Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

新型二次電池「SCiB」の第二量産拠点設立について

新潟県柏崎市に新工場建設を決定
2009年10月28日

 当社は、新型二次電池「SCiB」の将来の需要拡大を見据え、本格的な生産に向けた第二量産拠点として、新潟県柏崎市の柏崎フロンティアパーク内に新工場を建設することを決定しました。

 今後、リチウムイオン電池市場は一層の伸長が予想されており、2015年度にはグローバル市場全体で約2兆円規模に拡大すると見込んでいます注1。そのような中で、当社は、電動車両向けを中心にSCiBの受注増大が見込まれることから、第二量産拠点の設立を決定しました。

 新潟県柏崎市は、経済産業省が推進する「EV・pHVタウン」注2に選定されるなど、低炭素社会実現・関連産業の創出を目指して電気自動車の普及にかかわる取り組みを展開しています。さらに、県や市の助成制度など総合的な観点から、柏崎市を工場建設地として選定しました。

 新工場の敷地面積は約3万3000mで、電動車両用途などに向けたSCiBセル・モジュールの生産を計画しています。工場建設と製造設備に係わる投資額は約250億円で、2010年4月に着工、同年10月の竣工を予定しております。生産開始当初の能力は月産50万セルで、車載用途向けの市場が本格化する2011年度に、生産能力を順次拡大していくとともに、製品コストの低減にも取り組んでいきます。

 当社は、SCiB事業を成長性の高い新規事業と位置づけており、長野県佐久市に量産拠点を設け、産業用途向けSCiBの生産を行っています。今回、新工場を建設することにより、電動車両用途向け、さらに将来的にはスマートグリッドなどで利用される電力貯蔵向けなど新たな市場における需要急増にタイムリーに対応できる体制を整え、2015年度で売上高2000億円を目指します。

注1
当社試算
注2
経済産業省が進める、EV(電気自動車)やpHV(プラグインハイブリッド自動車)の本格普及に向けた実証実験のためのモデル事業。

新工場の概要

工場の名称 :柏崎工場
所在地 :新潟県柏崎市内(柏崎フロンティアパーク)
敷地面積 :約33,000m
着工 :2010年4月(予定)
竣工 :2010年10月(予定)
生産開始 :2011年春(予定)

工場外観イメージ

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。