東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア」新商品の発売について

2008年5月15日

〜ハイビジョン放送をフルHD解像度のまま、長時間記録可能〜

ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)RD-X7」

ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)RD-S502」

 当社は、ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、「RD−X7」「RD−S502」「RD−S302」を商品化し、6月中旬から発売します。圧縮効率の高い映像記録方式である「MPEG4 AVC」を使って、ハイビジョン放送をフルハイビジョン解像度のまま、最大で約6倍もの長時間、ハードディスクやDVDに記録できます*1。また、デジタルハイビジョンチューナー搭載の普及機として「RD−E302」を7月上旬から発売します。

 新商品「RD−X7」はヴァルディアシリーズのフラッグシップモデルとして、高画質・高音質回路を搭載して、DVDソフトやハードディスクに記録したハイビジョン映像、録画したDVDの映像などをより高画質・高音質で楽しめます。また、HDトランスコーダーを搭載し、従来のハイビジョン放送の映像記録方式である「MPEG2」映像を「MPEG4 AVC」に変換することで、ハードディスクへの長時間記録を可能にしました。大容量1TBのハードディスクに最大約533時間録画が可能です*2
 「RD−X7」「RD−S502」「RD−S302」は、DVD-R、DVD-R DL、 DVD-RAM、DVD-RWの記録、再生に対応したDVDマルチドライブを搭載し、これらのDVDディスクに書き込みが可能になっています。録画やダビング時にDVDにハイビジョン映像を書き込むことができるDVDフォーラムの公式規格である「HD Rec」機能を使うことで、既存のDVDディスク*3に、ハイビジョン番組の記録ができます。
 また、「RD−S502」「RD−S302」は、新たに「高速起動モード」を搭載しました。高速起動モード時の待機電力は業界一低い*4約3.8Wで、省エネを実現しています。高速起動時は、リモコンの番組表ボタンを押すと、約5秒〜10秒で番組表を表示*5するので、素早い録画予約ができます。また、ブロードバンド環境でDVDにコンテンツをダウンロードできる「DVDBB*6」に対応しています。「DVDBB」では、KDDI株式会社の「DVD Burning」等を利用することで、放送の録画やパッケージソフトだけでなく、ダウンロードによるコンテンツ取得も可能となります。

 新商品は全機種、2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS*7指令に適合しています。

*1 BSデジタルHD放送(24Mbps)をTSモードで録画した場合とTSE3.6Mbps(音声1ストリーム)で録画した場合の比較。低い画質レートでTSEタイトル作成(録画/記録)を行うとブロック状のノイズが目立ったり、映像が乱れたりすることがあります。
*2 TSE3.6Mbps時(音声1ストリーム)。
*3 CPRMに対応した3倍速以上のDVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD-RAMが必要です。
*4 2008年5月15日現在、当社調べ。
*5 アナログ接続時とHDMI接続時で起動時間は変わります。また、番組表データ受信時など起動時間がかかる場合があります。
*6 現在「DVDBB」で開始予定のサービスはKDDI株式会社の「DVD Burning」です。「DVD Burning」の詳細は、ホームページ(http://www.dvd-burn.jp/)をご覧ください。
*7 EU(欧州連合)25カ国で、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めた環境適合性指令。

新商品の概要

商品名 形名 価格 発売時期
ハードディスク&DVDレコーダー
「ヴァルディア(VARDIA)」
RD−X7 オープン 6月中旬
RD−S502   オープン 6月中旬
RD−S302   オープン 6月中旬
RD−E302   オープン 7月上旬

商品化の背景と狙い

 デジタルハイビジョン液晶テレビの普及やデジタルハイビジョン放送の広がりにともない、VTRやデジタルチューナー非搭載のDVDレコーダーからハイビジョン録画が可能なハードディスク&DVDレコーダーへ買い替える人が増えています。このような背景の中、「MPEG4 AVC」を使って、ハードディスクに長時間ハイビジョン記録ができる新商品「RD−X7」「RD−S502」「RD−S302」を発売します。またエントリー機として「RD−E302」を投入し、充実したラインアップでハードディスク&DVDレコーダー市場でのさらなるシェア拡大を目指していきます。

新商品の主な特長

1.長時間記録を実現する「MPEG4 AVC」録画(「RD−E302」を除く)
 デジタルハイビジョン放送の「MPEG2」(TSモード)映像を最新の圧縮効率の高い映像記録方式である「MPEG4 AVC」(TSEモード)に変換することで、より長時間ハードディスクやDVDに録画できます。従来のTSモード時と比較して最大で約6倍の長時間録画が可能*1です。解像度は放送時のまま変換しますので、フルハイビジョンのまま記録できます。また、音声は無変換で、最大5.1ch×2ストリームまでAACのまま保存できますので、無劣化で二カ国語放送やサラウンド放送の保存ができます。このTSEモードの記録レートは、3.6Mbps〜17Mbpsまでの47段階を選べるので、録画する番組とディスク容量に応じて好みのレート設定が可能です。

*1 BSデジタルHD放送(24Mbps)をTSモードで録画した場合とTSE3.6Mbps(音声1ストリーム)で録画した場合の比較。低い画質レートでTSEタイトル作成(録画/記録)を行うとブロック状のノイズが目立ったり、映像が乱れたりすることがあります。

2.既存のDVDにハイビジョン録画ができる「HD Rec」機能
(「RD−E302」を除く)
 既存のDVDディスク*1にハイビジョン映像を記録するDVDフォーラムの公式規格である「HD Rec」機能を搭載しています。この機能は、HDVRフォーマットで初期化することで、VRタイトルだけでなく、デジタル放送をそのまま残せるTSタイトル、ハイビジョン画像を「MPEG4 AVC」で変換したTSEタイトルのDVDへの混在記録が可能です。DVD-R DLにハイビジョン画像を最大約4時間15分*2記録することができ、既存のDVDにハイビジョン放送を記録して残したいという人に適した機能です。

*1 CPRMに対応した3倍速以上のDVD-R、DVD-RDL、DVD-RW、DVD-RAMが必要です。
*2 TSE3.6Mbps時(音声1ストリーム)。

3.高画質・高音質回路を多数搭載しDVD映像を高画質に再現(「RD−X7」のみ)
 Xシリーズならではの高画質・高音質を実現するために、さまざまな高品質の部品を搭載し、DVDソフトやハードディスクに記録したハイビジョン映像、録画したDVDの映像などを高画質・高音質で楽しめます。エクステリアには、従来のXシリーズに採用してきた非磁性ステンレスヘアライン仕上げリアパネルと、AV端子固定用に非磁性ステンレスビスを採用しています。

(1)DVDやハイビジョン放送の1080p/24F出力に対応
 DVDの映像を従来の1080p/60Fに加え、1080p/24F*1でも出力できます。24フレーム収録された映画DVDの映像をそのまま出力することが可能なので、余計な変換を挟まず、より高画質で楽しむことができます。さらに、録画したハイビジョン番組も1080p/24F出力が可能です。映画などのフィルムソースの番組は、オリジナルの24フレームに戻して再生ができるので、劇場で映画を鑑賞するような雰囲気でコンテンツを楽しめます。

*1 1080p/24F入力に対応したHDMI端子搭載のテレビやプロジェクターが必要です。

(2)高画質1080p出力を実現する高性能スケーラー「HQV™*1 Reon VX」を搭載
 米シリコンオプティクス社の高性能I/Pコンバーター&スケーラー「HQV™ ReonVX」を搭載しました。10ビット演算での処理によって極めて精度の高いI/P変換やノイズリダクションなどの処理を高精度で行い、DVDをより高画質で楽しめます。

*1 HQVは米シリコンオプティクス社の商標です。

(3)アナログ出力時の映像と音のクオリティも追求したDACを搭載
 アナログの映像回路にはハイビジョン4倍オーバーサンプリングが可能な、12bit/297MHzの超高速・高分解能映像DACを搭載しました。D端子接続時によるブラウン管テレビや3管式プロジェクターとの組合せでも高画質なハイビジョン映像が楽しめます。
 またアナログ音声出力についてはアナログデバイセズ社製の192kHz/24bit 最高級DAコンバーター「AD1955」を搭載しました。歪率0.0005%以下、ダイナミックレンジ=115dB以上の高性能を実現しています。

4.約5秒〜10秒で番組表を表示*1し、環境に配慮した高速起動モードを搭載
(「RD−S502/S302」)
 番組表ボタンを押すと約5秒〜10秒で番組表を素早く表示*1し、予約操作が素早くできます。また、高速起動モードを備えたレコーダーは多数ありますが、新商品では業界で最も低い*2約3.8Wという待機消費電力を実現し、省エネを実現しています。

*1 アナログ接続時とHDMI接続時で起動時間は変わります。また、番組表データ受信時など起動時間がかかる場合があります。
*2 2008年5月15日現在。当社調べ

5.コンテンツをDVD-RAM/-RWにダウンロードできる「DVDBB」対応*1
(「RD−S502/S302」)
 ブロードバンド環境に接続することで、さまざまなコンテンツがダウンロードできる「DVDBB」に業界ではじめて*2対応します。「DVDBB」では、パッケージソフトや放送の録画だけでなく、新しいコンテンツ取得の手段として、KDDI株式会社の「DVD Burning」等を利用し、インターネットを通してCPRM対応のDVD-RAM/-RWに映像をダウンロードできるようになります。ダウンロードによりパッケージ化されてないコンテンツもライブラリに加えることができます。また、ダウンロードした映像はDVD VRフォーマットとして記録されるので、対応したDVD機器での再生が可能です。

*1 現在「DVDBB」で開始予定のサービスはKDDI株式会社の「DVD Burning」です。「DVD Burning」の詳細は、ホームページ(http://www.dvd-burn.jp/)をご覧ください。
*2 2008年5月15日現在DVDレコーダーとして。「DVDBB」対応は、放送波バージョンアップでの対応です。
詳細については、ホームページ(vardia.jp)でご案内予定です。

6.そのほかの主な特長
(1)レグザリンク
 「レグザリンク」に対応した当社液晶テレビ「レグザ」と接続することで、DVDソフトの 再生や録画済み番組の再生、「レグザ」のフルHD高精細電子番組表からの録画予約などが行えます。「レグザリンク」機能により、レグザリモコン一つで本機を操作することができます。

(2)新シンプルリモコン(「RD−X7」を除く)
 おまかせプレイ、見ながら選択ボタンを新規に追加した「新シンプルリモコン」を同梱しました。より簡単に本編だけを鑑賞したり、番組が選局できます。

(3)「ダビング10」に対応*1
 従来のデジタル放送番組は、そのほとんどがコピーワンス番組(コピー不可、移動のみ1回可能)でした。今後、放送開始が予定されている「ダビング10番組」では、デジタル放送の録画タイトルの複数回ダビング(コピー9回、移動1回)ができるようになります。新商品は、この「ダビング10」に対応し、プレイリストからのコンテンツのコピーやハードディスク内でのコンテンツ移動など、多彩に使いこなすことができます。

*1

「ダビング10」については、放送開始日が正式決定され次第、放送波バージョンアップで対応する予定です。

■新商品の機種別搭載機能は下記の通りです。

 

RD−X7 RD−S502 RD−S302 RD−E302
1080p/24F
HQV™
MPEG4 AVC
HD Rec
RAMカートリッジ
高速起動
DVDBB
W録
2番組同時録画
デジ×デジ
デジ×アナ
デジ×デジ
デジ×アナ
デジ×デジ
デジ×アナ
デジ×アナ
スカパー!連動
CATV連動
i.LINK(TS)
モニター出力
レグザリンク

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度を基準として2050年度までに10倍(ファクター10)に高める目標を掲げました。効率の良いエネルギー供給機器の開発や、環境に配慮したオフィス・家電製品の製造、販売を通じて、2025年度に5,760万トンのCO削減の寄与などの地球温暖化防止をはじめとした、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。

