Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

中国市場におけるテレビ事業の強化について

2011年度に前年度比4倍の200万台に販売を拡大
2010年12月15日

 当社は、今後も大きな成長が見込まれる中国の液晶テレビ市場において、海外市場としては初めて「CELLレグザ」のコンセプトを受け継いだ最上位モデル「55X1000C」を12月下旬から発売します。今年10月から発売しているコストパフォーマンスの高い汎用モデルに加え、今回新たに差異化高付加価値モデルを投入し、多様な中国市場ニーズに合わせた9シリーズ24モデルを展開することで、2011年度に前年度比4倍となる販売数200万台を目指します。

 中国における液晶テレビ市場は、2010年度に米国を抜き世界最大の市場になることが見込まれています注1。当社は、中国の家電メーカーであるTCL集団股份有限公司(TCL集団)と中国市場向け販売合弁会社「東芝ビジュアルプロダクツ(中国)社」を設立し、2010年10月1日から営業活動を展開してきました。今後、沿岸部をはじめ内陸都市での販売網拡大を見込み、当社商品を取扱う量販店や一般店を、現在の約2,200店舗から2013年度に15,000店舗まで拡大します。

 当社は、今後も新興国を中心に、各地域の特性に配慮した商品と映像技術力を結集した高付加価値商品を展開していきます。

注1 東芝予測

 新商品の概要 (「55X1000C」(55V型))

 「55X1000C」は、当社の映像技術の粋を結集し日本市場向けに投入した「CELLレグザ」の高画質・高音質技術を継承し、2D3D変換機能注2を含めた3D対応の中国市場向けフラグシップモデルです。 

「レグザ55X1000C」の写真 


 「メガLEDパネル」と自社開発した「新レグザエンジン」を搭載

 「CELLレグザ」にも採用した世界最高水準1,000cd/m2のピーク輝度を実現する「メガLEDパネル」と自社開発の「新レグザエンジン」の搭載により、512分割された3,072個のLEDを緻密に制御し、輝く白と引き締まった黒色を描写します。また、最新の超解像技術採用で、映像が本来持つ緻密な映像に復元し、精細で美しい映像を再現します。

高級オーディオシステムの音質を実現

 アジア地域の強い需要である高音質化の追求においても、「大口径ダブルウーファー」、と重低音を再現する「パッシブラジエーター」、「ソフトドームツィータ」を備えることで、高級オーディオシステムの音質を実現しています。

注2 2D映像の構図などから奥行きを推定し、自然で美しい3D映像を生成する機能

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。