Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

東芝とインテル、共同で教育用タブレットPCを商品化

教育現場のICT環境の普及を促進
2010年07月01日

株式会社 東芝
インテル株式会社 

教育用タブレットPC「CM1」の写真
教育用タブレットPC「CM1」の写真


  東芝とインテルは、児童や生徒の学習に適した教育用タブレットPCを共同で商品化しました。東芝が、教育用タブレットPC「CM1(シーエムワン)」として、8月上旬から教育機関向けに発売します。今後、両社は、教育現場でのICT注1環境の普及に向けて協力していきます。

 新商品は、ノートPC事業で培った技術やノウハウを持つ東芝と、ICT教育をグローバルに推進してきたインテルが商品化した、児童や生徒の学習に適した教育用タブレットPCです。モニター部分が180度回転する筺体に、ペン入力が可能なタッチスクリーン液晶を搭載したことで、机での手書き学習に適しているほか、本体に取っ手を装備しているので、校内での持ち運びにも便利です。

 両社は、教育用タブレットPC「CM1」の発売を機に、小・中学校などの教育現場におけるICTを有効活用した教育の推進をバックアップします。インテルが、今後、日本国内で展開する教育支援プログラムや実証実験に、東芝の教育用タブレットPC「CM1」を活用することで、両社で教育現場でのICT環境の普及を促進していきます。

注1
ICTとは、information and communication technology の略です。

商品化の背景

 近年、小・中学校などの教育現場において、児童や生徒のICT活用能力向上や効果的な授業のためにPCや電子黒板が導入されています。さらに、総務省は、2015年までにデジタル教科書を全ての小中学校全生徒に配備する方針注2を示すなど、今後教育現場のICT化が進んでいくと見られています。このような背景のもと、東芝とインテルは、児童や生徒の学習に適した教育用タブレットPCを共同で商品化し、今後拡大が見込まれる教育現場でのICT環境の普及にむけて協力していきます。

注2
2009年12月22日に総務省が発表した「ICT維新ビジョン」の「フューチャースクールによる協働型教育改革」に明記されています。

新商品の概要 

【CM1】  8月上旬から発売/オープン価格

 「CM1」はインテルがグローバルで展開する教育向けPCの開発で培った技術と、東芝の堅牢筺体技術や省電力技術などを組み合わせ商品化した教育用タブレットPCです。モニター部分が180度回転する筺体や、ペン入力が可能なタッチスクリーン液晶を搭載したほか、筺体はラバーで覆われているため滑りにくく、机の上での学習に適しています。また、電子黒板やプロジェクターなどのICT機器との連動が可能なので、共同作業や課題発表にも活用できます。さらに、本体に取っ手を装備しているので、校内の持ち運びにも便利です。

教育用タブレットPC「CM1」の写真

 

モデル名/型番

CM1/PACM112MNEE

OS

Windows®7 Professional  32ビット 正規版

CPU

インテル® Atom™ プロセッサー N450搭載 動作周波数1.66GHz

チップセット

インテル®NM10 Express チップセット

画面

10.1型感圧式タッチスクリーン液晶(1366×768)

省電力LEDバックライト搭載

HDD/メモリ

160GB/2GB

外形寸法

約268(幅)×216(奥行)×35.6~57.0(高さ)mm 

質量

約1.8kg

その他機能

100Base-TX/10Base-T、無線LAN(802.11a/b/g/n)、回転式Webカメラ、

ステレオスピーカー、マイク、USB×2、RGB×1、取っ手装備


HDDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。
お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。
インテル、Atom は、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。

教育現場のICT環境の普及促進のための取り組み

 東芝は、PCの販売事業を担当する東芝情報機器株式会社とともに、教育市場向けにノートPCだけではなく、PC専用教室の設置や学校内のネットワーク構築などの教育ソリューションを提供してきました。教育用タブレットPCを商品化することで、今後も教育現場のICT環境の普及に向け、商品・ソリューションの販売事業を強化していきます。また、東芝科学館では、生徒向けにプログラミングを体験する「デジタルクリエイター教室」を開催するなど、ITリテラシー向上に貢献しています。

 インテルは、教員向け教育支援プログラム「インテル® Teach」注3の実施や、教育向けソリューション製品注4を提供しているほか、日本の公立小学校で児童1人1台のPCを国語や算数などの普通授業に取り入れた実証実験を行うなど、PCを効果的に活用したICT環境の普及に取り組んでいます。また、今後の社会人に求められるICT活用力、問題解決力、協働力、思考・判断力、コミュニケーション力などの「21世紀型スキル」注3習得のためICT普及活動を展開する計画です。

注3
「インテルR Teach」はインテルが提供する教員向けの情報教育支援プログラムです。日本では3万5千人の教員が受講しています。本プログラムでは児童・生徒がICTを最大限に活用しながら、「21世紀型スキル」を効果的に習得するための指導法を学びます。
注4
インテルは、グローバルにハードウェア、ソフトウェア、コンテンツなどの教育に必要としたソリューションを提供しており教育向けPCの開発もその取り組みのひとつです。

お客様からの商品に関するお問い合わせ先:

東芝情報機器株式会社 PC事業部 公共営業部
TEL : 03(5144)3120
なお、新商品情報は、東芝のPC総合情報サイト「dynabook.com」内の企業向け情報
(http://dynabook.com/pc/business/index_j.htm)でも提供します。

 
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。