新商品の主なハードウェア仕様

形名 RD−X7 RD−S502 RD−S302 RD−E302
HDD容量 1TB 500GB 300GB 300GB
映像DAC 12bit/297MHz 12bit/148MHz 12bit/148MHz 10bit/148MHz
音声DAC 192kHz/24bit
再生可能
メディア
・内蔵 HDD
・DVD-RAM
*RD−X7のみカートリッジタイプのDVD-RAMがそのまま使えます。
・DVD-R/-R DL
・DVD-RW
*DVD-RW Ver.1.0は使用できません。
・DVD-Video ・音楽CD ・CD-R/RW(CD-DAフォーマット)
*ディスク特性、記録状態によっては、再生できない場合があります。
記録可能
メディア
・内蔵HDD
・DVD-RAM 2X-5X-SPEED(ダビング速度:約3倍速)
*RD−X7のみカートリッジタイプのDVD-RAMがそのまま使えます。
・DVD-R for General /1X-16X-SPEED(ダビング速度:約8倍速)
・DVD-R DL for General /4X-8X-SPEED(ダビング速度:約4倍速)
・DVD-RW 1X-6X-SPEED(ダビング速度:約6倍速)
*DVD-RW Ver.1.0は使用できません。RD-X7は約4倍速。
録画方式 MPEG2、MPEG4 AVC※E302を除く。
録音方式  ドルビーデジタル、リニアPCM、AAC
受信チャンネル 地上デジタル放送(CATVパススルー対応)、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、地上アナログ放送:VHF (1〜12ch)、UHF (13〜62ch)、CATV (C13〜C63ch) 
入力端子 X7:D1映像入力1、S1映像入力3、映像入力3、アナログ2ch音声入力3
S502/S302/E302:S1映像入力1、S映像入力1、映像入力2、アナログ2ch音声入力2
出力端子 X7:D2-4映像出力1、S1映像出力1、映像出力1、アナログ2ch音声出力1、モニター出力(S1映像、映像、アナログ2ch音声)1、デジタル音声出力(光)1(同軸)1、HDMI出力1(1080p対応)
S502/S302/E302:D1-4映像出力1、S1映像出力1、映像出力1、アナログ2ch音声出力2(E302は1)、光デジタル音声出力1、HDMI出力1(1080iまで)
アンテナ端子 地上デジタル/アナログ入出力、BS・110度CSデジタル入出力
その他端子 LAN端子1、電話回線端子1
i.LINK(TS)端子1 ※E302を除く。
DV入力端子1
※E302を除く。S502、S302はi.LINK(TS)端子と共通
EXTENSION端子2 ※X7のみ。
スカパー連動端子 1 ※X7のみ
制御端子(CATV連動) 1 ※E302を除く。
本体消費電力
X7: 動作時消費電力 :72W
   (BSアンテナおよびEXTENSION端子供給時:84W)
  待機時消費電力 :4.3W(待機時省エネ設定:切)
    :2.1W(待機時省エネ設定:セーブ)
S502: 動作時消費電力 :46W(BSアンテナ供給時:51W)
  待機時消費電力 :3.7W(待機時省エネ設定:切)
    :1.4W(待機時省エネ設定:セーブ)
  高速起動待機時消費電力 :3.8W(待機時省エネ設定:切)
    :1.5W(待機時省エネ設定:セーブ)
S302: 動作時消費電力 :44W(BSアンテナ供給時:49W)
  待機時消費電力 :3.7W(待機時省エネ設定:切)
    :1.4W(待機時省エネ設定:セーブ)
  高速起動待機時消費電力 :3.8W(待機時省エネ設定:切)
    :1.5W(待機時省エネ設定:セーブ)
E302: 動作時消費電力 :39W(BSアンテナ供給時:45W)
  待機時消費電力 :3.5W(待機時省エネ設定:切)
    :1.5W(待機時省エネ設定:セーブ)
外形寸法 X7:幅430×高さ98×奥行376mm(突起部含まず)
S502/S302:幅430×高さ69×奥行374mm(突起部含まず)
E302:幅430×高さ67×奥行347mm(突起部含まず)
本体質量 X7:7.8kg、S502:5.9kg、S302:5.8kg、E302:5.6kg
付属品 ワイヤレスリモコン、シンプルリモコン(RD-X7を除く)、リモコン用電池、同軸ケーブル、映像・音声接続コード、取扱説明書、B-CASカード、モジュラー分配器(RD-S502、S302を除く)、電話機コード(RD-S502、S302を除く)、電源コード(本体直付のRD-E302は除く)

●本機のHD Recは次世代著作権保護法技術AACS (Advanced Access Content System) に対応しています。●HDMI、HDMIロゴおよびHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLC.の登録商標または商標です。 ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンス鰍フ商標です。 ●ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造されています。Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。 ●DTS および DTSロゴや記号はDTS社の登録商標または商標です。 ●i.LINKはソニー株式会社の登録商標です。 ●その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。 ●インターネットのサーバーを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。●ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。 ●本機で録画したDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。(VRフォーマット記録時はVRフォーマット、HDVRフォーマット記録時はHDVRフォーマットにそれぞれ対応している必要があります。) ●本機で作成したDVD-R/RW (Videoモード) ディスクはDVD-Video 規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。 ●録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。 ●商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。●番組表について:地上アナログ放送のアンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。 ●すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。 ●実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。 ●本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。パソコンのようにOS (基本ソフト) を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。 ●HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換 (有償) が必要となります。 ●HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。 ●HDDの容量は1GB=10億バイトで計算しています。
●地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

新商品についての
お客様からの
お問い合わせ先:
東芝DVD
インフォメーションセンター 
一般電話用フリーダイヤル
TEL 0120−96−3755
*フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。

携帯電話用ダイヤル
TEL 0570−00−3755
*携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
ソフトウェア新仕様・商品情報掲載ホームページ: vardia.jp

ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲ニュースリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright