ベトナム社
英文名称:Toshiba Software Development (Vietnam) Co., Ltd.

資本金

50万米ドル(約6000万円)

所在地

ハノイ市内

従業員 当初約20名、2010年までに約300名まで増強予定
事業内容 組み込みソフトウェアの開発(当初は下流工程を担当し、順次範囲を拡大)

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright