東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngineTM SE1000」のサンプル出荷開始について

2008年4月8日

− Full-HD時代の映像処理用途への展開を加速する開発環境を提供 −

SpurusEngine(TM) SE1000

SpursEngine(TM) SE1000リファレンスボード

 当社は、高性能プロセッサ“Cell Broadband EngineTM*1(以下、Cell/B.E.TM)のSPE*2コアを用いた新型メディアストリーミングプロセッサSpursEngineTMSE1000(以下、SpursEngineTM)を製品化し、本日からサンプル出荷を開始します。また、今回のSpursEngineTMサンプル出荷開始と併せて、製品開発を行うお客様向けにリファレンスキットの提供を開始します。

 SpursEngineTMは, Full-HD対応のMPEG-2およびH.264のハードウェアエンコーダ及びデコーダと、SPEを4個搭載しています。SPEは、Cell/B.E. TMと共通であり、MPEG-2、H.264方式のエンコード・デコード専用回路(ハードウェアエンジン)を組み合わせた効率的で柔軟な映像処理や、Cell/B.E.より小規模な回路設計による低消費電力を特長としています。高度なメディアストリーミング処理を、処理速度1.5GHz(クロック周波数)、消費電力は10W台で実現するコプロセッサ(ホストCPUを支援するプロセッサ)です。

 新製品は、パソコンや各種デジタル家電、それらの融合的な商品等での採用を目指して拡販し、今後3年間で600万個の出荷を計画しています。さらに、SpursEngineTMに採用された技術の、より高性能化、多機能化、低消費電力化に向けた開発も継続していきます。

 また、併せて提供を開始するリファレンスキットは、SpursEngineTMを搭載したリファレンスボードと、ソフトウェア開発を行うための基本ソフトウェア群から構成されています。リファレンスボードはPCI-Expressエッジコネクタを備えており、PCI-Express x1スロットを持つデスクトップパソコンに接続して利用可能です。さらにSpursEngineTM制御用プログラム、ライブラリ、統合開発環境(SPEコンパイラ、SPEデバッガ、パフォーマンスモニタなど)及び、ミドルウェアを利用するためのサンプルアプリケーション等を備えています。このリファレンスキットにより、お客様におけるSpursEngineTMの評価、採用するアプリケーションの開発環境の構築を容易にし、お客様の製品開発をサポートしていきます。

*1 Cell Broadband Engine:IBM、SONYグループ、東芝が共同で開発した高性能プロセッサ。マルチコア・アーキテクチャを採用し、超高速データ転送能力により、大容量メディア・アプリケーションを扱うデジタルメディア機器等での応用が可能。
*2  SPE (Synergistic Processor Element):高性能な浮動小数点演算機能を持ち、独自の命令セット・アーキテクチャを備えて、様々なメディア・アプリケーションを効率的に処理可能なプロセッサコア。

SpursEngineTMパートナーとの協業関係の構築

 当社は、SpursEngineTMを活用した映像ソリューションを広く展開していくために、 多くのパートナー企業との協業関係の構築を進めています。グラフィックボード、映像、画像処理ソフトウェアの開発で業界最先端の、コーレル社(カナダ)、サイバーリンク社(台湾)やリードテック・リサーチ社(台湾)などとの協業を通して、SpursEngineTMの機能を最大限に活かした映像・画像処理用のアプリケーションソフトや、SpursEngineTM搭載のハードウェアボードを開発し、セットメーカーに提供していきます。SpursEngineTMを核としたバリューチェーンを構築することで、セットメーカーへの拡販を加速するとともに、より快適で、新たなデジタルライフを世の中に提供していきます。

新製品の概要

品番 サンプル価格 サンプル開始
BXA32110XBGN 10,000円/個 2008年4月

新製品の主な仕様

プロセッサ SPE 4基搭載
SPE Cell/B.E.TMのSPE命令セットと完全互換
SIMD RISC 単.倍精度浮動小数点/DMAC/MMU機能内蔵
メモリーインターフェース (XDRTM DRAM)128MB(512Mbit x2),物理バンド幅12.8GB/s
ハードウェア コーデック (1)フルHD対応 MPEG2エンコーダー及びデコーダ
(2)フルHD対応 H.264エンコーダー及びデコーダ
PCI-Express I/F x1, x4 リンクサポート
PCI-Express Base Specification Revision 1.1準拠

SpursEngineTMSE1000リファレンスキット概要

ハードウェア 名称 SpursEngineTMSE1000リファレンスキット
型名 BXK005000
メインエンジン
SpursEngineTMSE1000
演算能力 最大48GFlops
(12GFlops / 1SPE)
エレメント数 SPE x4
動作周波数 1.5GHz
レジスタ 128bit x 128 / 1SPE
内蔵メモリ ローカルストレージ(256KB)/ 1SPE
ホストインターフェース
PCI-Express
機能 Endpoint
1レーン リンクサポート
PCI-Express: Base
specification Revision 1.1準拠
搭載メモリ
XDRTMDRAM
物理バンド幅 12.8GB/s
メモリ容量 128MB
ソフトウェア 基本ソフトウェア、ライブラリ、ツールチェーン(ホスト及びSPEプログラム用)
サンプル プログラム
XDRTM DRAMは、米国およびその他の国におけるラムバス社の商標です。
SpursEngineTM及びそのロゴは、株式会社 東芝の商標です。
Cell Broadband EngineTMは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。


SpursEngineTMの製品についての
お問合せ先:
システムLSI営業統括部
システムLSI営業推進第三部
03(3457)3491

ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲ニュースリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright