東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
SoftBank向け携帯電話「SoftBank X01T」の発売について

2007年5月22日

日本初*1、最新OSの「Windows Mobile(R) 6 Professional Edition日本語版」を搭載

 

 

 当社は、日本の携帯電話市場で初めて*1マイクロソフト社の携帯電話・携帯情報端末(PDA)向け最新OS「Windows Mobile(R) 6 Professional Edition日本語版」を搭載し、無線LAN規格(IEEE802.11b/g 最大通信速度54M bps)とHSDPA方式*2に準拠した高速データ通信サービス「3Gハイスピード」*3に対応した”Windows(R)ケータイ”「SoftBank X01T」を製品化します。3インチワイドVGA液晶や指紋センサによるセキュリティ機能の搭載など、基本性能を充実させたモデルです。
 新製品は2007年8月中旬以降、ソフトバンクモバイル株式会社から発売される予定です。

 新製品は、最新OSの「Windows Mobile(R) 6 Professional Edition日本語版」を搭載しています。外出先での通信ネットワークへのアクセスを容易にする無線LAN規格(IEEE802.11b/g最大54M bps)、HSDPA*2方式に準拠した高速データ通信サービス「3Gハイスピード」*3の両方式に対応したほか、近距離の機器連携に適したBluetooth(R)やIrDA(赤外線通信)にも対応しています。3インチワイドVGA液晶によりQVGA比5倍、ワイドQVGA比4倍もの高情報量で、写真画像はより美しく、小さな文字はより見やすく、インターネットは横スクロールすることなく楽しむことができます*4。また新製品は、miniSDメモリカードスロットを搭載し、さらにUSBホスト機能によりUSBメモリを使用することができます。パソコンと連携したアプリケーションにより、パソコンを自動でロックあるいは解除したり、X01Tからパソコンを操作、パソコンからX01Tを操作することもできます。また、世界標準である「W-CDMA」と「GSM」の通話・通信方式に対応しており、海外出張先でもローミングにより使用することが可能です。その他、2メガピクセルカメラ*5の搭載や、指紋センサによるセキュリティ機能の強化など基本性能を充実させています。PCと同様のキー配列(QWERTY(クアーティ)配列)を採用しており、キー入力がスムーズに行えます。

*1 2007年5月22日現在、携帯電話において(当社調べ)
*2 High Speed Downlink Packet Accessの略。3G移動体通信システムの標準化団体3GPPの「Release 5」で標準化された通信方式。
*3 下り最大3.6Mbps(ベストエフォート方式)の高速データ通信が可能なサービスで、現在の対応エリアは、東京23区および政令指定都市の一部地域。その他のエリアでは、自動的にソフトバンク3Gサービスのネットワークに接続します。なお通信速度は、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
*4 インターネットの利用には、「S!ベーシックパック」(月額315円[税込])へ申し込みが必要です。ただし、「Softbank X01T」では、「Yahoo!ケータイ」は利用できません
*5 有効画素数197万画素

新製品の概要 

商品化の狙いと背景 

 携帯電話機能の高度化や「3Gハイスピード」*1の登場による携帯電話のデータ通信速度の高速化といった環境の中、PCより手軽に、携帯電話よりも本格的に外出先でメールやインターネットにアクセスでき*2、SNSやブログの更新など様々な場所でタイムリーに活用したいというニーズに応えるために当社は「SoftBank X01T」を製品化いたしました。当社は、新製品の投入で携帯電話市場における多様なニーズに応えていきます

*1 下り最大3.6Mbps(ベストエフォート方式)の高速データ通信が可能なサービスで、現在の対応エリアは、東京23区および政令指定都市の一部地域。その他のエリアでは、自動的にソフトバンク3Gサービスのネットワークに接続します。なお通信速度は、ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
*2 インターネットの利用には、「S!ベーシックパック」(月額315円[税込])へ申し込みが必要です。「Softbank X01T」では、「Yahoo!ケータイ」は利用できません。

新製品の主な特長

1:

Windows Mobile(R) 6 Professional Edition 日本語版をOSに搭載

 

Windows Mobile 6 はマイクロソフトの携帯端末向けオペレーティングシステム(OS)であるWindows Mobile softwareの最新バージョンです。マイクロソフトの他のOSに比べ、特に携帯性と操作性を重視して開発されています。Windows(R) アプリケーションとも高い親和性を持ち、社内外に関わらず高い生産性が求められるモバイルインフォメーションワーカーに大きな力を与えます。

 
(1)

高度なモバイルコミュニケーション技術
モバイルメッセージング機能が大幅に強化され、モバイルにおけるよりスムーズなコミュニケーションを促進します。

(2)

ユーザー生産性の強化
スケジューリング機能が格段と利便性を増したのに加え、Office MobileやInternet Explorer(R) Mobileもさらにパワーアップし、ユーザーの生産性向上を支援します。

(3)

高いセキュリティと管理性
Microsoft Exchange Serverなどとの連携により、よりきめ細かい端末のセキュリティ設定や端末管理が可能となりました。

   
2: 3インチワイドVGA液晶で、高画質・高精細な再現が可能に
 
(1)

高画質・高精細表示で迫力のビジュアルが手の中に
Q-VGA比5倍、W-QVGA比4倍もの高情報量で、小さな文字もくっきり表示できるので「Windows Mobile(R) 6 Professional Edition日本語版」の搭載により可能となったOffice文書の作成から編集など、様々な処理をより快適に行うことができます。

(2)

インターネット接続時*1の閲覧性がアップ
「Internet Explorer(R)Mobile」を搭載しており、PC向けのウェブサイトを閲覧する際、ワイド画面で横画面表示も見やすく、高情報量の表示が可能です。さらにワイドVGAの高精細表示で、小さな文字もストレスなく閲覧することができます。

*1 インターネットの利用には、「S!ベーシックパック」(月額315円[税込])へ申し込みが必要です。ただし、「Softbank X01T」では、「Yahoo!ケータイ」は利用できません。。
   
3: 無線LAN、「3Gハイスピード」*1両方式の採用
 

無線LAN規格(IEEE802.11b/g最大54M bps)と、HSDPA方式*2に準拠した、下り最大3.6Mbps*3(ベストエフォート方式*4)の高速データ通信が可能なサービス「3Gハイスピード」の両方式に対応しています。外出先でも高速ネットワークに常にアクセスすることを容易にしています。

 
*1 対応エリアは全国の政令指定都市、首都圏/16号線内、東海/名古屋市および周辺の主要都市、静岡市(清水区は除く)です。
*2 High Speed Downlink Packet Access。3G移動体通信システムの標準化団体3GPPの「Release5」で標準化された通信方式。
*3 ご利用地域によって、最大通信速度は異なります。
*4 回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。
   
4: 海外ローミング対応
 

世界標準の通信方式である「W-CDMA」、「GSM」に対応しており、海外出張先でもローミングにより使用することができます。

   
5: 便利な充実機能
 
(1)

2メガピクセルカメラを搭載
高画質、有効画素数197万画素カメラ搭載で、綺麗な写真が撮影できます。

(2)

指紋センサ搭載
指紋センサを搭載することにより、従来の暗証番号でのセキュリティのように暗証番号を忘れたときに慌てることなく、安心感あるセキュリティとしてお使いいただけます。 尚、指紋センサを活用することにより設定したアプリケーションを起動したり、スクロールなどに活用することにより、より便利な操作性が広がります 。

(3)

USBホスト機能
USBメモリに対応することで、会社のPCとのデータ連携や外出先での大容量データのやり取りが可能です。

(4)

UPCとの連携アプリケーションを同梱

 
@

「GoldKey」

 

Bluetooth(R)を利用して新製品からパソコンをロックまたはロックを解除できます。新製品がパソコンから離れたときに、パソコンを自動的にロックします。また、新製品がパソコンに近づくとロックを解除します。
会社などで活用されているパソコンのセキュリティ向上に役立ちます。

A

「Teleport」

 

リモートスクリーン
パソコンの画面上に新製品の仮想スクリーンを表示し、新製品の操作をパソコンか 行えます。

リモートキーパッド
新製品を利用してパソコンを離れた場所から操作できますので、広い会場で大型 スクリーンを用いて発表を行うときなど、自分の立ち位置やパソコンを置く場所を 気にせず行えます。

(5)

Bluetooth(R)、IrDAに対応
近距離間のデータ・機器連携に適したBluetooth(R)に対応したほか、日本国内での携帯電話への搭載割合の多いIrDAにも対応することで、より多くの場面でのデータのやり取りを可能としています。

(6)

電子辞書
本格電子辞書を搭載しました。国語・英和・和英の見出し語計約117万語を付属の「お使いになる前にディスク」に保存しています。miniSDメモリカード経由でご利用できます。

6: SoftBankのメールサービスに対応
 
(1)

SMS/S!メール
ソフトバンクモバイル株式会社より販売されている携帯電話で広くご利用されております「SMS/S!メール」に対応しており、絵文字にも対応しております。

新製品の主な仕様


*1 連続通話時間とは、充電を満たした電池パックを装着し、電波が正常に受信できる静止状態から算出した平均的な計算値です。
*2 連続待受時間とは、充電を満たした電池パックを装着し、通話や操作をせず、電波が正常に受信できる静止状態で算出した平均的な計算値です。
*3 標準セットの急速充電器で行った充電に要する時間の平均的な計算値です。
* 本機種にはWindows Mobile OSを採用しております。WindowsはMicrosoft Windows operating systemの略称として表記しています。Windows、Windows Mobile、Internet Explorer(R)Mobileは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
* 「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。
* 3Gハイスピード、S!ベーシックパック、S!メールはソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
* Bluetoothは、その商標権者が所有しており、東芝はライセンスに基づき使用しています。
* 製品写真は、実際の仕様と異なる場合があります。

お客様からソフトバンクモバイルへの
お問い合わせ先

お客さまセンター[総合案内]
ソフトバンク携帯電話から157(無料)
一般電話から0088-21-2000(無料)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright