Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

中国におけるテレビ販売合弁会社の設立について

2010年07月15日

 当社は、今後も大きな成長が見込まれる中国の液晶テレビ市場における販売体制を強化するため、中国の家電メーカーであるTCL集団股份有限公司(TCL集団)と、中国市場向け販売合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」を設立することで合意しました。新会社の出資比率は当社が51%で、2010年9月から営業を開始する予定です。
 当社は、中国全土に展開するTCL集団の広範囲な販売網と長年培ったマーケティングの豊富なノウハウを積極的に活用し、急速に成長する中国市場において東芝ブランドによるテレビの販売規模拡大を目指します。

 中国におけるテレビ市場は、2012年度には2009年度比で約190%注1の伸長が見込まれ、2010年度には国別市場規模で世界最大の市場になると予測されています。特に、成長著しい内陸都市部においては約220%注2伸長が予測されます。当社は今後、従来の沿岸大都市圏に加え、こうした内陸部の中規模都市にも注力します。今回の合弁会社設立により、量販店に加え一般店への販売網拡大を見込み、2012年度には1万店舗を超える販売網の構築を目指します。
 なお、当社は、今後、TCL集団と協力し、中規模都市を含む中国市場の需要に特化したテレビのラインアップを拡充していきます。具体的には、現在の東芝ブランドのテレビ自社工場である大連東芝テレビジョン社での生産に加え、幅広い製品供給能力を持つTCL集団の生産拠点から東芝ブランド商品の調達を加えることで供給体制の強化を図ります。

 新会社は、総経理(社長)に現地人材を登用するなど経営の現地化を進めるとともに、企業経営における日本と中国それぞれの長所を融合し、グローバルな経営・管理手法を共有・確立していきます。

 当社の液晶テレビ「レグザ」の商品戦略「高画質を実現する自社半導体とソフトウエアを核とした、ユーザーニーズに応えたものづくり」は、市場で高く評価され、2009年度グローバル販売台数1,000万台レベルを達成しました。中国をはじめとした新興国地域においても、ユーザーニーズに対応した商品の積極的投入及び地域密着型の販売活動を推進し、2010年度には1,500万台販売達成を目指します。

注1、2 東芝予測

新合弁会社の概要

社名: 日本語社名:東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社
中国語社名:東芝視頻産品(中国)有限公司
英語社名: Toshiba Visual Products (China) Co., Ltd.
所在地: 広東省恵州市
総経理(社長): 李 建新(Li Jianxin)
主な事業内容: 中国国内における東芝ブランド テレビの販売・サービス
資本金: 5,000万人民元(約6.3億円)
出資比率: 東芝 51%  TCL 49%
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。