Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

さまざまなシーンで利用できるエリア限定ワンセグ放送システムを開発

小型でシンプルな機器構成で、リアルタイムの映像配信に対応
2009年11月02日

 当社は、特定のエリアに限定したワンセグ放送を実現するシステムを開発しました。本システムは、コンサート会場や競技場など、比較的広い場所で利用できる「小電力タイプ」無線機による配信と、無線局免許を必要とせず、店舗等で1m以内のエリアをカバーする「微弱出力タイプ」無線機による配信の両方式に対応しており、場所、利用形態に応じた配信が可能です。また、一台の送出設備に複数の機能を搭載するオールインワン設計により、小型かつシンプルなシステムを実現しつつ、リアルタイムな映像配信にも対応しています。

 当社は、今回の開発完了を機に、通信事業者や放送事業者などより、多くのパートナーと本システムの実証試験を本格的に進め、システムの精度を高めていきます。
  今後、「小電力タイプ」の商用サービス環境が整い次第、防災情報配信などの官公庁向けのサービスやデジタルサイネージ分野、駅や競技場などの特定施設内のサービス分野を中心に事業を展開していく予定です。

 エリア限定ワンセグとは、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」の技術を用い、特定エリアに限定した独自の映像やデータを配信するサービスです。6,000万台を超える出荷台数注1の携帯端末向けに、地域密着型のサービス提供や、デジタルサイネージ分野、防災情報配信システムとしての活用まで、さまざまな利用モデルが考えられています。
 現在、「小電力タイプ」については利用モデルの動作検証などを目的に実験サービス注2が行われています。一方、「微弱出力タイプ」については商用サービスが各地で検討されています。

 当社はこうした動きに対応すべく、これまで培ってきた放送技術とネットワーク技術を応用し、エリアワンセグ配信システムを開発しました。今回開発したエリアワンセグ配信システムはコンテンツ配信装置と送信機で構成しています。コンテンツ配信装置は小型化を実現し、ノートPCに内蔵できます。また、エンコーダやデータ放送多重機能などを一台のコンテンツ配信装置に搭載することでシンプルなシステム構成を実現しつつ、リアルタイムでの映像配信にも対応しています。さらに、カメラ・編集機等との組合せにより、独自コンテンツの配信が可能です。

 なお、当システムは、11月5日・6日に東京・港区のホテルパシフィック東京で開催する「東芝ソリューションフェア2009」において展示を行う予定です。

注1 社団法人・電子情報技術産業協会(JEITA)調べ(2009年9月)
注2 現在、実験の実施に際しては、実験免許の取得が必要です。

エリア限定ワンセグ放送システムの詳細についてはホームページ(http://www3.toshiba.co.jp/snis/hoso/areaoneseg/index.htm)をご覧下さい。

システムのイメージ図

エリア限定ワンセグ放送システムのイメージ画像

本システムの特長

(1)ライブ(リアルタイム)配信、蓄積コンテンツ配信に対応可能

(2)「小電力タイプ」と「微弱出力タイプ」に対応

(3)コンテンツ配信装置~送信機の接続はIPマルチキャスト通信に対応し送信機の設置自由度を向上

(4)コンテンツ配信時、エラー耐性の確保と暗号化によるセキュリティを確保

(5)エンコーダ機能、データ放送多重配信機能をオールインワンでコンパクトな配信装置にて実現

(6)配信装置ラインナップとして複数コンテンツのIP配信が可能なタイプから可搬型タイプまで幅広く対応

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。