Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

大型から小型まで全モデルでLEDバックライト採用の
「LEDレグザ」シリーズの発売について

2010年04月14日
液晶テレビ「レグザ」ラインアップの写真
液晶テレビ「レグザ 55Z1」の写真



  当社は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」として、55V型から19V型までの全モデルにLEDバックライトと新開発の高画質映像処理システムを搭載した「LEDレグザ」を商品化し、「Z1」、「RE1」、「HE1」の3シリーズ26モデルを5月上旬から順次発売します。新商品は全シリーズ外付けハードディスク録画対応注1で、「HE1」では500GB注2ハードディスクを内蔵しています。

 「LEDレグザ」は、新開発の高画質映像処理システム「次世代レグザエンジン」とLEDパネルの相乗効果による高画質化と使いやすい録画機能を追求したモデルで、スリムミニマルデザイン注3により洗練された上質感も実現しています。高画質化では、精細感のある緻密な映像を復元する超解像技術採用の「レゾリューションプラス4」を搭載しており、「CELLレグザ」で採用した自己合同性超解像処理により、画像の復元精度を向上させています。
 さらに、「Z1」と「RE1」の37V型以上の大型モデルでは、クリアパネルの採用により本来の映像に忠実な精細感のある描写を実現するとともに、「次世代レグザエンジン」が、エリアごとの明るさを検出しLEDバックライトのピーク輝度補正や消灯などの制御を行うことで、映像の明暗差が際立つ映像表現を可能にしました。

 「次世代レグザエンジン」は高画質処理に加え、外付けハードディスクへの録画機能やネットワーク機能の制御も行なっており、全シリーズでUSBハードディスクの最大4台同時接続やブロードバンドサービスに対応しています。さらに、「Z1」では3つの地上デジタルチューナーを搭載し、「地デジ見ながらW録」機能により、地上デジタルの番組を自由に切り替えて視聴しながら、同時に2つの番組をUSBハードディスクへ録画することができます。「HE1」では500GBのハードディスクを内蔵しており、手軽にハイビジョン録画・再生を楽しむこともできます。

 また、「LEDレグザ」に対応したシアターラック「RLS-250」、「RLS-450」を7月下旬から発売します。高画質な「LEDレグザ」もさらに高音質で楽しむことができます。

 当社は今回、LEDバックライトを採用したモデルを拡充することで、薄型化を核としたデザインの訴求とさらなる低消費電力化を図り環境対応を強化します。今後も、「LEDレグザ」シリーズを主軸に高画質機能と録画機能を訴求した多彩なモデルをラインアップに加えることで、さらなるシェア向上を目指します。

注1
「Z1」はUSBハードディスクとLANハードディスクに、「HE1」「RE1」はUSBハードディスクに対応。対応機器についてはホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/)をご覧ください。
注2
1GB=10億バイトで算出。
注3
薄型化を基本に、装飾的な要素を最小限に絞ったシンプルなデザインで、当社独自のデザインコンセプト。

新商品の概要 

商品名

シリーズ

形名

画面
サイズ

録画対応

価格

発売日

地上・BS・110度CS

デジタルハイビジョン

液晶テレビ

「LEDレグザ」

Z1

55Z1

55V型

USB/LAN

ハード

ディスク

オープン価格

6月下旬

47Z1

47V型

6月下旬

42Z1

42V型

6月上旬

37Z1

37V型

6月上旬

RE1

55RE1

55V型

USB
ハード
ディスク

7月上旬

47RE1

47V型

6月下旬

42RE1

42V型

5月上旬

37RE1

37V型

5月中旬

32RE1(K) (W)

32V型

8月上旬

26RE1(K) (W)

26V型

6月上旬

22RE1(K) (W) (R)

22V型

6月上旬

19RE1(K) (W) (R)

19V型

6月上旬

HE1

26HE1(K) (W)

26V型

内蔵/ USB

ハード

ディスク

7月上旬

22HE1(K) (W) (R)

22V型

7月上旬

19HE1(K) (W) (R)

19V型

7月上旬

商品名

形名

推奨テレビサイズ

価格

発売日

「レグザシアターラック」

RLS-250

47V/46V/42V/40V/37V型

オープン

価格

7月下旬

RLS-450

55V/52V/47V/46V型

7月下旬

商品化の背景と狙い 

 エコポイント制度や2011年7月に予定されている地上アナログ放送停波により、デジタルテレビの需要はますます高まっており、その中でも高画質や省エネ、薄型化を実現するデジタルテレビが注目を集めています。また、当社の調査ではテレビを選択する際に重視するポイントは画質と録画機能との結果も出ています。このような中、当社は新商品の全モデルLEDバックライト採用で省電力化を実現するとともに、当社が長年培ってきた半導体技術を活かした新エンジンとの相乗効果による高画質化を実現し、録画機能やネットワーク機能もさらに進化させた「LEDレグザ」をラインアップに加えることで、より多くのニーズに応え、シェア拡大を図ります。

新商品の主な特長 

1.高画質化技術

 「LEDレグザ」は、全モデルにLEDバックライトと「次世代レグザエンジン」を採用し、これら2つの相乗効果により新世代の高画質を実現しました。

(1)LEDバックライト(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 バックライトに白色LEDを採用することで、200万対1のダイナミックコントラスト注4を実現し、輝く白色と引き締まった黒色を再現しています。

注4
画面を正面から見た場合の、全白信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最小輝度の比。
(2)LEDバックライトの実力を最大限に引き出す新エンジン (「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 LEDバックライトの実力を最大限に引き出し、階調・質感・色彩表現に富んだ高速映像処理を行う「次世代レグザエンジン」を搭載しました。高画質化信号処理と超解像処理をワンチップ化し、高画質処理速度が約2倍注5となり、16ビット精度高画質化処理を実現することで、階調性と質感表現がアップしました。さらに、きめ細かな色再現を可能にする三次元カラーマネージメント機能を搭載しました。また、「Z1」と「RE1」の37V型以上の大型モデルは、エリアごとの明るさを検出し、LEDバックライトのピーク輝度補正や消灯などの制御を行うLEDバックライトコントロールシステムで、明暗差が際立つ映像表現を実現しました。さらに「Z1」は、コアチップを2基搭載した「次世代レグザエンジンDUO」によりMPEG圧縮フレームごとのデコード情報を分析し、圧縮ノイズ量を32段階で予測して最適な超解像処理を行うことで、高精度に元映像の美しさを再現します。

注5
「Z9000」との比較。
(3)超解像技術採用「レゾリューションプラス4」(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 映像の中のテクスチャー部を緻密な映像に復元する従来注6の再構成型超解像処理に加え、「CELLレグザ」で採用した自己合同性超解像処理を搭載しました。自己合同性による超解像処理により、映像の中の一部分と近似したパターンを、同じ映像の中の周辺部分から検出、抽出して重ね合わせることで、画像の復元精度を向上させ、精細感のある映像を再現しています。さらに、アニメーション番組を検出して、輪郭部のノイズを低減する処理にも対応しており、滑らかな映像を実現しています。

注6
「ZX9000」シリーズなどに搭載。
(4)「クリアLEDパネル」(「Z1」、「RE1」の55V型~37V型)

 LEDバックライトと表面クリア仕上げを組み合わせた新パネル「クリアLEDパネル」を採用しました。LEDバックライトがコントラストの高いくっきりとした映像を再現し、透明で磨き上げたようなクリアパネルが、本来の映像に忠実な精細感のある描写を実現しています。

2.多彩な録画・再生機能

 「LEDレグザ」は、全シリーズで外付けハードディスク録画に対応しています。さらに、録画番組のチャプター編集・再生や音楽再生などの再生機能も充実しました。

(1)  最大4台同時接続可能で長時間録画に対応したUSBハードディスク録画(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 市販のUSBハードディスクを使って、手軽にハイビジョン録画ができます。また、市販のUSBハブを使うことで、同時に最大4台までのUSBハードディスクを接続でき、録画容量を手軽に増やすこともできます注7。それぞれのハードディスクを区別して管理ができるため、番組のジャンル毎に録画するハードディスクを選んだり、家族それぞれが専用のハードディスクに録画するなど、ユーザーの好みに応じた使い分けをすることができます。

注7
2テラバイト(TB)のUSBハードディスクを同時に4台接続した場合、地上デジタル放送のハイビジョン番組を約852時間録画することができます。
(2) 進化した録画・再生機能                  

 新商品には、さらに便利な録画・再生機能を搭載しています。

・「マジックチャプター」機能(「Z1」) 

 ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア」で培ったチャプター機能を「LEDレグザ」にも搭載しました。録画タイトルの本編やCMなどを検出し、自動でチャプター分割するので、見たいシーンを簡単に選んで視聴できます。

・「レグザ番組表・ファイン2」録画予約(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 ジャンルごとの色分け、より多くの番組説明が表示できる4時間番組表示や録画予約番組を示す赤いバー表示の追加などでより使いやすくなった「レグザ番組表・ファイン2」から番組チェックや録画予約がより簡単にできます。

「レグザ番組表・ファイン2」6時間表示例
「レグザ番組表・ファイン2」6時間表示例の画面
・「おまかせプレイ」機能(「Z1」)

 録画した番組の本編だけを再生する「おまかせプレイ」機能を搭載しています。録画リスト画面から簡単に選択することができます。

・チャプター編集機能(「Z1」)

 ユーザーが録画番組の任意の場所にチャプターを打つことができ、見たい場面の頭出しが簡単にできます。

・AVCHD形式ハイビジョン映像の再生機能(「Z1」)

 デジタルビデオカメラで撮影したAVCHD形式のハイビジョン映像をSDメモリカードなどから再生できます。

(3)地デジ見ながらW録(「Z1」)

 地上デジタルチューナーを3つ搭載し、番組を自由に視聴しながら、同時に2番組をUSBハードディスクに録画できる「地デジ見ながらW録」を搭載しました。見たい番組が3つ重なっても、2番組を録画することですべての番組を楽しむことができます。

(4)内蔵ハードディスク録画 (「HE1」)

 500GBのハードディスクを内蔵しており、地上デジタル放送のハイビジョン番組を約50時間注8録画することができます。

注8
内蔵ハードディスクの容量の一部をシステム管理領域として使用しています。録画時間は、「今すぐニュース」で地上デジタル放送の60分番組をTSモードのHDレートで登録しているときの最大録画可能時間です。

3.ゲームを楽しめる各種機能を搭載

(1)「ゲームダイレクト2」機能(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 全画面表示と超解像技術による高画質化処理を実現しながらも、外部入力信号の映像処理による信号遅延時間注9は約19msec(1080pの場合)と短いため、操作タイミングが重要なアクションゲームなどを高画質かつ快適に楽しむことが可能です。

注9
液晶パネルによる遅延は除く。
(2)豊富なゲームモードの画面サイズ(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 最新のゲーム機器からポータブルゲーム機器までさまざまな映像フォーマットに対応して適切な画面サイズをユーザーが自由に選べるように、4種類注10の画面モードを採用しています。ゲーム機器に応じたスケーリングを行うことで画面いっぱいにゲームを楽しむことができます。

注10
「ゲームフル」「ゲームノーマル」「ポータブルズーム」「Dot by Dot」の4種類。さらに、「Z1」は「レトロゲームファイン」にも対応し、5種類。

4.ネットワーク機能を充実

(1)Windows®7対応(「Z1」)

 Windows®7に対応しました。Windows®7搭載のPCの「リモート再生」で、PCのハードディスク内の映像や音楽を「レグザ」で楽しむことができます。

(2)DLNA(DMP) 対応(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 LAN回線経由でDLNA(DMS)機器で録画、受信したコンテンツを視聴できます。「レグザ」で録画した番組を「レグザリンク・ダビング」機能により、ハイビジョンレコーダー「ヴァルディア」やDTCP-IP対応サーバーへダビングすることも可能です。

(3)HDMI(v.1.4、ARC(オーディオリターンチャンネル)対応)搭載(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 HDMIのARC機能を使うことで、今まで光デジタル端子への接続が必要だったオーディオ機器への接続がHDMIケーブル1本で可能になります。また、HDMI接続時、接続機器が再生しているコンテンツを自動検出し、それぞれに最適な画質で映し出します。

(4)ブロードバンドサービス対応(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 ハイビジョン映画をオンデマンドで楽しむことができる「アクトビラ ビデオ・フル」注11、Yahoo! JAPANオフィシャルチャンネルの動画も楽しめる「テレビ版Yahoo! JAPAN」注12に対応しています。さらに、「Z1」は光ブロードバンドを通じて多チャンネル放送やビデオ・オンデマンドのハイビジョン作品などが楽しめる「ひかりTV」注13にも対応しています。

注11
「アクトビラ」に関する詳しい情報はアクトビラのホームページ(http://actvila.jp)をご覧ください。
注12
 「テレビ版Yahoo! JAPAN」に関する詳しい情報はヤフー株式会社報道発表資料(http://pr.yahoo.co.jp/release/2009/0406a.html)をご覧ください。
注13
「ひかりTV」に関する詳しい情報は、ひかりTVオフィシャルホームページ(http://www.hikaritv.net/)をご覧ください。

 5.最適な音場をつくりだすサウンド機能を搭載

(1)独立マルチアンプ駆動ウーファー/ツィーター(「55/47Z1」)

 「CELLレグザ」と同様にウーファー(低音域用スピーカー)とソフトドームツィーター(高音域用スピーカー)を備え、それぞれ独立させたマルチアンプシステムで駆動しています。さらに、スタジオモニターにも使われる「リンクウィッツ・ライリー型」フィルターを適用することで、低音と高音の干渉を抑え、クリアなサウンドで臨場感を高めます。

(2)音響パワーイコライジング(「Z1」)

 原音をより忠実に再生するために、スピーカーから放たれる音響パワーを測定演算し、周波数特性をフラットに補正する音響パワーイコライザー「CONEQ」注14を採用しています。自然な音場と明瞭度の高い音質を再現します。

音響パワー周波数特性イメージ (「42Z1」での測定)
音響パワー周波数特性イメージの図
注14
CONEQは、Real Sound Lab, SIA の商標です。

6.快適な操作性

(1)高速起動(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 スタンバイ状態からリモコンで起動する場合の起動時間が「RE1/HE1」の場合、従来機種注15の約4.6秒から約3.9秒に短縮しました。

注15
「R9000/H9000」との比較。
(2)「レグザ番組表・ファイン2」高速起動(「Z1」、「RE1」、「HE1」)

 番組表の起動時間を高速化しました。「RE1/HE1」の場合、従来機種注16の約2.8秒から約1.8秒に短縮しました。

注16
「R9000/H9000」との比較。

7.環境への配慮

(1)LEDバックライトの採用

 全モデルに省電力で環境にやさしいLEDバックライトを採用しています。「55Z1」に採用したLEDパネルでは従来注17に比べ消費電力約35%減の省電力化を実現しています。

注17
「55Z9000」に搭載のパネルとの比較。
(2)地球温暖化の防止

 以下の機能の搭載などさまざまな省エネ対応設計を行っています。

・「おまかせドンピシャ高画質」機能

 画面を常に最適な明るさにすることにより、余分な電力を抑えます。

・消費電力低減設定

 画面の明るさを抑制し消費電力を低減します。

 ・無操作電源オフ機能

 無操作状態が約3時間続くと、待機状態にします。

・無信号電源オフ機能

 外部入力選択時に無信号が約15分間続くと、待機状態にします。

(3)資源の有効利用  

 テレビ本体への自己循環の再生プラスティックやポリ乳酸系の植物性由来樹脂の使用、材料のリサイクルを容易にするため25g以上のプラスティックに材料表示を行うなど、リサイクル対応設計を行っています。なお、ポリ乳酸系の植物性由来樹脂はとうもろこし100%を原料として製造されているため、石油資源の使用量の節約とCO2排出削減にも貢献しています。

(4)化学物質管理の徹底

 新商品では「EU-RoHS指令注18」、「J-Moss注19」に適合しています。

(5)東芝グループ環境調和型製品

 新商品では、製品ごとに業界トップレベルをめざした東芝グループ「製品別環境自主基準(ECP基準)」に適合しています。ECP基準の説明についてはURL:http://ecp.toshiba.co.jp をご覧ください。テレビの環境自主基準については 

URL:http://www.toshiba.co.jp/regza/support/eco/ecp.htmlをご覧ください。

東芝グループ環境調和型製品のロゴマーク
当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは「地球内企業」としてより良い地球環境の実現のため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度を基準として2050年度までに10倍(ファクター10)に高めることを目指すものです。効率良いエネルギー供給機器の開発や、環境に配慮したオフィス・家電製品の製造、販売を通じて、2025年度に1億1,770万トンのCO2削減の寄与などの地球温暖化防止をはじめとした、資源有効活用、化学物質管理を通した地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

注18
RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substancesプルサンプル
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
注19
J-Moss:電機電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格(JIS C 0950)の略称です。

<「レグザシアターラック」の主な特長>

1.総合出力250Wの3.1ch本格オーディオシステム

 総合出力250W(非同時駆動)のデジタルアンプ搭載3.1chオーディオシステムを採用しました。スピーカーユニットは、8cmフルレンジ×3(L、C、R)と16cmウーファーを搭載し、「LEDレグザ」もさらに高音質で楽しむことができます。

2.高級感あふれるデザインと機能性

 「LEDレグザ」にマッチする高級感あふれる光沢仕上げのトップフォルムとメタルスキンデザインを採用しました。天面に転倒防止ネジ穴を備え、簡単にテレビ本体を固定することができます。また、キャスターを付けることで利便性を向上し、「RLS-250」では後部コーナーを斜めにカットし、設置の省スペース化も実現しました。

3.HDMI(v.1.4、ARC(オーディオリターンチャンネル)対応)搭載

 HDMI出力端子のARC機能を使うことで、「LEDレグザ」とHDMIケーブル1本で接続できます。また、HDMI入力端子を3系統搭載しているので、BD/DVDレコーダー・プレーヤーなど最大3つの機器と接続し、高音質でのサウンドをお楽しみいただけます。

4.レグザリンク対応

 レグザリモコンで、「LEDレグザ」から電源連動動作、接続機器の入力選択、音量/サウンドモードのコントロールなど、さまざまな操作が簡単にできます。また、音声をテレビのスピーカーまたはシアターラックのどちらで出力するかを選択することもできます。

別売オプション機器 

商品名

形名

適用機種

価格

備考

テレビ台

RL-G120S

55Z1、47Z1、42Z1、55RE1、

47RE1、42RE1

オープン

キャスター付き

RL-G80S

37Z1、37RE1、32RE1、26RE1、

26HE1、22RE1、22HE1、19RE1、

19HE1、

壁取付
金具

FPT-TA12

55Z1、55RE1

オープン

チルト

タイプ

FPT-TA11

47Z1、47RE1、42Z1、42RE1、37Z1、37RE1、32RE1、26RE1、26HE1

LCD-WP3A

22RE1、22HE1、19RE1、19HE1

固定タイプ

添付資料

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

TV&ネットワーク事業部 
TEL : 03(3457)8344
商品情報掲載ホームページ : http://www.toshiba.co.jp/regza/

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。