Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

リアルディー社と家庭用映像機器向けの3D技術で協業

2010年01月07日

 当社は、RealD(以下、リアルディー社(本社、米ビバリーヒルズ))と、当社のテレビにリアルディー社の3D技術を導入することについて合意しました。当社は、リアルディー社の立体映像フォーマットに対応し、フルHDパネルに3Dコンテンツを表示する液晶テレビ“レグザ(REGZA)”の開発を進めていきます。また、両社は当社の3Dディスプレーに対応したシャッター式3Dメガネの技術でも協業を進めます。

 当社デジタルメディアネットワーク社カンパニー社長の大角正明は、「東芝は今年、フルHDパネルのレグザに3D技術の導入を計画しています。これに先駆けて、3D技術を強力にリードするリアルディー社との協業を始められることについては大変喜ばしく思います。テレビに代表される家庭用映像機器は3D技術の普及に向けて加速していますが、東芝は、今回の協業により、この分野での最先端に立つだろうことを確信しています。」とコメントしています。

 また、リアルディー社のマイケルV.ルイス会長兼CEOは、「ホーム・エンターテイメントは3D技術によって新たな局面に向かおうとしています。今後、我々は、東芝と協業することによって、これからのレグザユーザーに比類なき3D体験をもたらすであろうことを非常に楽しみにしています。リアルディー社の3D技術は映画産業に革命をもたらしました。そして今、リアルディー3Dフォーマットは、既存のHDインフラ上で、各ご家庭に向けて映画劇場と同様に上質なエンターテイメント体験を確実にお届けします。」とコメントしています。

 リアルディー社フォーマットは、フルHDの3Dコンテンツを3D対応のパネル(液晶、プラズマ、DLPテレビ)に伝送する際に、左右両眼の3D画像をわずか一本のチャネル帯域で多重伝送する、サイド・バイ・サイド方式の独自3Dフォーマットです。また、リアルディー社フォーマットは、高品位3D向けの既存HDインフラに互換性を持つ独自のフィルターとその他の技術により、ケーブル、衛星、パッケージメディア、インターネットなどを経由した伝送を可能にしています。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。