東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
超短焦点データプロジェクターの新商品について

2007年8月29日

業界で初めて(*1)WXGA(*2)投写可能で
Windows Vista TMネットワークに対応

 

 当社は、DLP(R)式データプロジェクターの新商品として超短焦点レンズを使用し、Windows VistaTMネットワークに対応した「TDP−EW25」、「TDP−EX20」を9月20日より順次発売します。

 「TDP−EW25」は投写距離1.2mで100型大画面投写可能な超短焦点レンズを搭載し、業界で初めて*1WXGA*2投写可能でWindows VistaTMネットワークに対応しています。また、「TDP−EX20」は投写距離1.5mで100型大画面への投写を可能にした短焦点レンズを使用し、XGA*3投写に対応しています。

 新商品は、テキサス・インスツルメンツ社の映像新技術「Brilliant ColorTM」と当社独自の色補正技術「ナチュラルカラーエンハンサ4(NCE4:Natural Color Enhancer4)」を搭載することで、パソコンやDVDなどから出力するデータの持つ明るさや色の鮮やかさを保ちながら、より一層本来の色合いを再現することができます。

 また、新商品は「Windows(R) Embedded CE 6.0」 を組み込んでおり、Windows VistaTMの「ネットワークプロジェクタ」に対応しています。このため、難しいネットワーク設定なしでWindows VistaTM搭載のパソコンから、プロジェクターの操作をすることが可能になります。また、無線LAN用モジュールの内蔵に加え、有線LAN(RJ−45)の入力端子を設け幅広い使用環境に対応します。

*1:

2007年8月29日現在、全世界のデータプロジェクター市場において

*2: 1,280×800ドット
*3: 1,024×768ドット

新商品の概要

新商品の概要
* 形名の(J)は日本国内識別記号です。商品本体には表示されていません。
* 輝度は出荷時における各機種での商品全体の平均的な値を示します。

商品化の背景とねらい

  データプロジェクターの国内市場は、2007年から2010年までの間に約1.2倍の市場拡大が見込まれます*1。OSとしてWindows VistaTMを搭載したパソコンが増えていることから、Windows VistaTMネットワークに対応したデータプロジェクターのニーズが高まっています。また、ビジネスや教育などの場で、プロジェクターの利用機会が増加しているため、短い投写距離で大画面を映し出せるプロジェクターに対するニーズが増えてきています。
 当社は、こうしたニーズに応えるため、Windows VistaTMに対応し、短い投写距離で100型大画面を投写可能な「TDP−EW25」、「TDP−EX20」を商品化し、売上拡大と市場でのシェアアップを目指します。

*1 当社の市場分析による。

新商品の主な特長

1. 超短焦点レンズ搭載により短い投写距離で100型大画面を投写可能
  「TDP−EW25」は、新開発の超短焦点レンズを採用し、100型大画面への投写距離1.2mという短焦点投写を実現しています。
 XGA対応モデル「TDP−EX20」では、投写距離1.5mで100型大画面を投写可能です。
   
2.

Windows Vista TM標準搭載の「ネットワークプロジェクタ」に対応
 プロジェクター本体に「Windows(R)Embedded CE 6.0」 を組み込んでおり、Windows VistaTMに標準搭載されている「ネットワークプロジェクタ」に対応しており、RGBケーブルや難しいネットワーク設定なしでWindows VistaTM搭載のパソコンから、プロジェクターの操作をすることが可能になります。
 なお、無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)と有線LAN接続(RJ−45)の両方に対応しています。  

   
3.

Brilliant Color TM」と「ナチュラルカラーエンハンサ4」の採用
 テキサス・インスツルメンツ社の映像新技術「Brilliant ColorTM」と当社独自の色補正技術「ナチュラルカラーエンハンサ4(NCE4:Natural Color Enhancer4)」を採用することで、パソコンやDVDなどから出力するデータの持つ明るさや色の鮮やかさを保ちながら、より本来の色合いを再現することができます。  

   
4. 豊富な入出力端子を装備
 PCやDVDなどと接続できる多彩な入出力端子を装備しています。各映像入力端子に対応した音声入力端子を装備しているので、すべての入力で音声も利用することができます。
(1) ミニD-Sub端子 PCなどからのRGB信号やビデオ機器からのコンポーネント映像信号(Y・PB・PR)との接続端子です。
(2) ビデオ端子 ビデオ、DVDなどとの接続端子です。
(3) Sビデオ端子 ビデオ、DVDなどとの接続端子です。ビデオ端子より高画質な画像を映し出すことができます。
(4) USB端子 JPEGならびにMPEG1,MPEG2(どちらもPS形式)ファイルを高画質な映像として映し出すことができます。
(5) 有線LAN端子
(RJ−45)
有線LAN端子(RJ−45):有線LANの接続端子です。
   
5. 簡単にシャットダウンが可能
  従来の当社プロジェクターでは、ランプがファンで冷却されてから電源プラグを抜く必要がありましたが、新商品ではランプの冷却を待たずに、使用後すぐに電源プラグを抜くことができます。
   
6. J−Moss対応
  資源有効利用促進法の改正に伴い、新たに日本工業規格(JIS)として制定されたJ-Moss*1に対応しています。対象6物質「鉛・水銀*2・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」を全廃しています。

*1 J-Moss:Japan the marking for presence of the specific chemical substances for EEE(電子・電気機器の特定化学物質の含有表示制度)
*2 高圧水銀ランプに含まれる水銀は、J-Mossの対象外です。

商品の主な仕様

商品の主な仕様
出荷時における本商品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003 データプロジェクターの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書2に基づいております。

*1 表示の希望小売価格には配送費、設置調整費、工事費、使用済み商品の引き取り費用は含まれておりません。
*2 この範囲の対応信号にプリセットしてあります。プリセット済みの信号仕様と異なるものは、周波数がこの範囲であっても画面に表示できない場合があります。
*

形名の(J)は日本国内識別記号です。本体に識別記号は表示されておりません。

* 仕様は予告なく変更する場合があります。
* 色差信号の各解像度はパネルの画素数に変換されます。
* 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。  
* Windows、Windows Vistaは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* DLP、Brilliant Colorは、テキサス・インスツルメンツ社の商標です。

お問い合わせ先

お客様からの
商品に関する
お問い合わせ先
東芝プロジェクターサポートセンター
受付時間(月曜〜金曜)9:00〜18:00
TEL 050(5514)1437
*正午〜午後1時、祝祭日、年末年始等を除く


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright