東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
米国における原子力事業拡大に向けた米国現地法人の設立について

2008年3月6日

 当社は、米国における原子力事業拡大のため、ワシントンDC近郊のバージニア州に販売・サービス等を行う現地法人を設立し、今月より本格的に営業活動を開始します。

 米国の原子力市場では、既に30基以上の新規プラント建設が表明されており、当社グループでは当社のABWR、ウェスチングハウス社のAP1000の両方式でプラントの受注活動を推進しています。
 今回、新会社を設立することで、米国内に窓口のなかったABWRプラントの新規受注活動を強化するとともに、順次建設に向けた許認可対応や、プラントの設計・調達等のエンジニアリング統括業務の機能を持たせ、米国での事業強化を加速します。

 新会社は約30名の人員体制でスタートし、2011年頃の建設本格化に合わせて増員を図ると共に、建設拠点近郊にエンジニアリング事務所を設立し、営業部門についても拡充していく方針です。

 また新会社を通じて、ウェスチングハウス社との間で、既設プラントの改良保全における最新技術の相互提供や、日本国内の建設実績に基づく工事管理ノウハウの共有などを進め、米国におけるBWR・PWR両方式の事業連携を強化していきます。さらに新会社では、当社が推進している「次世代超小型原子炉システム」(4S)の受注に向けた許認可取得等の取り組みも強化し、NGNP*1等への参画も視野に入れ、幅広く活動を強化していきます。

 なお、当社では、米国での事業拡大と並行し、アジア、欧州など他の主要市場においても、ウェスチングハウス社と連携して、原子力事業を拡大していく方針です。

  *1 NGNP:Next Generation Nuclear Plant(次世代原子力プラント)

新会社の概要

社名  Toshiba America Nuclear Energy Corporation
(東芝アメリカ原子力エナジー社)
代表者 斉藤不由記(現原子力事業部 原子力事業部長附)
設立時期 2008年1月設立
資本金 350万USドル
所在地 バージニア州アレクサンドリア
従業員数 当初30名程度
事業内容 ABWR建設、拡販、既設プラント保守・保全サービス、4S拡販等

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright