東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
東芝グループ 第4次環境ボランタリープランの拡張設定について

2008年3月6日

 当社グループは、2005年3月に発表した2005年度から2010年度を期間とする「第4次環境ボランタリープラン*1」の活動を、京都議定書第1約束期間に合わせ2012年度まで延長しました。また、エコプロダクツによるCO削減の具体的な数値目標を新設するとともに、事業プロセスにおいて地球温暖化防止に関する目標を上積みし、地球温暖化防止への取り組みを強化します。さらに、「Excellent ECP」として2007年度に初めて2製品を認定し、優れた環境調和型製品の更なる創出を推進する一方、事業プロセスにおける水受入量の原単位の削減に取り組みます。

 エコプロダクツによるCO削減効果として、2010年度には630万トン、2012年度には730万トンという数値目標を新設しました。また、ファクターT*2手法に基づく分析のもと、非常に高い製品価値と環境性能を併せ持つ製品「Excellent ECP」として、2007年度にはじめて2製品を認定しました。今後、2010年度には15製品、2012年度には25製品を目標に、継続して創出に取り組んでいきます。

 事業プロセスにおいては、グループ全体での取り組み強化により、2007年度時点で目標を大きく達成することが見込まれる地球温暖化防止に関する項目を対象に、2010年度の目標を上方修正し、さらに2012年度の目標を新設しました。また、環境負荷低減の観点から水に着目し、「水受入量生産高原単位削減」を新たな項目として追加し、2010年度には9%、2012年度には10%の削減を目指します。

 当社グループは、2050年のあるべき姿を「地球と調和した人類の豊かな生活」と設定し、「世界人口増加への対応」、「経済発展に伴う環境負荷の緩和」、「新しい豊かな価値の創造」という課題の解決に取り組みます。よりよい地球環境の実現に向け「地球内企業」として先導的な役割を果たすため、昨年11月に「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度を基準として2050年までに10倍(ファクター10)に高める目標を掲げ、地球環境問題に取り組んでいくことを宣言しました。「第4次環境ボランタリープラン」は、2050年のファクター10を到達点として2005年度から2012年度の期間に達成すべき具体的な目標となります。

 当社グループは環境ボランタリープラン達成に向けて、「ファクターT」を用いた環境調和型製品の創出、および半導体生産プロセスを初めとした事業プロセスにおけるCO排出量削減(液化天然ガス(LNG)導入、高効率照明への更新、超省エネ型クリーンルーム(CR)建設など)や廃棄物削減などを着実に進めていきます。なお、これらの当社グループの一部の取り組みは、本日より2日間当社にて開催する第17回東芝グループ環境展において、展示する予定です。

*1 「第4次環境ボランタリープラン」は当社グループが策定した「環境ビジョン2010」の実現に向けて、「製品の環境効率向上」と「事業プロセスの革新」の両面で具体的な目標と施策を設定したものです。
*2 ファクターとは環境効率の改善度合いを表したものです。環境効率は「製品の価値」と「製品の環境影響」の両側面を考慮した数値で、環境効率=製品の価値/製品の環境影響の式で求められます。当社では基準製品を2000年に製造された製品としており、それぞれ「製品の価値」 をお客様の声を元に製品の機能・性能から算出し、「製品の環境影響」を製品ライフサイクルにおける環境影響を総合的に評価して算出しています。ファクターに当社独自評価を取り入れた指標が「ファクターT」です。

第4次環境ボランンタリープラン拡張

第4次環境ボランンタリープラン拡張
特記部分を除き、2000年度基準で国内・海外、生産・非生産の拠点が対象です。原単位は活動を評価できる指標として、物量ベース(実質生産額)としています。
※1: 対象15物質群:(1)ビス(トリブチルすず)=オキシド(TBTO)、(2)トリブチルすず類(TBT類)・トリフェニルすず類(TPT類)、(3)ポリ塩化ビフェニル類(PCB類)、(4)ポリ塩化ナフレタン(塩素数が3以上)、(5)短鎖型塩化パラフィン、(6)アスベスト類、(7)アゾ染料・顔料、(8)オゾン層破壊物質、(9)放射性物質、(10)カドミウムおよびその化合物、 (11)六価クロム化合物、(12)鉛およびその化合物、(13)水銀およびその化合物、(14)ポリ臭素化ビフェニル類(PBB類)、(15)ポリ臭素化ジフェニルエーテル類(PBDE類)(詳細定義および除外用途は別途定めます)
※2: 事業活動に伴い生じる副産物やその他の発生物すべて(総排出量)に対し、各種処理後の埋立処分量を1%以下にすること

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright