Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ウラン製品取扱に関する合弁会社の設立について

-原子力フロントエンド事業サプライチェーン体制を強化-
2010年03月24日

  当社は、ウェスチングハウス社グループとウラン製品取扱に関する合弁会社を英国に設立し、4月1日から事業を開始します。

  新会社の名称は、「Advance Uranium Asset Management Ltd.」(以下、A-UAM社)で、当社が60%、ウェスチングハウス社グループが40%を出資します。A-UAM社では、原子力フロントエンド事業の一環である燃料成型加工前のウラン製品の販売、リース、輸送、備蓄およびウラン転換・濃縮役務の仲介業務を行います。

  現在、世界各国における電力需要の増大に伴い、安定した電力供給と地球温暖化防止の観点から、COを排出しない原子力発電プラントの有効活用や新規建設が進められており、それに伴い新興国を中心に確実なウラン燃料の供給体制が求められています。
  当社は、原子力フロントエンド事業の体制整備に向けてカザフスタンのハラサン鉱山プロジェクトやカナダのウラニウム・ワン社のウラン権益を保有しています。今般、当社のウラン権益事業とウェスチングハウス社グループのウラン製品取扱事業を一体化させた新会社を設立することにより、当社グループの原子力フロントエンド事業のサプライチェーン体制を総合的に強化し、国内外の顧客へウラン製品を提供していきます。

  今後、当社グループは、原子力事業における建設・燃料・サービスの一貫体制の構築に向けた取り組みを着実に進めていきます。

新会社の概要

1.社名: Advance Uranium Asset Management Ltd.
2.資本金: 300万ポンド(約4.2億円)
3.出資比率: 東芝 60% ウェスチングハウス社グループ 40%
4.所在地: 英国ランカシャー州プレストン
5.代表者: マイク・スミス
6.従業員数: 約30名
7.事業内容: ウラン製品の販売、リース、備蓄、輸送、関連役務仲介取引等
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。