東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
新型二次電池「SCiBTM」の事業化について

2007年12月11日

優れた安全性と長寿命、急速充放電特性を兼ね備えた二次電池

SCIBセル
SCIBセル
SCIB標準モジュール

 当社は、優れた安全性と長寿命、急速充放電等の特性を兼ね備えた新型二次電池「SCiBTM」(以下、SCiB)を製品化し、まずは産業分野を中心に2008年3月から量産を開始します。

 SCiBは、高い安全性と、急速な充放電を行っても10年を超える長寿命性能、わずか5分間で容量の90%以上の充電が可能な急速充電性能を備えています。この優れた特性バランスを実現するため、当社独自の新負極材、新セパレータ、新電解液を採用し、さらに新たな生産技術を確立したことにより、高い信頼性の二次電池を実現しました。加えて、SCiBの長寿命性能は、電池交換時に発生する廃棄物の削減を通して、環境負荷の低減にも寄与できます。

 新製品は、4.2Ah(アンペアアワー)のセルを10個直列に配列したモジュール(標準モジュール)で構成されます。標準モジュールには、電池特性を最大限に活かすため、電圧・温度監視、異常監視・保護、セルバランス調節等の機能を備えたバッテリーマネージメントシステムが搭載されています。

 SCiBは、すでに二次電池の普及が始まっている電動自転車や電動バイク、フォークリフト、建設機械などに加え、非常用電源や風力発電での電力回生や電力品質の安定化などの用途への適用が可能です。その後、より高性能な電池セルの開発を進め、ハイブリッド自動車や、将来の電気自動車などへの適用も目指します。

 当社は、SCiB事業を成長性の高い新規事業と位置づけ、産業分野や車載分野を中心にグローバルに事業展開を図り、2015年度には、売上高1000億円規模を目指します。

SCiBの主な特長

1.高い安全性
   SCiBは熱的安全性の高い新負極材や高引火点の電解液の採用等により、内部短絡や熱暴走を起こし難く、破裂、発火の可能性の極めて低い電池です。
 
2.長寿命性能
   急速な充電条件による約3000回の充放電サイクル後も、容量低下はわずか10%未満です。約5000回を超える繰り返し充放電が可能で、1日1回の充電で10年以上繰り返して使用することができます。
 
3.急速充電性能
   高い安全性を確保し大電流充電(50A)が可能なため、SCiBセル、標準モジュールともに、電池容量の90%以上の充電が5分間で完了できます。
 
4.高出力性能
   電気二重層キャパシタ並みの高い入出力性能をもっており、大きなパワーが必要な用途に最適です。
   
5.低温性能
 

 マイナス30℃の低温環境でも十分な放電が可能であり、寒冷地での使用が見込まれる用途にも適しています。

SCiBの主な仕様

SCiBの主な仕様



添付資料

別紙:SCiBTMの性能について [PDF:203KB]



プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright