Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝水電設備(杭州)有限公司 新電気工場が竣工

- 2009年度までに順次、水力発電設備の生産能力増強投資を実施 -
2008年11月13日
東芝水電設備(杭州)有限公司の写真


   

 

 

   中国において水力発電設備の製造、販売、保守サービスを行う「東芝水電設備(杭州)有限公司」(以下、「東芝水電」という)は、中国をはじめとするアジア地域での水力発電需要の拡大に対応するため、2009年度までに総額約1.7億元(約25億円)の生産能力増強の投資を行います。この増強投資の一部として、本日、発電機のコイルや鉄心などの電気部分を製造する電気工場の増設部分の竣工式を行いました。竣工後の新電気工場の面積は、約9,000平方メートルになります。

 

   東芝水電は、浙江省にある工場敷地内で鋳造、溶接製缶、機械加工・組立、電気工場を運営しており、水車及び水車発電機などの水力発電機器を製造しています。2005年1月に設立して以来、中国国内向けに水車及び水車発電機を合わせて80台以上を納入するなど、当社の強みである高い設計製造技術や品質管理システムを導入し、信頼性の高い機器を提供することにより、事業を拡大してきました。

 

   東芝水電が計画する2009年度までの設備投資では、電気工場のほかに、機械加工・組立工場についても拡張工事を行う計画で、全面工事完了後には、2007年度に比べ生産高を2倍以上の規模になる予定です。また、当社は既に電力・社会システム技術開発センターで水車模型試験設備を活用していますが、東芝水電は同設備を中国国内の外資系企業として初めて注1導入する予定です。これにより、中国市場に適合した機器の製造が可能となります。

 

  当社は、今後も、最新技術をベースとした製品開発の支援などを通して東芝水電との連携を強化し、中国などのアジア市場での水力発電設備事業の拡大を進めるとともに、安定的な電力供給に貢献していきます。

 

拡張の背景と狙い

 水力発電は、世界で最も多く利用されている再生可能エネルギーです。当社は、エネルギーのベストミックスや安定した発電コスト等の観点から、水力発電設備事業を原子力発電、地熱を含む火力発電事業と共に重要な事業として位置づけています。また、中国の水力発電所の新規建設市場は世界市場の約5割注2を占める世界最大市場です。急速な経済発展を背景にした電力需要の増大や環境に配慮した再生可能エネルギーへのニーズが高まっていることから、中国での水力発電設備容量は2020年までに300ギガワットと、2007年の2倍の規模となると見込まれています注3。このような中、当社は、世界最大市場での事業の拡大を図るとともに、今後の市場拡大が見込まれるインドや東南アジア市場向けの輸出も視野に入れ、コスト競争力のある製造拠点として東芝水電の活用を図り、さらなる水力事業の拡大を目指しています。

 

注1 2008年11月13日現在

注2 当社調べ

注3 社団法人海外電力調査会による

 

新電気工場の概要

   1.建物構造: 鉄筋2階建

 2.建家面積: 約9,000平方メートル(拡張前:約3,500平方メートル)

 3.生産品目: 水力発電機内部の電機製品(発電機コイル、鉄心、磁極)

 

東芝水電設備(杭州)有限公司の概要

 1.設  立 :2005年1月

 2.資 本 金 :28億円 

 3.出資比率  :東芝 80%(内 東芝(中国)有限公司 10%)

                        中国水利水電建設集団公司 20%

  4.所 在 地 :中国浙江省桐廬県富春江鎮

  5.代 表 者 :董事長 兼 総経理  猪俣 範一

                         (前 東芝 火力・水力事業部 水力プラント技術部長)

  6.従業員数  :約1,000名(08年10月末現在)

  7.事業内容  :水力発電設備の製造、販売、サービス

  8.敷地面積 :約180,000平方メートル

  9.総建家面積:約66,000平方メートル(全面拡張後:約75,700平方メートル)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。