Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

コロンビアの水力発電所向け大容量発電機を受注

2010年02月19日

 本日、東芝インターナショナル米国社(本社:米国・テキサス州ヒューストン、代表者:秋葉 慎一郎)は、三井物産プラントシステム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:奥野 淳)とともに、コロンビア共和国 イサヘン電力株式会社(ISAGEN S.A. E.S.P)と、同国サンタンデール州 ソガモソ水力発電所 新規建設工事向けに32.4万キロワット大容量発電機3台(合計97.2万キロワット)を納入する契約を締結しました。

 今回の受注は、当社の高い技術力や機器信頼性に加え、コロンビア国内における計35台の納入実績が高く評価されたものです。今後、当社グループは、2011年度下期までに発電機を製造、納入する計画で、同水力発電所は2013年末の商業運転開始を目指しています。

 豊富な水資源に恵まれたコロンビアでは、現在、全発電設備容量 約13.4ギガワットのうち、約67%の約9ギガワットを水力発電注1が占めています。また、近年の経済発展を背景に、今後10年間で約300万キロワット相当の発電設備の新増設が計画されており、そのうち約8割に相当する240万キロワットが水力発電所の新増設注1による見込みです。当社は、今年1月に新たに設立した東芝インターナショナル米国社コロンビア支店を活用し、本大容量発電機の納入を着実に実施するとともに、今後の更なる受注拡大を目指します。

 水力発電は、世界で最も多く利用されている再生可能エネルギーです。当社は、エネルギーのベストミックスや安定した発電コスト等の観点から、水力発電設備事業を原子力発電、地熱を含む火力発電事業と共に重要な事業として位置づけ、国内市場に加え、北米、中南米、インド、東南アジア等の市場で受注活動を強化しています。

注1 当社調べ

受注概要

1.発電所名: ソガモソ(Sogamoso)水力発電所
2.発注者: コロンビア共和国 イサヘン電力株式会社(ISAGEN S.A. E.S.P)
3.所在地: コロンビア共和国 サンタンデール州
4.納入設備: 32.4万キロワット大容量発電機 3台
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。