Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

エジプトにおける製造合弁会社と販売合弁会社の設立記念式典を開催

2011年01月14日


 当社は、エジプト国内の家電のトップメーカーであるエルアラビ社との合弁会社である液晶テレビの製造会社「東芝エルアラビビジュアルプロダクツ社」と販売会社「東芝エルアラビビジュアル&アプライアンス販売社」の設立にあたり、本日注1、エジプト・カイロで記念式典を開催しました。また、併せて、アフリカ・中近東地域で展開する新商品発表会も行ないました。

 本式典には、エシャ労働大臣、在エジプト日本大使の奥田紀宏氏などの政府関係者や地元ディーラーなど約400人が出席しました。また、「グラスレス3Dレグザ」や白物家電を展示するなど東芝ブランドと商品を訴求しました。

 新商品に関しては、アフリカ・中近東地域向けに、新興国専用モデル「Power TV(パワーテレビ)シリーズ」と「CELL レグザ」のコンセプトを受け継いだ最上位モデル「55ZL800」など5シリーズ10モデルを1月下旬から順次投入することを発表しました。

 当社は、アフリカ・中近東地域における製造と販売の両面を強化することで事業拡大を図り、2011年度にはアフリカ・中近東地域での液晶テレビ市場シェア15%を目指します。

注1 現地時間13日、日本時間14日

東芝エルアラビビジュアルプロダクツ社について

 東芝エルアラビビジュアルプロダクツ社は、アフリカ・中近東地域における「地産地消」体制の構築による事業拡大を目的としたもので、同地域では最大の液晶テレビ工場になります。当社と技術提携関係にあるエルアラビ社との協業を推進し、パネルモジュール組立工程から完成品までの液晶テレビの一貫生産体制を構築し、地域市場のニーズに基づく液晶テレビを地域内で生産することで、商品力とコスト競争力の強化を図ります。生産規模も順次拡大し2013年度に年間200万台を目指します。

1.会社名 :東芝エルアラビビジュアルプロダクツ社
(英文名称:Toshiba El Araby Visual Products Company)
2.代表者 :モハマッド・アブドルガイード・エルアラビ
3.操業開始時期 :2011年3月
4.資本金 :1,000万米ドル(約9億円)
5.出資比率 :東芝51%、エルアラビ社49%
6.所在地 :エジプト・カイロ市
7.従業員数 :約300名
8.事業内容 :液晶テレビの製造
9.工場概要 :建屋面積 11,400m / 5階建
10.生産規模 :2011年度 年間60万台

東芝エルアラビビジュアル&アプライアンス販売社について

 東芝エルアラビビジュアル&アプライアンス販売社は、2003年に東芝ホームアプライアンス株式会社とエルアラビ社が設立した販売合弁会社「東芝エルアラビ家電販売社」に対し、当社からも出資することで、新たにテレビも取り扱うことになった販売会社です。今後は既存の白物家電の販売ルートを活用することで、テレビの販売力の向上を図ります。

1.会社名 :東芝エルアラビビジュアル&アプライアンス販売社
(英文名称:Toshiba El Araby Visual & Appliances Marketing Company)
(旧会社名:東芝エルアラビ家電販売社 )
2.増資の実施 :2011年1月末
3.資本金(増資後) :170万米ドル(約1.4億円)
4.出資比率(増資後) :東芝29%、東芝ホームアプライアンス 22%、エルアラビ社49%
5.所在地 :エジプト・カイロ市
6.従業員数 :約20名
7.事業内容 :アフリカ地域への白物家電及び、北アフリカ地域への映像機器の輸出販売

新商品の概要

1.「パワーテレビ(Power TV)シリーズ」

32PC1の写真


(1)「PC1」(32V型、24V型)
RFブースター注2内蔵により弱電界地域に対応し、バッテリー搭載で停電時にも最大約2時間の視聴を可能にしました。また、LEDバックライトを採用し低消費電力化を実現しました。

(2)「PS1」(40V型、32V型、24V型)
RFブースター内蔵により弱電界地域に対応し、エコモードとLEDバックライトを採用することで、低消費電力化を実現しました。

(3)「PB1」(32V型、24V型)
RFブースター内蔵により弱電界地域に対応し、コストを抑えた低価格モデルです。

注2 テレビ放送などで使われる帯域の高周波の電気信号を増幅させる機器

2.「55ZL800 」(55V型)

55ZL800の写真

「CELLレグザ」のコンセプトを受け継いだ、2D3D変換機能注3も搭載した3D対応モデルで、新開発の「シーボ・エンジン(CEVO ENGINE)」による映像処理と「CELLレグザ」で採用した「REGZA LEDパネル」の相乗効果により高画質を実現するとともに、サウンドバー搭載により高音質化も追求しました。

注3 2D映像の構図などから奥行きを推定し、自然で美しい3D映像を生成する機能

3.「WL700シリーズ」(55V型、46V型)

55WL700の写真


 北欧のデザイナーであるヤコブ・イェンセン(Jacob Jensen)とのコラボレーションにより実現したモデルで、奥行き29mmのスリムなデザインを実現しています。また、2D3D変換機能も搭載したほか、高性能LSIとLEDバックライト採用により高画質化と低消費電力化を追求し、デザイン性と環境性能を両立しました。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。