東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
多値NANDを採用した業界最大級の256ギガバイトSSDの製品化について

2008年9月26日

- 小型SSD「フラッシュモジュール」も製品化、ラインアップを拡充 -

業界最大級の記憶容量256ギガバイトSDD(Solid State Drive)

 当社は、パソコン向けに、多値技術を採用した大容量NAND型フラッシュメモリ(多値NAND)を搭載した業界最大級の256ギガバイトのSSD(Solid State Drive)を製品化し、今月からサンプル出荷、今年第4四半期(10月〜12月)から量産を開始します。また、近年市場が拡大しているミニノートパソコン向けに、8ギガバイト、16ギガバイト、32ギガバイトの小型SSD「フラッシュモジュール」を製品化し、今月からサンプル出荷を行い、今年第4四半期(10月〜12月)から量産を開始します。本製品は、9月30日から幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2008に参考出展します。

 ノートパソコンには、大容量で高速データ転送が可能な軽量かつ信頼性の高いストレージデバイスが必要とされており、今回製品化した256ギガバイトの新製品では、大容量かつデータ転送速度の高速化を実現しました。高速・並列データ転送や書き込み領域の均等化など、多値技術に対応した独自開発のコントローラを搭載し、従来製品に比べてデータ転送速度を高速化(読み出し秒速最大120メガバイト、書き込み秒速最大70メガバイト)させました。パソコンとのインターフェースは、高速のシリアルATAを採用しています。

 また、需要拡大が見込まれるミニノートパソコン向けに、小型で軽量なSSDの特長を活かしたモジュールを「フラッシュモジュール」として製品化しました。8ギガバイト、16ギガバイト、32ギガバイトの3製品を新たにラインアップに加え、需要拡大が見込まれるミニノートパソコンを対象に拡販を目指します。

 当社は、小容量から大容量までSSDのラインアップを拡充し、用途に応じたインターフェースおよびパッケージを展開するとともに、更なる性能の向上を進めていくことで、今後拡大が見込まれるSSD市場を早期に喚起し、NAND型フラッシュメモリ市場の拡大を牽引していくとともに、市場におけるリーダシップを堅持していきます。

新製品の概要

256GB SSD
タイプ 品番 容量 サンプル出荷 量産時期
2.5インチ
(シリアルATA)
THNS256GE8BC 256GB 2008年9月 2008年第4四半期
(10月−12月)

フラッシュモジュール
タイプ 品番 容量 サンプル出荷 量産時期
フラッシュモジュール
(シリアルATA)
THNSA08G0P4L 8GB 2008年9月 2008年第4四半期
(10月−12月)
THNSA16G1P4L 16GB
THNSA32G1P4L 32GB


新製品の主な仕様

256GB SSD
インターフェース シリアルATA-2 (3Gbps)
電源電圧 5V
読み出し速度 最大 120メガバイト/秒(シーケンシャルモード)
書き込み速度 最大 70メガバイト/秒(シーケンシャルモード)
動作温度 0 ℃ 〜 70℃

フラッシュモジュール
インターフェース シリアルATA-2 (3Gbps)
電源電圧 5V
読み出し速度 最大80メガバイト/秒(シーケンシャルモード)
書き込み速度 最大50メガバイト/秒(シーケンシャルモード)
動作温度 0 ℃ 〜 70℃


新製品についての
お客様からの
お問合せ先:
セミコンダクター社
メモリ営業統括部 ファイルメモリ営業部
TEL 03-3457-3420

ニュースリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲ニュースリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright