東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界最小のワンセグ受信用ワンチップLSIの製品化について

2008年9月17日

― 最大48%の低消費電力化と受信感度向上を実現 ―

世界最小のワンセグ受信用ワンチップLSI

 当社は、携帯電話などのワンセグ対応携帯機器向けに、最大従来比48%の省電力化と妨害波が強い環境下での受信感度向上を実現する世界最小*1のワンセグ受信用LSIを開発し10月末よりサンプル出荷を開始します。

 今回開発した新製品は、地上デジタルテレビジョン放送伝送方式の規格ARIB STD-B31に準拠したワンセグ放送受信用LSIで、当社のRFCMOSプロセスを用いて、デジタル放送波を受信するRFチューナ部と周波数の利用効率を上げるOFDM*2復調訂正部の二つの回路をワンチップ化したものです。

 また、内蔵した当社独自の妨害波検出機能によりワンセグ受信の妨げとなるTV地上波などの電波を感知し、必要な周波数のみを検出することにより、受信感度向上と低消費電力化を実現しました。パッケージは、オンボード実装に有利な標準タイプと小型チューナモジュールに搭載可能な低背タイプの二種類で、携帯機器における多様な要求に応えます。

*1 2008年9月現在、当社調べ。(ワンセグ受信用ワンチップLSIとして)
*2 Orthogonal Frequency Division Multiplexing(直交周波数分割多重)。無線などで用いられるデジタル変調方式の一つ。複数の搬送波を一部重なりながらも互いに干渉することなく密に並べることができ、狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げる。

新製品の概要

品  番 サンプル価格 サンプル出荷
予定時期
量産開始
予定時期
量産予定数量
TC90541WBG 2000円 10月末 09年度上期 150万個/月
TC90541WLG 2000円 10月末 09年度上期

製品化の背景と狙い

 ワンセグ放送受信機能の標準搭載化が進んでいる携帯電話などの携帯機器市場では、部品の低消費電力化・小型化と共に、ワンセグ受信感度の向上が求められています。一般的にはダイバーシティ受信などにより受信感度は向上しますが、消費電力が大きいという課題がありました。このような背景のもと、当社では、低消費電力化と受信感度向上を実現する本製品を市場投入することで、シェア拡大を目指します。

新製品の主な特長

(1) 当社独自のRFCMOSプロセスにより、RFチューナ部とOFDM復調訂正部をワンチップ化することで、世界最小(低背タイプ:3.26mm×3.26mm×0.3mm)を実現しました。
(2) RF部のチューナ部の低雑音化により、従来ワンセグ受信用アンテナ近傍に外付けが必要であったLNA*3を不要とし、実装面積と部品点数を減らすことで、基板製作コストを削減します。
(3) 内蔵した当社独自の妨害波検出機能により、最大で従来比48%の低消費電力化と、妨害波が強い環境下での受信感度が向上します。
(4) パッケージに世界最小サイズを実現可能なWCSP*4を採用し、小型チューナモジュールに搭載可能な低背タイプ(0.3mm厚)とオンボード実装に有利な標準タイプ(0.61mm厚)の2種類を用意しました。
  *3 Low Noise Amplifier(低雑音増幅回路)。受信機初段に適用される雑音指数の小さい増幅器
  *4 Wafer-level chip size package ウエハーの状態で,再配線や保護膜,端子の形成を行い,その後個片化したパッケージを示す通称。個片化してからモールドして端子などを形成する一般的なパッケージに比べて,小型になりやすい。

主な製品仕様

型   番 TC90541WBG(標準タイプ) TC90541WLG(低背タイプ)
消費電力 60mW (typ.)(1セグメント動作時)
動作範囲温度 −30〜+90℃
XO部 36MHzクリスタル動作
電源電圧 RF/内部コア 1.2±0.1V
チューナI/O部 1.7〜3.1V
TS出力I/O部 1.7〜3.1V
パッケージ WCSP60 (0.4mmピッチ)
3.26mm × 3.26mm× 0.61mm 3.26mm × 3.26mm× 0.30mm
RF部 国内TVチャンネルUHFバンドLow IFチューナ
利得切り替え機能付きLNA内蔵
RF周波数可変バンドパスフィルタ内蔵
OFDM部 伝送モードMode2,Mode3およびガード比1/16, 1/8, 1/4に対応
変調方式QPSK(DQPSK), 16QAMおよび符号化率1/2, 2/3に対応
伝送モードとガード比のプリセットおよび自動判定可能
MPEG-2トランスポートストリーム出力
汎用入出力ポート(DAC2系統含む)
C/Nモニタ, 誤り率モニタ
ホスト制御用I2C対応

本製品についての
お問い合わせ先:
セミコンコンダクター社
システムLSI統括営業部
ワイヤレスシステムLSI営業推進第一部
03-3457-3413
ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲ニュースリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright