Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

メンテナンス性を向上させた2Uサイズの産業用サーバの新製品について

ビルや学校などのセキュリティシステム向け等にも販売を拡大
2010年12月24日

FS5000Sの画像

 当社は、高さ約87mm(2Uサイズ)というコンパクトでメンテナンス性の高い産業用サーバ「FS5000S」を本日から販売します。また、従来から販売している通信・放送設備や工場の監視制御システム向けだけでなく、今後新たに高いセキュリティ性能が求められるビルや学校などにも販路を広げ、売上拡大を目指します。

 昨今、安全への関心の高まりから、監視カメラを用いたセキュリティシステムを導入するビルや学校、駅、店舗などが増えています。このようなセキュリティシステムなどに使われる情報管理サーバでは、長期間使われるので、ユーザー自身が容易に部品を交換でき、安定して24時間連続稼動するサーバが必要とされています。
  当社の産業用サーバは、家庭やオフィスで用いられる汎用サーバに比べ広範囲な周囲温度環境(5℃~40℃)下で安定した稼働ができ、発売後5年間、同一モデルの製品供給を行うのが特長で、従来、放送や通信、電力や工場などの監視制御コンピュータとして販売してきました。
  「FS5000S」では、高さ約87mmというコンパクトながら、HDDや冷却ファン、電源などの部品を装置前面から交換でき、ラックに固定したままの交換作業が可能です。また、システムの動作診断、異常の早期検出・復旧支援を行なうRAS機能を搭載しているので、障害発生から短時間で容易に復旧できます。
  自社製RAIDコントローラを搭載することで、短時間で正確に障害解析を行うことを可能としました。さらに機器内の構造を改良することにより、高さ約87mmというコンパクトなサイズながらも、前面から冷却ファンや電源ユニットができ、メンテナンス性を向上しています。
 当社はこのメンテナンス性の高さを生かし、「FS5000S」を従来一般の汎用サーバが用いられていた、ビルや学校、駅、店舗などのセキュリティシステム向けにも販売します。

 当社は新製品の投入や販路の拡大により、営業活動を加速し、さらなる売上の拡大をめざします。

「FS5000S」の概要

型名

FS5000S model 2000シリーズ

標準価格(税別)

1,469,000円~

CPU

インテル Xeon クアッドコアプロセッサ 

(L5518/2.13GHz) 最大2プロセッサ

本体サイズ

幅:434mm 高さ:87mm 奥行き:592mm

 (突起部不含) 2Uラックマウント

「FS5000S」の主な特長

1.CPUに「インテル Xeon クアッドコアプロセッサ」を最大2基搭載

 インテル社製CPU「 Xeon クアッドコアプロセッサ(L5518/2.13ギガヘルツ)」を最大2基まで搭載可能で、クイックパスインターコネクトなどの先進技術により一層の高速処理が可能です。
  また、HDDへのアクセス速度がサーバの処理能力を低下させないように、上位機「FS10000S」と同じSAS仕様のHDDを採用しました。

2.交換部品のメンテナンス性、セキュリティ機能向上

 長期使用に伴い電源ユニットを本体前面から交換できる構造としました。また、リチウム電池、HDD、ファンユニットの交換も本体前面から可能で、メンテナンス性を追求しています。また、鍵付き前面扉の装備によりセキュリティ性を向上しています。

3.自社製RAIDコントローラを搭載による障害発生時の解析時間の削減

 このRAIDコントローラを本機種に搭載し、障害発生時の解析を短時間で正確に行うことを可能とし、障害からの迅速な復旧を可能としました。

4.低消費電力化/RoHS対応部材の採用による環境配慮設計

 低消費電力部品の採用により、従来機種に比べ約5.3倍注1の高速処理を従来機種と同等の消費電力で実現することにより、エネルギー消費効率を約4.8倍注2にしました。また、メインボードなど自社設計のボードに鉛フリーはんだを使用しているほか、RoHS指令対応部材を標準採用しています。
注1 CPUの加重最高性能(APP値、単位:実効テラ演算)で、「FS5000」と比較した際の値。
注2 「FS5000」と比較した際の値。

5.長期安定供給、長期保守サービス

 発売後5年間、同一モデルの製品供給を行い、販売終了後さらに継続して7年間(有償オプションにより最長10年間)の保守サービスを行います。長期安定供給により、システムや装置への継続適用や段階的なシステム拡張増設も安心して行えます。

「FS5000S」の主な仕様

型名

FS5000S model 2000シリーズ

CPU

インテルXeon クアッドコアプロセッサ 

(L5518/2.13GHz) 最大2プロセッサ

主メモリ

DDR3-1066 SDRAM

1GB~最大12GB(ECC付メモリ)

ハードディスク

SASハードディスク300GB

RAID5構成時 最大900GB

補助記憶装置

内蔵HDD(2.5型ディスクベイ、オプション選択)

内蔵DVD-ROM、内蔵DVDスーパーマルチ(オプション選択)

標準インタフェース

RS232C×2ch、イーサネット(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T

自動切替)×3ch、USB×6、サウンド(LINE-IN,LINE-OUT,MIC-IN

各1ch)、DI/DO×各4点、リモート入力×2点

拡張スロット

PCI Expressスロット×4(グラフィック、SAS-RAID

カード実装により各々1スロット使用)

PCIスロット×1

グラフィック

DVI×1ch、PCI Expressグラフィックカード

RAS機能

RASハードウェア、サポートソフトウェア標準搭載

ウォッチドッグタイマ、メモリエラー検出、PCIバスエラー

検出、電源電圧低下検出、電源断検出、内部温度上昇検出、

ファン停止検出、CPU温度上昇検出、PowerスイッチOFFに

よる自動シャットダウン、リモートイニシャライズ、リモート電源

ON/OFF、ディジタル入出力(DI/DO各4点)、RASメモリへの情報保存

電源

ワイドレンジ85V~264VAC、50/60Hz±3Hz

オプション:冗長電源

本体サイズ

幅:434mm×高さ:87mm×奥行き:592mm(突起部不含)

2Uラックマウント

OS

Windows® XP Professional

Windows Server® 2003 Standard Edition

Windows Server® 2008 Standard Edition (別途リリース予定)

Windows Server® 2008 R2 (別途リリース予定)

*Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*商品の名称は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

新製品に関するお問い合わせ先:

産業システム事業部 計装制御部 計装制御第三担当
TEL : 03(3457)4726
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。