東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
“くっきり高精細技術”「XDETM」 搭載のハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア」の新商品発売について

2008年9月18日

〜ハイビジョン放送をフルHD解像度で世界最長*1の7倍録画*2が可能〜

ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)RD-X8」

ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)RD-S503」

 当社は、ハードディスク&DVDレコーダー「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、DVDソフトなどの映像をより高画質で再生する、“くっきり高精細技術”「XDETM」を搭載し、また、ハイビジョン放送をハイビジョン解像度で、世界最長*1の約7倍*2もの長時間、DVD*3やハードディスクに記録できる「RD-X8」「RD-S503」「RD-S303」を商品化し、11月中旬から発売します。併せて、「XDETM」搭載のDVDプレーヤーとして「SD-XDE1」を11月中旬から発売します。

 「RD-X8」「RD-S503」「RD-S303」は、輪郭情報を補正する技術やノイズを抑える技術などを最適に組み合わせることにより高精細な映像を再現する高画質化技術「XDETM」を搭載し、従来より輪郭をくっきり表現することができるようになり、DVDソフトやハイビジョンの映像などをより高画質で楽しめます。また、ハイビジョン放送の「MPEG2」方式で圧縮されている映像をよりコンパクトな「MPEG4 AVC」方式の圧縮に変換するHDトランスコーダーは、従来より高性能なものを搭載し、変換時の画質劣化を前モデルよりも軽減させています。同時に、従来以上にハードディスクへのハイビジョン解像度での長時間記録を可能にし、TSモード時(「MPEG2」方式で録画時)と比較すると最大で約7倍*2の長時間録画が可能です。「RD-X8」の1TBのハードディスクなら、最大約660時間の録画が可能です。
 また、録画やダビング時に「HD Rec」機能を使うことで、DVD-R、DVD-R DL、DVD-RAM、DVD-RW*3に、ハイビジョン解像度で記録ができます。また、新たに「スカパー!HD録画」機能を搭載し、新しい放送である「スカパー!HD」放送の番組をハイビジョン画質のままハードディスクに記録し、DVDに無劣化でダビングすることが可能です*4。そのほか、当社の液晶テレビ「レグザ」のハードディスクに録画した映像を「ヴァルディア」にダビングすることができる「レグザリンク・ダビング*5」、待機電力が業界一低い*6約3.4W(「RD-X8」については約3.7W)という省エネを実現し、約5秒〜10秒で番組表を表示*7できる「高速起動」モードなどを搭載し、使い勝手を向上させています。
 新商品は、2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS*8指令に適合しています。

*1 2008年9月18日現在。デジタルチューナー搭載ハードディスク&DVDレコーダーとして容量あたりの記録時間において。
*2 BSデジタル放送のハイビジョン映像(24Mbps)をTS記録した場合と、TSE記録(2.8Mbps、音声1ストリーム時)した場合の比較。解像度は変化しませんが、長時間録画にするほどノイズが目立つなど画質は劣化します。画質の劣化は録画する映像の種類によって異なります。
*3 CPRMに対応した3倍速以上のDVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD-RAMが必要です。HD Recで記録したディスクは対応した機器でしか再生できません。
*4 スカパー!HDチューナーは内蔵していません。また、「スカパー!HD録画」は、スカパー!HDチューナー側のバージョンアップに合わせて本機もバージョンアップで対応します。
*5 対応機種については、ホームページ(www.regza.jp)をご覧ください。
*6 2008年9月18日現在。当社調べ
*7 アナログ接続時とHDMI接続時で起動時間は変わります。また、番組表データ受信時など起動時間がかかる場合があります
*8 EU(欧州連合)25カ国で、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質群)の使用禁止を定めた環境適合性指令

新商品の概要

商品名 形名 価格 発売時期
ハードディスク&DVDレコーダー
「ヴァルディア(VARDIA)」
RD-X8 オープン 11月中旬
RD-S503 オープン
RD-S303 オープン
DVDプレーヤー SD-XDE1 オープン

商品化の背景と狙い

 デジタルハイビジョン放送の広がりとともに、ハードディスク&DVDレコーダーの普及率も高まってきました。一般家庭に普及が進むにつれ、ハードディスク上で編集してDVDにダビングして保存するような人から、ハードディスクに録って、見たら消す、DVDはレンタルDVDを借りてきて楽しむというような人にも広がってきました。このような背景のなか、DVDソフトを「XDETM」により、高精細再生を実現しました。さらに、重要視されるハードディスクへの録画は「MPEG4 AVC」を使うことで、長時間のハイビジョン記録を実現した新商品「RD-X8」「RD-S503」「RD-S303」を発売します。また「XDETM」によるDVD高画質再生を実現したDVDプレーヤーとして「SD-XDE1」を投入し、充実したラインアップでDVD市場でのさらなるシェア拡大を目指していきます。

新商品の主な特長

<ヴァルディア RD-X8、RD-S503、RD-S303の特長>
1.“くっきり高精細技術”「XDETM」を搭載し、DVD等をより高画質で再生(新機能)
 「XDETM」とは、輪郭情報を補正する「適用型エッジエンハンスメント」や、インターレースの映像を高精度にプログレッシブ化する「画素判定型三次元IP変換」、最大で1080pまで対応する「高精細アップスケーリング」、ノイズを抑える「三次元DNR」という4つの技術を搭載し、それらの技術を最適に組み合わせることにより、画質を向上させる技術です*1。映像の鮮度感を際立たせることで、DVDソフトの映像をハイビジョンに迫る高画質で再生したり、デジタルハイビジョン放送の画質を向上させることができます*2

*1 DVDソフトのタイトル、ご使用のテレビによって見え方の効果に大小があります。
*2 「XDETM」の詳細についてはホームページ(vardia.jp)をご覧ください。

2.世界最長*1約7倍のハイビジョン録画を実現(新機能)
 デジタルハイビジョン放送をTSモード時(「MPEG2」方式で圧縮時)と比較すると、約7倍*2の時間録画できるTSEモードを搭載しています。TSEモード時は、記録時に最新の圧縮効率の高い映像記録方式である「MPEG4 AVC」を使うことで、より長時間ハードディスクやDVDに録画できます。さらに、従来機種より高性能のHDトランスコーダーを使うことで、「MPEG4 AVC」記録時の画質も向上させ、録画時間も長時間化しています。このTSEモード*3時はフルハイビジョン記録(2.8〜17 Mbps)、従来画質で記録(1.0〜2.6 Mbps)とレートによって解像度を変化させることで、低レートでも見やすい画質での録画を実現しています。また、音声は最大5.1ch×2ストリームまで放送時のAACのまま保存しますので、無劣化で二カ国語放送やサラウンド放送が残せます。TSEモードを使うことで、DVD-R片面2層で最大約5時間20分、片面1層で最大約2時間48分のハイビジョン録画が可能です。

*1 2008年9月18日現在。デジタルチューナー搭載ハードディスク&DVDレコーダーとして容量あたりの記録時間において。
*2 BSデジタル放送のハイビジョン映像(24Mbps)をTS記録した場合と、TSE記録(2.8Mbps、音声1ストリーム時)した場合の比較。解像度は変化しませんが、長時間録画にするほどノイズが目立つなど画質は劣化します。画質の劣化は録画する映像の種類によって異なります。
*3 記録レートは全57段階。MN2.8〜MN17はフルHD解像度まで対応、MN1.0〜MN2.6はSD解像度です。

3.DVDにフルハイビジョン録画できる「HD Rec」搭載
 DVDディスク*1にハイビジョン映像を記録するDVDフォーラム規格の「HD Rec」を搭載していますので、DVDに手軽にハイビジョン放送の録画ができます。HD Rec記録時は、従来のVideoフォーマット、VRフォーマットとは異なるHDVRフォーマットでDVDをフォーマットします。このHDVRフォーマットのDVDには、ハイビジョン画像を「MPEG4 AVC」で変換したTSEタイトルや、ハイビジョン放送をそのまま残せるTSタイトル*2、従来同様のVRタイトルの混在記録が可能です。さらに本機では新たに「スカパー!HD録画」したタイトルのダビングにも対応しています。

*1 CPRMに対応した3倍速以上のDVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD-RAMが必要です。HD Recで記録したディスクは対応した機器でしか再生できません。
*2 無劣化(TS)記録時は、片面1層のDVD-RにBSデジタル放送で約20分、地上デジタル放送で約30分の記録が可能です。

4.「MPEG4 AVC」の「スカパー!HD録画」に対応(新機能)
 10月に放送開始する「スカパー!HD」放送の録画に対応*1します。対応したスカパー!HDチューナーと接続することで「スカパー!HD」の「MPEG4 AVC」を使った高画質ハイビジョン映像を本機のハードディスクにそのままの画質で録画することができます。「スカパー!HD」チューナー側の予約だけで簡単に予約録画*2が可能です。また、ハードディスクに録画した映像をDVD*3に無劣化で保存することができます。

*1 スカパー!HDチューナーは内蔵していません。「スカパー!HD録画」をするには、別途「スカパー!HD録画」に対応したチューナーが必要です。「スカパー!HD録画」は新機能です。従来の「スカパー!連動」とは異なります。
*2 「スカパー!HD録画」は、スカパー!チューナー側のバージョンアップに合わせて本機もバージョンアップで対応します。また、予約録画時には制限事項があります。詳細はホームページ(vardia.jp)に掲載予定です。
*3 「スカパー!HD録画」したタイトルは対応機器でしか再生できません。

5.DVDやハイビジョン放送の1080/24p出力に対応
 DVDソフトの映像を従来の1080/60pに加え、1080/24p*1でも出力できます。24フレーム収録された映画DVDソフトの映像をIP変換、3-2プルダウンなどを介さず、そのまま出力するダイレクト1080/24p出力により、高画質で楽しむことができます。さらに、録画したハイビジョン番組も1080/24pでの出力が可能です。映画などのフィルムソースの番組は、オリジナルの24フレームに再変換して再生するので、劇場で鑑賞するような雰囲気で映画を楽しめます。

*1 1080/24p入力に対応したHDMI端子搭載のテレビやプロジェクターが必要です。

6.そのほかの主な特長
(1)「レグザリンク」機能と「レグザリンク・ダビング」機能(新機能)
 「レグザリンク」機能により、レグザリモコン一つで本機を操作することができます。「レグザリンク」に対応した当社液晶テレビ「レグザ」と接続することで、DVDソフトの再生や録画済み番組の再生、「レグザ」の電子番組表からの録画予約などが行えます。また、新たに「レグザリンク・ダビング*1」機能を搭載し、対応したレグザのハードディスクに記録した番組を本機にダビングしてDVD化することができます。

*1 対応機種については、ホームページ(www.regza.jp)をご覧ください。

(2)約5秒〜10秒で番組表を表示*1する高速起動モードを搭載
 番組表ボタンを押すと約5秒〜10秒で番組表を素早く表示*1し、予約操作が素早くできます。また、高速起動モードを備えたレコーダーは多数ありますが、本機では省エネを実現するために業界で最も低い*2約3.4W(「RD-X8」については約3.7W)という待機消費電力を実現しています。

*1 アナログ接続時とHDMI接続時で起動時間は変わります。また、番組表データ受信時など起動時間がかかる場合があります。
*2 2008年9月18日現在。当社調べ

(3)コンテンツをDVDにダウンロードできる「DVDBB」に対応*1
 ブロードバンド環境に接続することで、さまざまなコンテンツをダウンロードできる「DVDBB」に対応しています。「DVDBB」を利用することで、パッケージソフトや放送の録画だけでなく、コンテンツ取得の手段として、KDDI株式会社の「DVD Burning」等を利用し、インターネットを通してCPRM対応のDVD-RAM/-RWに映像をダウンロードできます。

*1 現在「DVDBB」対応のサービスはKDDI株式会社の「DVD Burning」です。「DVD Burning」の詳細は、ホームページ(http://www.dvd-burn.jp/)をご覧ください。

(4)高画質・高音質回路を搭載しアナログ出力時も高画質(「RD-X8」のみ)
 デジタル出力だけでなく、アナログ出力にも力を入れることで、D端子接続時でも高画質を実現しています。「RD-X8」の映像回路には、ハイビジョン4倍オーバーサンプリングが可能な、12bit/297MHzの超高速・高分解能映像DACを搭載しました。ブラウン管テレビや3管式プロジェクターとの組合せでも高画質なハイビジョン映像が楽しめます。またアナログ音声出力については、アナログデバイセズ社製の192kHz/24bit 最高級DAコンバーター「AD1955」を搭載しています。エクステリアには、従来のXシリーズに採用してきた非磁性ステンレスヘアライン仕上げリアパネルと、AV端子固定用に非磁性ステンレスビスを採用しています。

7.環境への配慮
(1)化学物質管理の徹底
 新商品は「EU-RoHS指令*1」に適合しています。また、プリント基板実装工程での無鉛はんだの採用や梱包材料からのPVC(塩ビ)全廃をおこなっています。

*1 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。

(2)東芝グループ環境調和型製品
 新商品は、製品ごとに業界トップレベルをめざした「東芝グループ製品環境自主基準(ECP基準)」に適合する見込みです。
ECP基準の説明についてはURL:http://ecp.toshiba.co.jpをご覧下さい。ハードディスク&DVDレコーダの環境自主基準については、
URL:http://www3.toshiba.co.jp/HDD-DVD/kankyo/ecp.html をご覧ください。
ECO 東芝グループ環境調和型製品

<SD―XDE1の特長>
1.DVDをより高画質で再生する「XDETM」搭載
 “くっきり高精細技術”「XDETM」を搭載し、DVDソフトの映像をハイビジョンに迫る高画質で再生します。現在お持ちのDVDをより高画質*1で楽しめます。

*1 DVDソフトのタイトル、ご使用のテレビによって見え方の効果に大小があります。

2.DVDビデオソフトの1080/24p出力に対応
 DVDビデオソフトの映像を従来の1080/60pに加え、1080/24p*1でも出力できます。24フレーム収録された映画DVDソフトの映像をそのまま出力し、より高画質で楽しめます。

*1 1080/24p入力に対応したHDMI端子搭載のテレビやプロジェクターが必要です。XDE1の1080/24p出力は、VARDIAシリーズと異なりダイレクト1080/24p出力ではありません。

3.デジタル放送をVR記録したDVD-R/-RWの再生に対応
 DVD-R/-RWの再生に対応しています。市販のDVDと同じVideoフォーマット以外にVRフォーマットで記録したディスクの再生ができます。CPRMに対応していますので、デジタル放送を記録したディスクの再生も可能です*1

*1 本機は、HDVRフォーマットには対応していませんので、ヴァルディアで記録したTS、TSEタイトルの再生はできません。

4.環境への配慮 
(1)化学物質管理の徹底
 新商品は「EU-RoHS指令*1」に適合しています。また、プリント基板実装工程での無鉛はんだの採用や梱包材料からのPVC(塩ビ)全廃をおこなっています。

*1 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。

当社グループの環境ビジョンについて
  当社グループは「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度を基準として2050年度までに10倍(ファクター10)に高めることを目指すものです。効率の良いエネルギー供給機器の開発や、環境に配慮したオフィス・家電製品の 製造、販売を通じて、2025年度に1億1,770万トンのCO2削減の寄与などの地球温暖化防止をはじめとした、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

■新商品の機種別搭載機能差異は下記の通りです。

 

RD-X8 RD-S503 RD-S303
1080/24p
ディープカラー - -
スカパー!HD録画
スカパー!連動 - -
CATV連動
i.LINK(TS) -
録画用出力 - -
シンプルリモコン -
レグザリンク・ダビング

新商品の主なハードウェア仕様

形名 RD-X8 RD-S503 RD-S303
HDD容量 1TB 500GB 320GB
映像DAC 12bit/297MHz 12bit/148MHz 12bit/148MHz
音声DAC 192kHz/24bit
再生可能
メディア
・内蔵 HDD
・DVD-RAM
*カートリッジタイプのDVD-RAMは、そのまま使うことはできません。カートリッジから取り出してお使いください。
・DVD-R/-R DL
・DVD-RW
*DVD-RW Ver.1.0は使用できません。
・DVD-Video ・音楽CD ・CD-R/RW(CD-DAフォーマット)
*ディスク特性、記録状態によっては、再生できない場合があります。
記録可能
メディア
・内蔵HDD
・DVD-RAM 2X-5X-SPEED(ダビング速度:約3倍速)
*カートリッジタイプのDVD-RAMは、そのまま使うことはできません。カートリッジから取り出してお使いください。
・DVD-R for General /1X-16X-SPEED(ダビング速度:約8倍速)
・DVD-R DL for General /4X-8X-SPEED(ダビング速度:約4倍速)
・DVD-RW 1X-6X-SPEED(ダビング速度:約6倍速)
*DVD-RW Ver.1.0は使用できません。
録画方式 MPEG2、MPEG4 AVC
録音方式 ドルビーデジタル、リニアPCM、AAC
受信チャンネル 地上デジタル放送(CATVパススルー対応)、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、地上アナログ放送:VHF (1~12ch)、UHF (13~62ch)、CATV (C13〜C63ch)
入力端子 X8:D1映像入力1、S1映像入力2、映像入力2、アナログ2ch音声入力2
S503/S303:S1映像入力1、S映像入力1、映像入力2、アナログ2ch音声入力2
出力端子 X8:D1-4映像出力1、S1映像出力1、映像出力1、アナログ2ch音声出力1、録画用出力(S1映像、映像、アナログ2ch音声)1、デジタル音声出力(光)1(同軸)1、HDMI出力1(1080/24p、Deep Color対応)
S503/S303:D1-4映像出力1、S1映像出力2、映像出力2、アナログ2ch音声出力2、光デジタル音声出力1、HDMI出力1(1080/24p対応)
アンテナ端子 地上デジタル/アナログ入出力、BS・110度CSデジタル入出力
その他端子 LAN端子1、電話回線端子1
i.LINK(TS)端子1 ※S303を除く。
DV入力端子1 ※S303を除く。S503はi.LINK(TS)端子と共用。
EXTENSION端子1 ※X8のみ。
スカパー連動端子 1 ※X8のみ
制御端子(CATV連動) 1
本体消費電力 X8: 動作時消費電力:55W
(BSアンテナおよびEXTENSION端子供給時:64W)
高速起動待機時消費電力:3.7W
待機時消費電力:1.0W
S503: 動作時消費電力:48W(BSアンテナ供給時:54W)
高速起動待機時消費電力:3.4W
待機時消費電力:0.9W
S303: 動作時消費電力:44W(BSアンテナ供給時:50W)
高速起動待機時消費電力:3.4W
待機時消費電力:0.9W
外形寸法 X8:幅431×高さ72×奥行339mm(突起部含まず)
S503/S303:幅431×高さ72×奥行342mm(突起部含まず)
本体質量 X8:5.6kg、S503:5.4kg、S303:5.3kg
付属品 ワイヤレスリモコン、シンプルリモコン(RD-X8を除く)、リモコン用電池、同軸ケーブル、映像・音声接続コード、取扱説明書、B-CASカード、モジュラー分配器(RD-X8のみ)、電話機コード(RD-X8のみ)、電源コード

形名 SD-XDE1
映像DAC 14bit/54MHz
再生可能
メディア
・DVD-Video
・DVD-R(Videoフォーマット、VRフォーマット:CPRM対応)
・DVD-RW (Videoフォーマット、VRフォーマット:CPRM対応)
・音楽CD 
・CD-R(CD-DA/MP3/WMA/JPEG/DivX)
・CD-RW(CD-DA/JPEG)
・ビデオCD
*ディスク特性、記録状態によっては、再生できない場合があります。
出力端子 コンポーネント映像出力1、S映像出力1、映像出力1、アナログ2ch音声出力1、デジタル音声出力(光)1(同軸)1、HDMI出力1(1080/24p対応)
本体消費電力 動作時消費電力:12W
外形寸法 幅430×高さ50×奥行198mm(突起部含まず)
本体質量 1.5kg
付属品 ワイヤレスリモコン、リモコン用電池、HDMIケーブル、映像/音声接続コード、取扱説明書

●本機のHD Recは次世代著作権保護法技術AACS (Advanced Access ContenTSystem) に対応しています。●HDMI、HDMIロゴおよびHigHDefinition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLC.の登録商標または商標です。 ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンス鰍フ商標です。 ●ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造されています。Dolby、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。 ●DTS および DTSロゴや記号はDTS社の登録商標または商標です。 ●i.LINKはソニー株式会社の登録商標です。 ●その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。 ●インターネットのサーバーを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。●ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。 ●本機で録画したDVD-RAM、DVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。(VRフォーマット記録時はVRフォーマット、HDVRフォーマット記録時はHDVRフォーマットにそれぞれ対応している必要があります。) ●本機で作成したDVD-R/RW (Videoモード) ディスクはDVD-Video 規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。 ●録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。 ●商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。●番組表について:地上アナログ放送のアンテナからの番組情報取得は「ADAMS」の受信システムを利用しており、テレビ朝日系列の放送が受信できる必要があります。一部の地域では取得できないことがあります。また、インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。 ●すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。 ●実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。 ●本機は、複雑なソフトウェアで構成される「デジタルAV」製品です。パソコンのようにOS (基本ソフト) を介して、ハードウェアとソフトウェアが動作しています。このため電源を入れてから動作をするまでに時間がかかります。 ●HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換 (有償) が必要となります。 ●HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。 ●HDDの容量は1GB=10億バイトで計算しています。
●地上アナログ放送は2011年7月までに終了することが、国の方針として決定されています。

新商品についての
お客様からの
お問い合わせ先:
東芝DVDインフォメーションセンター
一般電話用フリーダイヤル TEL 0120-96-3755
*フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話用ダイヤル TEL 0570-00-3755
*携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
ソフトウェア新仕様・商品情報掲載ホームページ: vardia.jp
ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲ニュースリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright