東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
液晶テレビ「レグザ」リミテッドエディション「H3300シリーズ」の発売について

2007年7月11日

毎秒120コマ映像で動画応答性を向上したHDD内蔵フルHD液晶テレビ

東芝液晶テレビ「レグザ」リミテッドエディション「H3300シリーズ」

 当社は、ハードディスクを内蔵した地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビの新商品として、毎秒120コマの描画ができ、動画応答性を向上させた 「10ビット駆動フルHD*1液晶パネル」を搭載した「52H3300」「46H3300」を、7月20日から発売します。「H3300シリーズ」は、ハードディスク内蔵型テレビ「H3000シリーズ」に毎秒120コマの描画に対応した液晶パネルと新回路などを搭載した特別仕様モデルです。

 「H3300シリーズ」は、高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」に加え、ハイビジョン放送の1画素ごとの動きを検出する「ピクセル単位動きベクトル検出技術」や、映像情報を分析して特徴を検出するエリアを最適化する「オブジェクト適応フレキシブル予測技術」などの新技術を、新たに独自開発した「フルHD・モーションクリア回路」に採用しました。これらの技術により、毎秒60コマで送られてくる映像を毎秒120コマに増やす際に、残像を低減させた高画質でクリアなフルHD補間映像を生成することを可能にしています。
 加えて、「10ビット駆動フルHD液晶パネル」と、画素一つ一つをランダムに点灯することで中間階調を表現する「魔方陣アルゴリズム・プロ」や、新たに採用したグラデーション部分の階調を最大64倍に拡張する「階調クリエーション」技術などを組み合わせることで、最大16,384階調までの表現ができ、よりなめらかな映像の再現が可能になっています。さらに、液晶パネルのバックライトの蛍光体の変更により、原色の色純度を改善し、色再現範囲を拡大したことで、当社従来品比で112%の色再現性を実現しており、テレビ放送や映像コンテンツのより忠実な色彩表現が可能になっています。

 また、既発売のハードディスク内蔵テレビ「H3000」シリーズと同様に300GB*2ハードディスクを内蔵しており、電子番組表「レグザ番組表・ファイン」や、市販のeSATA*3対応ハードディスクの増設など、充実した録画機能を搭載しています。
 さらに、内蔵ハードディスクと増設したハードディスクの録画内容を区別なく表示、検索できる便利なメニューや曜日別、ジャンル別、連続ドラマ(連ドラ)別に一覧表示できる機能なども充実しています。見たいドラマの毎回の録画予約設定を簡単に行える「連ドラ予約」、設定したニュース番組を自動的に録画できる「新・今すぐニュース」、番組視聴中、来客時等にボタン一押しで録画を開始し、用が済んだ後に再度ボタンを押して録画した場面から再生して番組を見ることができる「新・ちょっとタイム」などの機能も搭載しています。

*1 フルHDは1920×1080画素です。
*2

1GB=10億バイトで算出しています。

*3

External Serial ATAの略称。Serial ATA 1.0aの拡張規格で外付けドライブ向けに定義されたもの。

商品の概要

商品の概要

商品化の背景と狙い

 2006年末に日本全国で地上デジタル放送が開始されたことにより、日本の8割強の世帯で地上デジタル放送の視聴が可能となりました。地上デジタル放送の高画質番組の増加に加えて、次世代DVDや次世代ゲーム機の普及、ブロードバンド回線での映像配信普及などに伴い、「さまざまな高画質映像を時間にとらわれず自由に楽しみたい」というニーズがますます増えてきています。
 このようなニーズに対応するために、ハードディスク内蔵テレビ「H3000シリーズ」をベースに、毎秒120コマで描画することで動画応答性を向上させるとともに、10ビット駆動のフルHD液晶パネルを搭載することで、なめらかで鮮やかな色再現を実現した「H3300シリーズ」を商品化し、ユーザーの利便性の向上と当社の売上げの拡大を図っていきます。

新商品のおもな特長

主な新高画質技術

1. 120コマ映像で動画応答性を改善する「フルHD・モーションクリア回路」
   独自の高精度動きベクトル補間技術を駆使し、フルHD補間フレーム映像を生成する「フルHD・モーションクリア回路」を高画質映像処理システム「新メタブレイン・プロ」に、新たに搭載しました。毎秒60コマで送られてくる映像を、毎秒120コマで描画することで、横方向、縦方向、斜め方向のそれぞれにおいて、残像を低減するとともに、より高画質でクリアな映像を作り出すことを可能にしました。

「ピクセル単位動きベクトル検出技術」
 

 1画面を構成する200万画素の1画素ごとの動きを検出し、最適なフルHD補間フレームを生成します。動きのある人物や物体などの輪郭のにじみを解消しています。

 

 

「オブジェクト適応フレキシブル予測技術」

 

 同じオブジェクトが繰り返し現れ、動きの判別を誤りやすいシーンでは、オブジェクトに応じて予測に用いるエリアをフレキシブルに変えることで、精度の高い補間フレームを生成することが可能になりました。

   
「高精度動きベクトル補間技術」
 

 高精度に位置合わせした前後フレームの画像から中間フレームを生成することで、動画時のノイズも効果的に低減し、クリアな画質を実現しました。

   
入力素材に応じた予測処理
 

 SDコンテンツ、HDコンテンツ、フィルムなど、素材に応じた処理を施すことにより予測精度を高めています。

   
2. フィルム質感を高める「5−5フィルムモード」
 

 毎秒24コマのフィルムで製作された映画コンテンツの質感を忠実に再現する 「5−5フィルムモード」を搭載しました。毎秒の120コマ表示を5コマずつリピートすることで、24コマの映画フィルムの質感を忠実に再現します。
 また、HD DVDなどから出力される毎秒24コマのフィルム映像を受け付ける、HDMI 1080 24p入力にも対応しています。
 さらに、お好みに応じて、動きが滑らかな「スムーズモード」もお選びいただけます。

   
3. 階調性をさらに向上する「階調クリエーション」
 

 高域情報の多い映像部分はそのままに、グラデーション部分の階調を最大64倍に拡張する「階調クリエーション」を新たに搭載。青空や夕焼けなどのグラデーション部分や、映像のフェードイン・フェードアウトのシーンでも、なめらかで自然な階調を実現しました。
 この「階調クリエーション」と、バス幅14ビット精度高画質化処理、「魔方陣アルゴリズム・プロ」、10ビット駆動フルHDパネルの組み合わせにより、業界トップクラスの最大16,384階調(14ビット)表現力を実現しています。

   
4. 「10ビット駆動フルHD液晶パネル」を採用
 

 原色の色純度を改善し色再現範囲を拡大した「広色域バックライト」を採用した10ビット駆動フルHD液晶パネルを搭載しました。当社比112%の色再現性を実現し、新開発の液晶駆動用LSIをフルHD液晶パネルに搭載することで、より緻密で滑らかなグラデーション表現を実現し、リアリティに富んだ色彩を再現します。



その他の主な特徴

1. 新電子番組表「レグザ番組表・ファイン」搭載
   見慣れた新聞テレビ欄形式(横軸に放送局、縦軸に時刻)で、7チャンネル*6時間の番組を表示し、さらに番組名だけでなく番組概要説明も表示する「レグザ番組表・ファイン」から簡単に録画予約が可能です。また、番組視聴中に別のチャンネルの番組情報を見ることができるミニ番組表も搭載しています。
* 6チャンネル表示も選択可能。
   
2. ハードディスク内蔵で実現した便利な機能
   300GBの大容量のハードディスクを内蔵しており簡単にハイビジョン番組を録画できます。地上デジタル放送のハイビジョン番組なら約28時間*1の録画が可能です。また、ユーザーが簡単に交換できるハードディスクユニットを採用しています。

(1) 「連ドラ予約」機能
番組を見ながらリモコンの「連ドラ予約」ボタンを押すだけで次回からその番組を自動的に録画予約します。
(2) 「新・今すぐニュース」機能
放送時間を気にせずいつでもニュースを見ることができます。
(3)

「新・ちょっとタイム」機能 
番組視聴中に来客や電話があったとき、「ちょっとタイム」ボタンを押すだけで録画を開始します。用が済んだあとで「ちょっとタイム」ボタンをもう一度押すと、録画を開始した場面から再生します。

(4)

「Eメール録画予約」
パソコンや携帯電話、PDAからEメールで録画予約が可能です。携帯電話からは「テレビサーフモバイルサイト*2」にアクセスすることで簡単に予約メールを送ることができます。

*1 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときの目安です
*2 テレビサーフとは東芝iバリュークリエーション事業部が運営するテレビ番組情報提供サービスです。(http://tvsurf.jp)
   
3.

ハードディスクの増設ができる「HDDプラス」

   市販の大容量eSATA対応ハードディスクの接続が可能です。増設されたハードディスク には本体の内蔵ハードディスクに録画された番組を移動(ムーブ)することができます。例えば、750GBの増設ハードディスクを接続すると、地上デジタルハイビジョン番組で約83時間保存できます*1。なお、増設ハードディスクは最大4台まで登録*2でき、家族別、ジャンル別などの使い分けが可能です。
*1

接続確認済のeSATA対応ハードディスクHDC-UX750(アイオーデータ機器社製)を接続した場合。

*2

増設するには登録が必要です。
接続確認済み機器については、当社webサイト http://www.regza.jpで順次公開します。
同時に接続できる増設ハードディスクは1台です。
増設ハードディスクに番組を直接録画することはできません。

   
4. さまざまなPCとの接続を実現する「PCコネクト」搭載
   DVI端子、HDMI端子、アナログRGB(D-Sub)端子搭載のPCを接続することができます。また、PCの構成画素をそのままの解像度で表示する「Dot By Dot」表示ができ、小さなフォントの文字も高精細に表示できます。さらにPCの文字などの表示に適した明るさ、色合い、表示領域処理を行なった「PCファインモード」を映像メニューに搭載しています。この接続によりブロードバンド回線経由で受信した動画などのPCの映像を大画面、高画質で楽しむことができます。
   
5. タイムラグを抑えた「新ゲームモード」搭載
 

 入力信号の表示までのタイムラグを抑えゲームを快適に楽しめる、新ゲームモードを搭載しています。ビデオ端子、S端子、D端子、HDMI端子、PC端子のいずれの入力端子でも動作するゲームモードは、映像メニューから簡単に設定できます。

   
6. ジェットスリットスピーカーシステムとデジタルアンプ搭載
 

 オーディオ専業メーカーのオンキヨー株式会社と共同開発した、「新ジェットスリットスピーカー」を採用しています。
 高効率デジタルアンプを採用し、低ノイズ化と省エネ性の向上を図ると共に、高音質を実現しました。

   
7. J−Moss対応
  資源有効利用促進法の改正に伴い、新たに日本工業規格(JIS)として制定されたJ−Moss*1に対応しています。対象6物質「鉛・水銀*2・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」を全廃しています。
*1 J-Moss:Japan the marking for presence of the specific chemical substances for EEE(電子・電気機器の特定化学物質の含有表示制度)
*2 バックライトに含まれる水銀は、J-Mossの対象外です。
   

別売オプション機器

別売オプション機器

接続確認済み機器
*7月11日現在

接続確認済み機器

新商品の主な仕様

新商品の主な仕様
*1 「ちょっとタイム」設定時間を30分、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときのEPモード録画での目安
*2 視野角はJEITA規格に準拠したものです。(コントラスト比10:1)
*3

JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。仕様内の音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。

*4 デジタル放送を480iに変換したアナログ信号が出力されます。
*5 省エネ法に基づき映像メニュー「標準」で測定
*6

地上アナログ放送はiNETサーバーあるいはADAMS利用。iNETサーバーなど外部ネットワークを利用するには、別途インターネットサービスプロバイダーおよびブロードバンド回線業者との契約が必要です。

*

放送や通信サービス(インターネットを利用した地上アナログ放送の番組表、その他の通信サービスなど)は、 お客さまへの予告なしに、放送事業者や通信事業者などによって一時的に中断したり、内容が変更されたり、 サービス自体が終了されたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

* WOW、SRSと(●)記号はSRS Labs,Inc.の商標です。
* 文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

新商品についての
お客様からの
お問い合わせ先
テレビ事業部
TV国内営業部
TEL 03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ http://www.regza.jp/

 

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright