Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

全モデルにLED液晶パネルを採用した「dynabookシリーズ」の発売について

当社独自の超解像技術「レゾリューションプラス」を搭載した機種を拡大
2010年06月14日
「dynabook TX」の写真
「dynabook EX」の写真


 当社は、ノートPCの新商品として、全てのモデルにLED液晶ディスプレイ注1を採用した「dynabook シリーズ」6機種23モデルを6月17日から順次発売します。

 新商品の「dynabook シリーズ」では、全てのモデルにLED液晶ディスプレイを採用することで、蛍光管バックライトに比べて消費電力を抑え、環境負荷低減に貢献しています。新商品は、咋年の夏モデルと比べ約32%の低消費電力化注2を実現しました。

 また、DVDの映像をHD解像度にアップコンバートする当社独自の超解像技術「レゾリューションプラス」を搭載した機種を4機種11モデル注3に拡大したほか、「YouTube™」注4の映像に表示されるボタンをクリックするだけでテレビ注5に出力できる「TOSHIBA Media Control Plug-in」を新たに搭載注3するなど、高いAV性能を実現しています。

 さらに、最新OS「Windows®7」の32ビット版と64ビット版を選べるセレクタブルOS搭載モデルも、従来の「dynabook Qosmio V65」「dynabook TX、TV」シリーズから、「dynabook EX」シリーズ注6にまで拡大しました。初回起動時に32ビット版と64ビット版を簡単に選べる注7メニューを新たに用意するなど、使い勝手のよさを向上しています。

 なお、新商品全モデルに利便性が向上した最新の「Microsoft® Office Home and Business 2010」または、「Microsoft® Office Personal 2010」注8を搭載しています。

 当社は今後も、紙マニュアルのデジタル化や、プリント基板の高密度実装技術により筐体の薄型化を実現するなど、環境調和に配慮したPCの製品作りを行っていきます。

注1
省電力LEDバックライト搭載。
注2
新商品「dynabook TX /77M」と2009年4月発表の「dynabook TX /68J」との標準消費電力比較。(当社比)
 標準消費電力は、OS起動後、アイドル状態、ディスプレイ輝度最大、バッテリー充電なし、周辺機器接続なしでの消費電力です。(当社基準)
注3
「V65シリーズ、TXシリーズ、TVシリーズ、EX/66・56」に搭載。
注4
「YouTubeTM」は米YouTube社(YouTube, LLC)の商標です。
注5
DLNA規格に対応しているWindowsR7ロゴに対応したテレビ。
注6
省電力LEDバックライト搭載。
注7
64ビット版を選択した場合は、リカバリー作業を行うため、セットアップが完了するまでに時間がかかります。
注8
ネットブック「dynabook UX」シリーズには「MicrosoftR Office Personal 2010 2年間ライセンス版」を搭載。

 新商品の概要 

【dynabook Qosmio V65】  6月17日より順次発売/オープン価格

 CELL技術を応用した映像専用エンジン「スパーズエンジン(SpursEngine™)」注9搭載で、世界最速注10ブル―レイダビングや約490時間注11録画可能な「地デジ8倍録画」注12、さらに、DVDやネット動画の映像もHD解像度に変換できるなど、高いAV性能のハイスタンダードAVノートPC。

モデル名

V65/87M

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i5-450M プロセッサー搭載 動作周波数2.40GHz

ODD

ブルーレイディスクドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB注13/4GB

特長

SpursEngine™搭載、地デジTVチューナー1基搭載、32/64ビット版

セレクタブルOS、Microsoft® Office Home and Business 2010

注9
「SpursEngineTM」は、高性能プロセッサ“Cell Broadband EngineTM”のアーキテクチャをベースに、当社のPC技術とAV技術、そして半導体技術を融合して独自開発した補助プロセッサです。
Cell Broadband Engineは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商標です。「SpursEngine」およびそのロゴは、株式会社東芝の商標です。
注10
一般に市販されているコンシューマー向けPCとして。オーサリングシステム用PCなど、専用・業務用PCは除く。ブルーレイディスクへの書き込み時に、簡易編集を行い、映像コーデックやビットレートの変換を行って書き込む場合での比較。2010年6月現在、当社調べ。
注11
32ビット版OSでの値。EPモード(約2.0Mbps)でCドライブ(空き容量:約398GB)とDドライブ(空き容量:約53GBに録画した場合の録画目安時間です。
注12
地上デジタルハイビジョンTV放送(約17Mbps)を、TSモード(約17Mbps)で録画した場合とEPモード(約2.0Mbps)で録画した場合を比較したおよその値。画質は元の映像に対して劣化します。
注13
HDDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。

【dynabook TX】  6月17日より順次発売/オープン価格

 入力がしやすいタイルキーボードを搭載。また、16型ワイドHD液晶と「harman/kardon®ステレオスピーカー」などで、ブルーレイタイトルを高画質・高音質で楽しむことができる、ハイスタンダードノートPC。

モデル名

TX/77M(2色)

画面

16型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i5-450M プロセッサー搭載 動作周波数2.40GHz

ODD

ブルーレイディスクドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB/4GB

特長

32/64ビット版セレクタブルOS

Microsoft® Office Home and Business 2010

【dynabook TV】  6月17日より順次発売/オープン価格

 先進機能搭載のPCと、地上デジタルテレビ、ハードディスクレコーダー、オーディオなど1台で4役の充実した機能を搭載したスタンダードAVノートPC。

モデル名

TV/74M(2色)

画面

16型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Pentium® プロセッサー P6000搭載 動作周波数1.86GHz

ODD

DVDスーパーマルチドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB/4GB

特長

地デジTVチューナー1基搭載、32/64ビット版セレクタブルOS Microsoft® Office Personal 2010

【dynabook EX】  6月17日より順次発売/オープン価格

 「EX/66M、56M」には、先進のCPUと32/64ビット版セレクタブルOSを搭載。「EX66M」では、ブルーレイディスクドライブも搭載するなど、基本性能を大幅に向上。繊細なパターンを施した筺体デザインと新色モデナレッドを加えラインアップを充実した、スタンダードノートPC。

モデル名

EX/66M(3色)

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i5-450M プロセッサー搭載 動作周波数2.40GHz

ODD

ブルーレイディスクドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB/4GB

特長

32/64ビット版セレクタブルOS

Microsoft® Office Home and Business 2010

モデル名

EX/56M(3色)

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i3-350M プロセッサー搭載 動作周波数2.26GHz

ODD

DVDスーパーマルチドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB/4GB

特長

32/64ビット版セレクタブルOS、

Microsoft® Office Home and Business 2010

モデル名

EX/46M(2色)

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Celeron® プロセッサー 900搭載 動作周波数2.20GHz

ODD

DVDスーパーマルチドライブ搭載

HDD/メモリ

500GB/2GB

特長

Microsoft® Office Home and Business 2010

【dynabook MX】  6月17日より順次発売/オープン価格

 高速処理と低消費電力を両立する超低電圧版CPUを搭載し、WiMAX注14通信モジュール搭載で高速ワイヤレス通信にも対応。入力しやすいタイルキーボードと格子柄のテクスチャでシャープな質感のパームレストを採用した新デザインのネットノート。

モデル名

MX/36M(3色)

画面

11.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

超低電圧版インテル® Core™ i3-330UM プロセッサー搭載 動作周波数1.20GHz

HDD/メモリ

320GB/2GB

特長

駆動時間約6.4時間注15、質量1.48kg、WiMAX通信モジュール搭載、

Microsoft® Office Personal 2010

注14
WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)は、無線通信技術の規格です。
注15
社団法人電子情報技術産業協会の「JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver1.0)」による。なお本体のみ、省電力制御あり。満充電の場合。ただし実際の駆動時間は使用状況および設定により異なります。

モデル名

MX/34M(3色)

画面

11.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト 

CPU

超低電圧版インテル® Celeron® プロセッサー U3400搭載 動作周波数1.06GHz

HDD/メモリ

320GB/2GB

特長

駆動時間約6.4時間、質量1.48kg、WiMAX通信モジュール搭載、

Microsoft® Office Personal 2010

【dynabook UX】  6月17日より順次発売/オープン価格

 先進のCPUと、「Microsoft® Office Personal 2010(2年間ライセンス版)」を搭載し、基本性能を向上させたネットブック。

モデル名

UX/24M(4色)

画面

10.1型ワイド液晶 省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Atom™ プロセッサー N455搭載 動作周波数1.66GHz

HDD/メモリ

250GB/1GB

特長

駆動時間約3.6時間、質量1.18kg、WiMAX通信モジュール搭載、

Microsoft® Office Personal 2010(2年間ライセンス版)

【東芝オリジナルソフトウェア】

1.超解像技術「レゾリューションプラス」(V65,TX,TV,EX/66・56)

 従来、映像専用エンジン「SpursEngineTM」搭載のPCでは、SD画質の映像をHD解像度にアップコンバートする超解像を実現してきましたが、今回「SpursEngine™」非搭載モデルでもDVDのみ超解像処理が可能になりました。これにより、DVDの映像をアップコンバートし、高精細な映像で視聴することができます。注16

注16
TOSHIBA DVD PLAYERを使用して再生した場合に有効です。
2.TOSHIBA Media Controller(V65,TX,TV,EX/66・56)

 デジタルビデオカメラで撮影した映像や写真、音楽ファイルなど、PCに取り込んださまざまなコンテンツをリビング等のテレビに無線LANで出力することができます。

3.TOSHIBA Media Control Plug-in(V65,TX,TV,EX/66・56)

 普段PCで視聴することが多い「YouTube™」の動画を、リビング等のテレビに無線LANで出力することができます。これにより、ケーブルでつなぐ煩わしさなく、すばやく大画面で楽しむことができます。

4.Qosmio AV Center 地デジ持ち出し機能(V65,TV)

 PCのハードディスクに録画した地デジ番組を、VGA相当(640×360ドット)の高画質でSDメモリカードにダビングできます。SDカード対応の携帯電話注17に入れて、いつでもどこでも録画した番組の視聴を楽しむことができます。

注17
東芝 「REGZA Phone」のほかH.264Mobile規格に対応した携帯電話やプレーヤーソフトで再生できます。
5.動画で学ぶWord 2010/Excel 2010(V65,TX,TV,EX)

 最新ソフト「Word 2010」「Excel 2010」の基本操作を当社キャラクター「ぱらちゃん」が音声ナレーションと動画でやさしく解説する学習アプリケーションです。

添付資料

お客様からの商品についてのお問い合わせ先:

東芝PCあんしんサポート
TEL    0120-97-1048
受付時間 9:00~19:00(年中無休)
海外からの電話や携帯電話で上記番号に接続できないお客様は
TEL    043-298-8780
なお、新商品情報は当社のPC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。 
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。