Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

カザフスタン国営企業とのレアメタル分野に関する合弁会社の設立について

2010年06月03日

  当社は、カザフスタン共和国の国営企業であるカザトムプロム社と、レアメタル分野に関する合弁会社を設立することで合意し、本日契約を締結しました。今後、必要な許認可を取得し、2010年9月の設立を予定しています。

  当社は、2007年4月に、日本、カザフスタン両国の政府間において締結された原子力エネルギー分野における戦略パートナーシップ協定の下、カザトムプロム社が推進するウラン鉱山開発プロジェクトへの参画や、同社のウェスチングハウス社への資本参加といった形で、両社の協力関係を深めています。
  昨年10月からは、レアアースを含むレアメタルに関する合弁事業について検討してきており、今般、両社で合弁会社設立に関して合意に至ったものです。

  新会社は、カザトムプロム社のレアアースを含むレアメタル製造と東芝の製品開発、製造販売のシナジーを生かし、両社で開発した超電導機器用の材料として使用されるニオブ材および核融合炉などに使用されるベリリウム材等の応用製品並びにタンタル材を世界的に販売していきます。なお、これらの製品はカザトムプロム社ウルバ工場にて製造されます。
  さらに、ウラン採掘のプロセスの中の副産物である希少金属を有効に回収する技術を用い、航空機やガスタービン用のスーパーアロイに用いられるレニウム、EV・HEVのモーター用材料として用いられるネオジウム、ディスプロシウムの回収・販売、カザフスタン国内における新規供給源探索等、更なる事業拡大を進めて参ります。

注:周期律表第Ⅲ族に属する原子番号57番から71番の15元素に21番および39番の2元素を加えた17元素の呼称。
     
セラミック製品等に用いられている。

新会社の概要

1.会社名:未定

2.資本金:500万ドル

3.出資比率:カザトムプロム51%、東芝49%

4.代表者:未定

5.事業内容:・ニオブ、ベリリウム応用製品、タンタル材の販売
         ・ニオブ、タンタル、ベリリウムを応用した新製品に関する製品開発
         ・ウラン鉱山から副産物であるレニウム、ネオジウム、ディスプロシウム等の回収・販売事業に
                        関する検討
         ・カザフスタン国内における新規供給源探索の検討

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。