Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

60Ah級セルの二次電池「SCiB」を今年度中に供給開始

2010年09月29日

 

 当社は、太陽光発電等の蓄電システム(定置用)および電気自動車向けにセルの容量を60Ahに高めた二次電池「SCiB」を開発しました。今年度中に供給を開始する予定です。

 今回開発したセルは、新材料の採用および充填技術の開発により、急速充電性能、長寿命、低温特性などのSCiBの特性はそのままに、体積エネルギー密度を従来比約1.3倍の約230~約270Wh/Lに高めることにより、高容量化を実現しました。セルの高容量化により、太陽光発電所やスマートグリッドなどで利用される大規模蓄電システムへの適用や、電気自動車の航続距離向上が可能となります。

 当社は、この高容量セルを自動車向けに加え、東芝グループの社会インフラ事業である電力貯蔵、太陽光発電、交通、産業分野などにシナジー効果を生かして展開することで、お客様に最適な電池システムを提供していきます。

60Ah級セル概要

容量:60Ah級

体積エネルギー密度:約230~約270Wh/L

供給開始:2010年度(予定)

備考:VDA規格準拠

ドイツ自動車技術協会規格

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。