Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

新型二次電池「SCiB™」が
慶應義塾大学等の電動フルフラットバス開発プロジェクトに採用

2009年08月07日

 当社は、新型二次電池「SCiB™」(以下、SCiB)を、慶応義塾大学等が参画する「電動フルフラットバスの地域先導的普及モデル策定とシステム化の実証研究」向けに納入し、同研究に協力していきます。

 当社が開発したSCiBは、熱的安全性の高い新負極材や高引火点の電解液の採用等により、高い安全性を備え、大電流充電(50A)が可能なため、わずか5分間で容量の90%以上の急速充電を実現しています注1。さらに、6000回以上の充放電が可能で、電池交換時に発生する廃棄物の削減を通して、環境負荷の低減にも寄与できます。このような点が評価され、今回のプロジェクトに採用されることになりました。

 当社は、今回の実績を生かし今後も国内外で積極的に受注活動を展開し、事業拡大を目指していきます。

注1
5分間で90%以上という充電性能は、SCiB TBPシリーズモジュールによるものです。実際の充電時間および充電容量については、SCiBが搭載される機器の仕様により異なります。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。