東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初*1のHD DVD-RW対応ドライブを搭載したAVノートPC 「Qosmio」などの発売について

2007年12月17日

新開発の「HD QosmioEngine」により、HD DVD映像がより美しく

世界初*1のHD DVD-RW対応ドライブを搭載したAVノートPC 「Qosmio」などの発売について

 当社はAVノートPC「Qosmio」シリーズにおいて、世界で初めて、HD DVD-RWドライブをノートPC本体に搭載するとともに、HD DVDの映像を、さらに美しく色補正する「HD QosmioEngine」や、TV番組の中で気になる情報を簡単な操作でインターネット検索できる「気になるリンク」など、多彩な機能を搭載した「Qosmio G40/97E」をはじめとする、「Qosmio/dynabook」シリーズ全6機種20モデルのノートPCを12月21日から順次発売します。

 新商品の「Qosmio G40/97E」は、世界で初めて、ノートPC本体に大容量データが書き換え可能なHD DVD-RWドライブを搭載しており、HDビデオカメラから取り込んだ映像をHD DVD-RWに繰り返し記録できることに加え、PCのハードディスクに録画した地上デジタル放送の記録もアップデートで対応予定*2です。また、新開発の「HD QosmioEngine」により、色補正や輪郭をはっきり見せるなど、高画質化を実現し、高精細なHD DVD映画をはじめ、HDビデオカメラから取り込んだ映像もより美しく楽しめます。

 さらに、地上デジタルTVチューナを2個搭載し、地上デジタル放送の番組を見ながら、別の番組を録画できます。また、放送中のTV番組で登場する店舗やアイテムの情報について、クリック操作で関連キーワードを自動的に一覧化し、インターネット検索ができる*3、自社開発の「気になるリンク」など、利便性を向上しています。さらに、ビデオカメラで撮影したHD映像を、劣化させることなく、フルHD画質のまま、従来のDVDメディアに約24分間記録できる「HD Rec」*4にも対応するなど、HD DVDや、地上デジタル放送、ホームビデオまで、PCならではの楽しみ方を実現したAVノートPCです。

 同時に発売する「dynabookシリーズ」は、高色純度、高輝度液晶ディスプレイのほか、2GBのメインメモリやharman/kardon®ステレオスピーカを搭載したモデルを大幅に拡充し、音楽鑑賞や、動画編集などの画像処理も、これまで以上に快適に行える先進スペックとなっています。さらに、Vistaを楽しく学べる「動画で学ぶWindows Vista®」や、「動画で学ぶOffice Personal 2007 Ver.2」など、PCやVistaが初めての方にも快適に使えるようにさまざまな配慮をしています。また、世界一*5の軽さと薄さを実現した「dynabook SS RX」の新商品では、802.11n(draft2.0)を搭載*6し、高速ワイヤレス環境を実現しました。

 HD DVDは、映画の本編再生時に監督のメッセージやメイキングなどの特典映像をサブ画面で同時に動画として再生できる機能「ピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)」など、従来のDVDでは楽しめなかったアドバンスト機能が楽しめる点が評価され、プレーヤー・レコーダーだけでなく、今後、HD DVD搭載のPC市場は一層拡大すると考えられます。このような市場環境のなか、当社は、HD DVDドライブを搭載した新商品3機種4モデルを発売し、HD DVDの一層の普及を図るとともに、ハードとソフトの両面で使いやすさを追求したノートPCで、PC市場全体の拡大を目指します。

*1 ノートPCとして。2007年12月、当社調べ。
*2 地上デジタル放送のHD DVD-RWへの書き込みについては、2008年2月のアップデートにより対応可能なります。
*3 「気になるリンク」で検索をおこなうには、インターネットの接続環境が必要です。
*4 HD Recで記録したDVDは、「記録したPC」、「HD Rec対応PC」、「HD Rec対応HD DVD PLAYER」で再生できます。
録画した地上デジタル放送番組は記録できません。
*5 薄さ・軽さは、光学ドライブ搭載の12.1型ワイド液晶搭載PCとして。薄さは最薄部。2007年6月、当社調べ。
*6 アクセスポイントなど対応する機器・環境が必要となります。

HD DVD-RWへのムーブ機能のアップデート開始時期延期のご連絡とお詫び

新製品の概要

新製品の概要

新製品の主な特徴

1.

「便利でカンタン、画がきれい」のAVノートPC「Qosmio」ならではの先進機能を搭載しています。

  (1)

世界初*1のHD DVD-RW対応ドライブを搭載*2しています。
「Qosmio G40/97E」、「Qosmio F40/88EBL」では、世界初のHD DVD-RW対応ドライブを搭載し、HD画質のままHD DVD-R、HD DVD-RWへムーブ*3や、HD DVD-RW利用時には、データの書き換えも可能です。さらに、HD DVD-Rの書き込み速度は2倍速化を実現しています。
*1ノートPCとして。2007年12月、当社調べ *2 G40、F40/88EBLのみ
*3 録画した地上デジタル放送番組のHD DVD-RWメディアへのムーブは2008年2月のアップデートで対応予定。

  (2)

HD DVDタイトルの美しい画像をより美しく再現する*4「HD QosmioEngine」*5を搭載しています。
「Qosmio G40/97E」、「Qosmio F40/88EBL」、「Qosmio F40/87EBL」には、HD DVDの映像をより高画質にする「HD QosmioEngine」を搭載しています。青色や緑色をより鮮やかに表現し、人の肌を美しく見せるカラーコントロール機能、輪郭をクッキリさせるデジタルシャープネス機能、明るい色はより明るく、暗い色は質感を高めてより暗く表現するガンマ補正機能により、さらにきれいな映像でHD DVDタイトルを楽しめます。
*4 「TOSHIBA HD DVD PLAYER」で再生した映像のみ  *5 G40、F40/88EBL、F40/87EBLのみ

  (3)

ビデオカメラの映像をHD画質のままDVDに記録できる*6 HD Recに対応しています。
「Qosmio G40/97E」、「Qosmio F40/88EBL」、「Qosmio F40/87EBL」は、DVDの標準化団体「DVD Forum」が策定した、DVDメディア(DVD-R/RW/RAM)を記憶媒体とする映像記録方式「HD Rec」*7に対応しています。従来のDVDメディアにビデオカメラで撮影した映像を、圧縮などで映像劣化させることなく、フルHD画質のまま、約24分間記録することができるため、手軽にハイビジョン映像を残したいという方に最適の機能です。
*6 G40、F40/88EBL、F40/87EBLのみ *7 HD Recで記録したDVDは、「記録したPC」、「HD Rec対応PC」、「HD Rec対応HD DVD PLAYER」で再生できます。録画した地上デジタル放送番組は記録できません。

  (4)

TV番組中の気になったお店などを簡単に検索できる「気になるリンク」を搭載しています。
Qosmioで視聴中のTV番組の中から、知りたい情報をその場で検索できる「気になるリンク」を搭載しています。TV番組視聴中に気になる情報(グルメ番組で紹介された「店舗名」や、旅番組に登場した「ホテル名」など)があれば、画面上部の「気になるリンク」ボタンをクリックするだけで、TV番組中のキーワードを抽出して表示します。*8その中から気になる単語に対するアクションをクリックすると、検索結果をブラウザで表示します。
*8気になるリンク機能で検索をおこなうには、インターネットの接続環境が必要です。

  (5)

「Qosmio」シリーズ全モデルに地上デジタルTVチューナを搭載しています。
「Qosmio」シリーズ全機種に自社開発の地上デジタルTVチューナを搭載し、「Qosmio G40/97E」、「Qosmio F40/88EBL」、「Qosmio F40/87EBL」、「Qosmio F40/86EBL」には、ノートPC本体に、自社開発の小型地上デジタルTVチューナを2個搭載しています。これにより、録画したい地上デジタル放送の番組が同じ時間帯に重なっても、それぞれの番組を高精細画質のまま同時録画したり、地上デジタル放送の番組を見ながら、別の番組を録画したりすることができます。さらに、録画新ルールである「タビング10」にも対応予定*9で、HDDに録画されたデジタル番組は9回のコピーと1回のムーブ(移動)合わせて10回のダビングが可能となります。
*9 「ダビング10」に対応した放送時期、運用・仕様詳細は未定です(2007年12月現在)また「ダビング10」の名称及び機能は、予告なく変更されることがあります。

  (6)

先進のオーディオ技術を結集し、ワンランク上の音質が楽しめるサウンド機能を搭載しています。
「Qosmio F40」シリーズには、3スピーカシステムを採用しており、harman/kardon®ステレオスピーカに加え、バスレフ型サブウーファを搭載することで、力強い低音再生に、より厚みのある音の再生を実現します。「Qosmio G40/97E」では、4スピーカシステムを採用し、大容量のバスレフ型harman/kardon®ステレオスピーカに加え、液晶フレーム両側にharman/kardon®高音域用2スピーカを搭載することで、澄んだ高音域と豊かな中低音域が奏でる高品位サウンドを実現しています。
また、「Qosmio」シリーズには、プロオーディオ分野で培われた高音質化技術「MaxxAudio®(マックスオーディオ)」をノートPCで初めて*10採用しています。Qosmioのスピーカシステムの周波数特性やダイナミックレンジに合わせて音の再生力を最適化することで、いままで聞き取りにくかった「風のそよぐ音」や「足音」といった臨場感を演出する効果音やせりふまで、厚みと奥行き感のある音質で再生します。さらに、広がりのあるサウンドをお楽しみいただけるドルビーのサウンドエンターテイメントシステムを搭載しています。劇場で培われ、また多くのAV機器やDVDやHD DVDタイトルに採用されているデジタルサラウンドサウント゛をお楽しみいただくことができる「ドルビーデジタル」をはじめとする最新テクノロジーにより、5.1chサラウンドサウンドがPCで手軽に楽しめます。

*10  2007年8月、当社調べ
  (7)

AV機器とQosmioでAVコンテンツを共有して楽しめます。
「Qosmio G40/97E」は、TVやHDD&DVDビデオレコーダーなどのAV機器と連携することで、AVコンテンツを共有して利用できる、ホームネットワーク関連の機能を搭載しています。

    (1)

レグザリンク*11対応で、液晶TV「レグザ(REGZA) *12」と連携
 「Qosmio G40/97E」は、「レグザリンク(HDMI連動)」に対応しており、当社製の液晶TV「レグザ(REGZA) *12」とHDMIケーブルで接続すれば、レグザのリモコンを操作するだけで、Qosmio本体の電源のON/OFFのほか、画質や解像度を自動調整し、PC画像を表示することができます。さらに、QosmioのHDDに保存してある録画した番組や、インターネット放送、ビデオカメラ撮影などの映像コンテンツ、デジタルカメラなどの画像コンテンツや音楽コンテンツ、HD DVDパッケージコンテンツなどを、レグザの大画面で手軽に視聴できます。
*11 「レグザリンク(HDMI連動)」により、「Qosmio AV Center」、「Windows® Media Center」、「TOSHIBA HD DVD PLAYER」が「レグザ」のリモコンで操作できます。
*12 液晶テレビ「レグザ(REGZA)」RF350、C3500、Z3500シリーズ

    (2)

HDD&DVDビデオレコーダー「ヴァルディア(VARDIA) *13」との連携
 当社製HDD&DVDビデオレコーダー「ヴァルディア(VARDIA) *13」シリーズに録画し、コンテンツ保護された地上デジタル放送番組も、DTCP-IPに準拠したソフトウェア「CyberLink SoftDMA for TOSHIBA」により、ホーム(LAN接続)ネットワークを通じて「Qosmio G40/97E」で視聴できます。リビングにあるヴァルディアで録画したコンテンツを、別の場所で「Qosmio G40/97E」に表示させて楽しむことができます。
*13 DTCP-IP対応ヴァルディア(VARDIA):RD-A600、RD-A300、RD-A301

2.

新プラットフォーム採用など先進機能を搭載してラインナップ充実の「dynabook」シリーズ

  (1)

全機種に最新プラットフォームを採用し、メモリも2GBに強化しています*14
dynabookシリーズは、全機種に最新プラットフォームを採用し、パフォーマンスが向上しています。さらに、新しい省電力技術により、消費電力を大幅に抑えながら、グラフィック機能を強化し、画像処理も快適になりました。また、Microsoft® Vista® Home Premiumを一層快適に操作するため、2GB(1GB×2)搭載機種を拡充*14しました。これにより、大量の画像データを取り込んだり、動画編集をするなど、メモリを多用する方にも快適にお使いいただくことができます。
*14 TX/68E, TX/67E, TX/66EP, TX/66E, AX/57 E,CX/47E,CX/45Eに搭載

  (2)

いい音で音楽が楽しめるように、サウンド機能を強化しています。
dynabookシリーズ*15は、harman/kardon®ステレオスピーカと、最新テクノロジーを採用したサラウンドエンターテイメントシステム「ドルビーサウンドルーム」を搭載しました。さらにdynabook TXシリーズには、「Qosmio」シリーズに搭載されていた高音質化技術「MaxxAudio®」を全機種に搭載しており、DVDに収録された音情報をフルに引き出し、更に厚みと奥行きのある音質で再生します。
*15 AX/52E,CX/47E,CX/45Eを除く

  (3)

PCのお悩み事も簡単に解決できる、便利なソフトを豊富に搭載しています。
「dynabook/Qosmio」全機種に、「ササッとサーチ」を搭載しています。これにより、インターネット上で調べたいキーワードの上にマウスカーソルを置くだけで、自社開発の連鎖検索エンジンが、キーワードを自動抽出し、それに適した絞り込み用のキーワード候補をカテゴリ別表示しますので、ユーザはそれを選択するだけで簡単に絞り込み検索ができます。さらに、dynabookの人気キャラクター「ぱらちゃん」がPCの基本操作をわかりやすく教えてくれる「dynabookはじめてガイド」や、「ぱらちゃん」の解説や、クイズ形式でのレッスン、音声ガイドや動画などで基本操作が楽しく学べる「動画で学ぶWindows Vista®」、「動画で学ぶOffice Personal 2007 Ver.2」、従来使用していたPCの設定環境やデータの移行ソフト「PC引越ナビTMVer3.0」、マウスのドラッグ&ドロッフ゜操作で無線LANのワイヤレス環境を簡単に設定することができる「無線LANらくらく設定」、アプリケーションの使い方やよくある質問、問い合わせ先など、迷ったり困ったりした時に解決のヒントが得られるナビゲーションソフトウェア「おたすけナビTM Ver4.1」などを搭載しています。

  (4)

Microsoft® Office PowerPoint® 2007搭載モデル拡充でラインナップが充実しています。
「dynabook」「dynabook SS RX」シリーズには様々なPC利用シーンを想定し、豊富なラインナップをご用意しました。新商品には、効果的なプレゼンテーション資料が簡単に作成できるMicrosoft® Office PowerPoint® 2007搭載モデルを拡充。*16組織図など、図表の種類が格段に増えた「SmartArt」により、デザイン性あふれる効果的な提案資料も作成できます。
*16 TX/66EP, AX/55EP, CX, dynabook SS RX1/T8E に搭載

3.

世界一薄くて軽い*17モバイルノートPC「dynabook SS RX」シリーズ

   

「dynabook SS RX」シリーズは、光学式ドライブを搭載した12.1型ワイド液晶のモバイルノートPCとして、世界最軽量、最薄*17など、モバイルPCユーザのさまざまな要望を同時に実現しています。さらに、これまでに培ってきたノウハウと技術で筐体の衝撃耐性を高めるなど、「軽さ」「薄さ」だけでなく、「堅牢性」「高品質」も両立させた商品です。
*17薄さ・軽さは、光学ドライブ搭載の12.1型ワイド液晶搭載PCとして。薄さは最薄部。2007年6月、当社調べ。

    (1)

本体性能が飛躍的に向上し、機動力あるビジネスが実現できます。
新商品全機種で新プラットフォームを採用しています。また、OSをより快適に操作していただくためにメモリを2GBに強化し、パフォーマンスが更に向上しました。加えて、無線LANには、新たに「IEEE 802.11n ドラフト2.0」*18を搭載しました。また、「IEEE 802.11a/g/n」の3本のアンテナを、最上部のディスプレイ上部に横一列で実装していることから、高感度で、高速な通信速度(最大約300Mbps*19)を実現します。
*18アクセスポイントなど対応する機器・環境が必要となります。
*19表示の「通信速度」は規格に基づくものであり、ご利用環境や接続機器などにより「実行速度」は異なります。

    (2)

100kgfの面加圧、75p落下、100t浸水試験をクリアした堅牢設計*20を実現しています。
今回新たにドイツの認証機関「TÜV Rheinland Group(テュフラインランドグループ)」にて、100kgfの面加圧耐久試験を実施。LCDカバー全面に均一に100kgfの圧力を加え、LCDパネルが割れないこと、その直後に電源を入れてOSが正常に起動することを確認するテストをクリアしました。
*20無破損・無故障を保証するものではありません。また、これらに対する修理対応は無償修理ではありません。落下、浸水後はかならず点検・修理(有償)にお出しください。

4.

環境との調和に配慮したノートPCづくりを推進しています。

   

当社は、これまでも地球環境に配慮したノートPCの開発を推進し、2005年1月からはプリント基板と筐体についてEU(欧州連合)RoHS指令に対応したノートPCを発売してきました。また、お使いのPCをデスクトップ型から、ノート型である「Qosmio」や「dynabook」シリーズに替える場合、COの排出量を一日あたり約半分の“約80g”、年間で“約30s”削減*21することができます。当社は地球環境に配慮したノートPCの開発により、今後とも、国民運動である、「1人、1日、1sのCO削減」チャレンジ宣言を実践し、持続可能な地球環境の発展の実現に努めてまいります。
*21 CO2削減量は、製品の製造から廃棄段階までの生涯排出量で比較するため、LCA評価手法に基づく当社測定法より算出しています。LCA算出時の使用条件〈家庭での使用条件〉は、省エネルギーセンターの使用条件に基づき、1週間で15時間使用(動作状態10時間、待機状態5時間)。1年を52週として算出。PC利用は5年間として算出しています。CO2排出量は、一般的に最も利用されているタイプのノートPC(15型程度の液晶/CeleronタイプのCPU)と、基本的なスペックが同等のLCD付きデスクトップPCとを比較しています。

5.

当社ノートPCのプロモーション活動について。
   

2007年12月21日(金)〜2008年1月14日(月・祝)までのキャンペーン期間中に、対象のモデルをお買い上げいただき、お客様登録(TID登録)をしていただいた先着30,000名様*22に、東芝ノートPCオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンを行います。*23また、田村正和さん、山下智久さんの2人が出演するTVCMも、新作を加えて放映し、様々なプロモーション活動を展開してまいります。詳しくは「dynabook.com」にてお知らせいたします。
*22応募総数が30,000名様に達した時点で終了となります。各プレゼントは、定員に達した場合抽選となり、必ずしも希望の商品が当たることを確約するものではありません。
*23プレゼント応募受付期間2007年12月25日(火)〜2008年2月11日(月・祝)23時59分まで、お客様登録後(TID登録)、キャンペーンページにてご応募いただけます。

商品の主な仕様

【Qosmioシリーズ】 2007年12月17日現在
商品の主な仕様 Qosmioシリーズ
※1.

Windows Vista® Home Premiumでは、WindowsNT® Server、Windows® 2000 Serverなどのドメインにログオンすることはできません。

※2. プレインストールされているOSのみサポートいたします。
※3. あらかじめ2スロットにそれぞれ1GBのメモリが装着されています。4GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている1GBのメモリを取り外し、2GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大4GBまでです。ただし、OSが使用可能な領域は最大3GBになります。
※4. あらかじめ2スロットにそれぞれ1GBのメモリが装着されていますのでメモリの増設はできません。
※5. TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在することがあります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※6. 高輝度Clear SuperView液晶は特性上、外光が映りこむ場合があります。置き場所や角度を調整してご使用ください。輝度はお好みによって調整してご使用ください。
※7. 専用ビデオRAM(256MB)のほか、システム・メモリの一部を使用します。出荷時(システム・メモリ2GB)では、最大1,023MBまでビデオRAMとして使用されます。
※8. ビデオRAMの容量はコンピュータのシステム・メモリ容量に依存します。出荷時(システム・メモリ2GB)では、最大358MBまでビデオRAMとして使用されます。
※9. メモリインタフェースは128ビットです。グラフィックアクセラレータの性能やサポートされる機能は、 PCのモデルごとに異なります。また、グラフィックアクセラレータの性能はバッテリ駆動時より、ACアダプタを接続した場合により高い性能が発揮されます。
※10. ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。システム回復オプション領域として約1.5GB、リカバリ領域として約10.4GB使用しています。Eドライブとして約10.7GB使用しています(FAT32フォーマットで設定)。ソフトウェア占有量にはリカバリ領域、システム回復オプション領域の容量は含まれません。リカバリ領域、システム回復オプション領域、Eドライブ以外のすべての領域がNTFSで設定されています。
※11. バッテリ駆動中に書き込みをおこなうと、バッテリの消耗などによっては、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプタを接続してください。また、本ドライブは、各種ディスクの種類や特性にあった速度を選択して読み出し/書き込みをおこないます。ディスクによっては最大速度での読み出し/書き込みができない場合もあります。
※12. LabelflashTM 機能を使用するためには専用のメディアが必要です。また、LabelflashTM機能はCD-R/CD-RWでは使用できません。
※13. 内蔵モデムは対応世界61地域以外では使用できません。33.6kbps以上の高速受信は接続先の対応や回線状態などが整った場合のみ可能です。送信時は最大33.6kbpsでの接続となります。K56FlexTM には対応しておりません。FAX通信ソフトは搭載しておりません。
※14. 無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。
※15. IEEE802.11bは1〜14ch、IEEE802.11gは1〜13chに対応しています。また、IEEE802.11aの5GHz帯無線LANは、屋外では使用できません。5GHz帯無線LANは、IEEE802.11a準拠(J52/W52/W53)です。
※16. IEEE802.11b/gは1〜11chに対応しています。
※17. 内蔵のTVチューナでBS(デジタル放送/アナログ放送)/CS(デジタル放送/アナログ放送)を視聴することはできません。また、地上アナログ放送を視聴することはできません。
※18. Windows®上では、再生時は最大192kHz/24ビット、録音時は最大96kHz/16ビットになります。 また、サンプリングレートは使用するソフトウェアによって異なります。
※19. USB1.1/2.0対応。USB周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
※20. 映像機器との接続には、市販のHDMIケーブルをご使用ください。対応機器すべての動作を保証するものではありません。
※21. 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」(http://it.jeita.or.jp/mobile/index.html)。なお、本体のみ、省電力制御あり。満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境により異なります。
※22. 電池(単4形)2個付属。
【dynabookシリーズ】 2007年12月17日現在
商品の主な仕様 dynabookシリーズ

商品の主な仕様 dynabookシリーズ

商品の主な仕様 dynabookシリーズ
※1.

Windows Vista® Home Premiumでは、WindowsNT® Server、Windows® 2000 Serverなどのドメインにログオンすることはできません。

※2. プレインストールされているOSのみサポートいたします。
※3. ビデオRAM容量はコンピュータのシステム・メモリ容量に依存します。出荷時(システム・メモリ2GB)では、最大358MBまでビデオRAMとして使用されます。
※4. ビデオRAM容量はコンピュータのシステム・メモリ容量に依存します。出荷時(システム・メモリ1GB)では、最大251MBまでビデオRAMとして使用されます。システム・メモリが1.5GB以上の場合、最大358MBまでビデオRAMとして使用されます。
※5. あらかじめ2スロットにそれぞれ1GBのメモリが装着されています。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大2GBまでです。
※6. あらかじめ2スロットにそれぞれ512MBのメモリが装着されています。2GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている512MBのメモリを取り外し、1GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大2GBまでです。
※7. あらかじめ1スロットに1GBのメモリが装着されています。2GBに拡張するためには、空きスロットに1GBのメモリ(オプション)を1枚装着してください。 取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大2GBまでです。
※8. あらかじめ2スロットにそれぞれ1GBのメモリが装着されています。4GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている1GBのメモリを取り外し、2GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大4GBまでです。ただし、OSが使用可能な領域は最大3GBになります。
※9. あらかじめ2スロットにそれぞれ512MBのメモリが装着されています。2GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている512MBのメモリを取り外し、1GBのメモリ(オプション)を2枚、または2GBのメモリ(オプション)を1枚装着してください。4GBに拡張するためには、あらかじめ装着されている512MBのメモリを取り外し、2GBのメモリ(オプション)を2枚装着してください。取り付けることのできるメモリ容量は、2つのスロットを合わせて最大4GBまでです。ただし、OSが使用可能な領域は最大3GBになります。
※10. TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在することがあります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、あらかじめご了承ください。
※11. Clear SuperView液晶、高輝度Clear SuperView液晶は特性上、外光が映りこむ場合があります。置き場所や角度を調整してご使用ください。輝度はお好みによって調整してご使用ください。
※12. ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。システム回復オプション領域として約1.5GB、リカバリ領域として約10GBを使用しています。Dドライブとして約10.7GB設定しています(FAT32フォーマットで設定)。ソフトウェア占有量にはリカバリ領域、システム回復オプション領域の容量は含まれません。リカバリ領域、システム回復オプション領域、Dドライブ以外のすべての領域がNTFSで設定されています(Cドライブとして割り当て)。
※13. バッテリ駆動中に書き込みをおこなうと、バッテリの消耗などによっては、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプタを接続してください。また、本ドライブは、各種ディスクの種類や特性にあった速度を選択して読み出し/書き込みをおこないます。ディスクによっては最大速度での読み出し/書き込みができない場合もあります。
※14. 無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。
※15. IEEE802.11b/gは1〜11chに対応しています。
※16. 内蔵モデムは対応世界61地域以外では使用できません。33.6kbps以上の高速受信は接続先の対応や回線状態などが整った場合のみ可能です。送信時は最大33.6kbpsでの接続となります。K56FlexTM には対応しておりません。FAX通信ソフトは搭載しておりません。
※17. サンプリングレートは使用するソフトウェアによって異なります。Windows®上では、再生時は最大192kHz/24ビット、録音時は最大96kHz/16ビットになります。
※18. USB1.1/2.0対応。USB周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
※19. 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」(http://it.jeita.or.jp/mobile/index.html)。なお、本体のみ、省電力制御あり。満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用環境により異なります。
【dynabook SS RXシリーズ】 2007年12月17日現在
商品の主な仕様 dynabook SS RXシリーズ

※1.

プレインストールされているOSのみサポートいたします。

※2. インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーには対応しておりません。
※3. ビデオRAM容量はコンピュータのシステム・メモリ容量に依存します。〔OSがWindows Vista® の場合〕出荷時(システム・メモリ2GB)では、最大256MBまでビデオRAMとして使用されます。〔OSがWindows® XPの場合〕出荷時(システム・メモリ2GB)では、最大224MBまでビデオRAMとして使用されます。
※4. メモリ動作周波数は2モードあります。最大533MHz(PC2-4200)モード/最大400MHz(PC2-3200)モード。工場出荷時は最大533MHz(PC2-4200)モードに設定されています。
※5. あらかじめオンボードに1GB、1スロットに1GBのメモリが装着されています。取り付けることができるメモリ容量は最大2GBまでです。
※6. TFTカラー液晶ディスプレイは、非常に高度な技術を駆使して作られております。非点灯、常時点灯などの表示(画素)が存在する事があります(有効ドット数の割合は99.99%以上です。有効ドット数の割合とは「対応するディスプレイの表示しうる全ドット数のうち、表示可能なドット数の割合」です)。また、見る角度や温度変化によって色むらや明るさのむらが見える場合があります。これらは故障ではありませんので、 あらかじめご了承ください。
※7. フラッシュメモリドライブの容量は1GBを10億バイトで算出しています。システム回復オプション領域として約1.5GB、リカバリ領域として約5.1GBを使用しています。システム回復オプション領域、リカバリ領域以外のすべての領域はNTFSで設定されています。(Cドライブ1パーティションで設定)。
※8. ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。システム回復オプション領域として、約1.5GB、リカバリ領域として、約5.1GB使用しています。システム回復オプション領域、リカバリ領域以外のすべての領域はNTFSで設定されています(Cドライブ1パーティションで設定)。
※9. バッテリ駆動中に書き込みをおこなうと、バッテリの消耗などによっては、録画に失敗したり、映像や音が飛んだり、書き込みに失敗するおそれがあります。必ずACアダプタを接続してください。また、本ドライブは、各種ディスクの種類や特性にあった速度を選択して読み出し/書き込みをおこないます。ディスクによっては最大速度での読み出し/書き込みができない場合があります。
※10. 無線通信距離は、周辺の電波環境、障害物、設置環境、ソフトウェアなどにより影響を受ける場合があります。また、5GHz帯無線LANは電波法令により屋外では使用できません。2.4GHz帯無線LANで使用できるチャンネルは1〜13chです。5GHz帯無線LANはIEEE802.11a準拠、IEEE802.11n ドラフト2.0準拠(J52/W52/W53/W56)です。IEEE802.11n ドラフト2.0準拠のモードで通信をおこなうためには、セキュリティをWAP/WAP2(AES)に設定する必要があります。また、IEEE802.11n ドラフト2.0準拠の40MHz(2チャンネル対応)での通信モードは、W52のみ対応。
※11. Windows® 上では、再生時および録音時は最大48kHz/16ビットになります。また、サンプリングレートは使用するソフトウェアによって異なります。
※12. USB1.1/2.0対応。USB対応周辺機器すべての動作を保証するものではありません。
※13. i.LINK対応機器すべての動作を保証するものではありません。
※14. 社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」(http://it.jeita.or.jp/mobile/index.html)。なお、本体のみ、省電力制御あり。満充電の場合。ただし、実際の駆動時間は使用状況および設定などにより異なります。
※15. プレインストールされているOS、または製品に付属しているリカバリDVDで復元したOSのみサポートいたします。
* 既存のインテル低電圧版に比べ、さらに電圧レベルを低下。

お問い合わせ先

お客様からの商品についての
お問い合わせ先
東芝PCあんしんサポート

通話料無料 0120−97−1048
受付時間   9:00〜19:00(年中無休)

海外からの電話や携帯電話で上記電話番号に接続できないお客様は043−298−8780で受け付けています。なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright