Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

液晶テレビ「レグザ Z2シリーズ」の発売について

新開発の高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」を搭載
2011年03月02日
液晶テレビ「レグザ47Z2」の写真

 当社は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」として、新開発の高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO注1」(レグザエンジンシーボ)と新開発のLED液晶パネルを搭載した「レグザ Z2シリーズ」3機種を商品化し、3月25日から発売します。また新商品は、スマートフォンやスレート型タブレットPCでテレビを楽しく便利にコントロールする「レグザAppsコネクト」注2に対応しています。

 新商品は、新開発の高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」とLEDバックライトスキャンに対応した新開発のLED液晶パネルの組み合わせによりさらなる高画質を実現しています。「レグザエンジンCEVO」には、業界で初めて注3、映像の前後の複数のフレームを活用し、精細感のある緻密な映像をリアルタイムに復元する3次元フレーム超解像技術と色の超解像技術を採用した「レゾリューションプラス6」を搭載することで、きめ細かく緻密な映像を映し出します。

 さらに、「レグザエンジンCEVO」が液晶パネルの両サイドに配置された16分割注4のLEDバックライトをきめ細かくエリアコントロールすることで、高いコントラストを実現しました。また、8分割注5のバックライトスキャンにより動画応答性を向上させています。

 新商品は、3つの地上デジタルチューナーが搭載されており、同時に2番組を最大4台同時接続可能なUSBハードディスク(市販品)に録画できる「地デジ見ながらW録」に対応しました。また、新たに2番組を同時にチャプター分割できる「Wマジックチャプター」機能を搭載しました。

 新商品には、シンプルな新デザインの薄型フォルムキャビネットと新開発のアルミダイキャスト製スタンドを組み合わせたスリムミニマルデザインを採用し、「47Z2」では業界最薄注6の29mmの奥行き寸法を実現しました。また、前面キャビネットには帯電防止材によりホコリの付着を抑制する「ホコリクリア」を採用しました。

注1
CEVOは、CELL EVOLUTIONからの造語です。
注2
ご利用になるには、対応端末と、それらを無線LAN接続できる環境、対応機器のインターネット常時接続環境が必要です。「レグザAppsコネクト」に関する詳細、注意事項については、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/option/apps/)をご覧ください。
注3
日本国内向けデジタルハイビジョン液晶テレビにおいて。2011年3月2日現在、東芝調べ。
注4
「37Z2」は、10分割のエリアコントロール。
注5
「37Z2」は、5分割スキャン。
注6
47V型以上の日本国内向けデジタルハイビジョン液晶テレビにおけるテレビモニター(卓上スタンドを除く)の奥行き寸法として。2011年3月2日現在、東芝調べ。

新商品の概要 

商品名

シリーズ

形名

画面サイズ

録画対応

価格

発売日

地上・BS・110度CS

デジタルハイビジョン

液晶テレビ

「レグザ」

Z2

47Z2

47V型

USB

ハード

ディスク

(市販品)

オープン価格

3月25日

42Z2

42V型

3月25日

37Z2

37V型

3月25日

商品化の背景と狙い 

 薄型デジタルテレビの普及拡大に伴い、高画質化・ネットワーク機能・操作性の向上など、ユーザーニーズは多様化しています。当社はこのようなニーズに対応するため、高画質映像処理と高速GUI、多彩な録画機能やネットワーク機能の制御を行なう「レグザエンジンCEVO」を搭載した第一弾商品として「Z2シリーズ」を発売します。さらに今後は、「レグザエンジンCEVO」を搭載した商品を「レグザシリーズ」で展開することで、さらなるシェア拡大を目指します。

新商品の主な特長 

1.「CELLレグザ」のDNAを継承する新開発の「レグザエンジンCEVO」

 当社は、高画質化の追求と多彩な録画機能、ネットワーク機能、高い操作性の実現のために、当社の半導体技術とデジタル映像処理技術を活かして、これからの当社の液晶テレビ「レグザシリーズ」のコアとなる高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」を新たに開発しました。                                                                                            

(1)新開発のメインLSI

 「レグザエンジンCEVO」のメインLSIは、従来の「レグザエンジン」の約3.4倍注7の処理能力を持ち、グラフィックアクセラレーターも内蔵しています。当社の半導体技術を集積し、最先端40nmCMOSロジック半導体チップを含む3種の半導体チップを積層しBGA注8パッケージに格納する、マルチダイBGAパッケージを採用しています。また、メインLSIの内部にはデュアルコアの演算処理回路(CPU)が搭載されており、デジタル液晶テレビに求められる多彩な高画質映像処理と高機能を実現する処理を高速に行なう能力を備えています。

メインLSIの写真
注7
コンピュータの性能指標のひとつであるMIPSによる比較。
注8
Ball Grid Array の略。
(2)映像処理ソフトウェア

 「レグザエンジンCEVO」は、メインLSIとソフトウェアを組み合せた新アーキテクチャーによる高画質映像処理システムです。メインLSIの性能を引き出す高いソフトウェア能力が「Z2シリーズ」の高画質、高速ユーザーインターフェースなどの快適な操作性、2番組同時録画や多彩なネットワーク機能を実現しています。

2.高画質化を実現するさまざまな機能

 「レグザエンジンCEVO」とバックライトスキャン、エリアコントロールに対応した新開発のIPS液晶パネルを採用し、高画質を実現しています。

(1)3次元フレーム超解像技術採用「レゾリューションプラス6」

 「レグザエンジンCEVO」は、複数のフレームによる超解像処理を業界で初めて搭載し、さらに色の超解像技術も加えることで、3次元フレーム超解像技術採用「レゾリューションプラス6」を実現しています。
 従来の超解像技術では、表示フレーム単体での超解像処理を行っていましたが、3次元フレーム超解像技術では、表示フレーム/前フレーム/後フレームの複数フレームによる超解像処理を行うことで、より高精度に元の映像を復元し、きめ細かく緻密な映像を映し出します。
 

「3次元フレーム超解像処理」のイメージ
3次元フレーム超解像処理のイメージ


  さらに、元映像(4:4:4フォーマット)からデジタル放送の送信時に1/4に圧縮(4:2:0フォーマット)される色の情報量を色の超解像処理によって4倍に復元し、精巧な色再現を実現しました。

(2)新開発のIPS倍速フルHD「クリアLEDパネル」を搭載

 新IPSパネルには、LEDバックライト専用カラーフィルターと新開発の蛍光体によるLED光源を採用し、色再現範囲を拡大しました。ハイビジョンテレビ向け色空間標準規格(ITU-R BT.709)の99%に及ぶ色再現性を実現しています。今までより忠実にハイビジョン映像の色彩を鮮やかに再現します。
 また、新IPSパネルは、液晶素材の改善により、液晶を構成する分子の配列を高精度に制御するハイコントラスト液晶を採用しました。光漏れに影響する傾きの大きな分子の数が減り、従来パネル注9に比べ「47Z2」「37Z2」では45%、「42Z2」では23%コントラスト比を改善し、表面クリア仕上げの「クリアLEDパネル」の採用もあいまって、引き締まった黒色を実現しました。

「ハイコントラスト液晶」のイメージ
ハイコントラスト液晶(イメージ)

注9 「Z1シリーズ」の同一サイズモデルとの比較。

(3)8分割バックライトスキャン対応「アクティブスキャン240」

 バックライトに白色LEDを採用することで、200万対1のダイナミックコントラスト注10を実現し、輝く白色と引き締まった黒色を再現しています。「レグザエンジンCEVO」は、映像の前後フレームから動きを高精度に予測して元映像のフレーム間に新たな補間映像を挿入して、通常の2倍にあたる毎秒120コマで映し出します。8分割のバックライトスキャンをあわせて行うので、スポーツなど躍動感のあるシーンの残像を効果的に低減し、高い動画応答性を実現しています。
 さらに、新IPSパネルには、内部にスリット状の光の通り道を設けた導光板を採用し、画面の左右に配置されたLEDバックライトからの光の拡散を抑え、きめ細かなバックライトスキャンを可能にしました。

「8分割バックライトスキャン」のイメージ
8分割バックライトスキャン(イメージ)

注10 画面を正面から見た場合の、全白信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最小輝度の比。

(4)16分割エリアコントロール

ディスプレイを16分割し、画面の両サイドに配置したLEDバックライトを「レグザエンジンCEVO」がきめ細かくコントロールします。新IPSパネルに採用したハイコントラスト液晶との組み合わせで、高いコントラストを再現します。

3.利便性を追求した録画・再生機能

(1)「地デジ見ながらW録」

 地上デジタルチューナーを3つ搭載し、番組を自由に視聴しながら、同時に2番組を市販のUSBハードディスクに録画できる「地デジ見ながらW録」を搭載しました。2番組同時録画中でも他の地上デジタル番組を視聴できます。

(2) 最大4台同時接続が可能なUSBハードディスク録画

 市販のUSBハードディスクを使って、手軽にハイビジョン録画ができます。また、市販のUSBハブを使うことで、同時に最大4台までのUSBハードディスクを接続でき、録画容量を手軽に増やすこともできます。それぞれのハードディスクを区別して管理ができるため、ジャンル別に録画したり、家族それぞれが専用のハードディスクに録画するなどの使い分けをすることができます。

(3) 多彩な録画・再生機能

・「Wマジックチャプター」機能
番組をUSBハードディスク(市販品)へ録画中に自動でチャプター分割するので、見たいシーンを簡単に選んで視聴できます。また、地上デジタル放送の2番組同時録画中でもチャプター分割が可能です。

・「おすすめサービス」注11機能
地上・BSデジタル放送番組のランキングデータ注12などを表示し、気になる番組の検索や録画予約が簡単に行えます。また、人気のある番組は「高速レグザ番組表」にも表示されます。

・簡単ハイビジョン録画機能
リモコンの「録画」ボタンを押すだけですぐに録画を開始し、番組が終了すると録画を停止する機能を新たに搭載しました。

・「ダブルウインドウ2」注13機能
2つの地上デジタル放送や、USBハードディスク(市販品)の再生画面と地上デジタル放送を2番組同時に鑑賞できます。また、インターネット画面と地上デジタル放送の同時表示も可能です。さらに、画面の拡大や縮小にも対応しています。

・AVCHD形式、MP4形式ハイビジョン映像の再生機能
デジタルビデオカメラで撮影したAVCHD形式、MP4形式のハイビジョン映像をSDメモリカードなどから再生できます。

注11 ご利用にはインターネットの接続が必要です。
注12 「おすすめサービス」に対応した当社製テレビ、レコーダーのユーザーが予約している地上・BSデジタル放送番組のランキングデータ。
注13 次の場合では2画面表示することができません。(1)ビデオ入力やHDMI®入力からの映像同士の組み合わせ。(2)ラジオ放送、データ放送、LAN端子に接続した機器、「TSUTAYA TV」、「テレビ版Yahoo! JAPAN」、「アクトビラビデオ・フル」、「ひかりTV」、「T’s TV レンタルビデオ」の組み合わせ。(3)テレビのチューナーで録画している場合。

4.快適な操作性

(1)約0.3秒で高速起動する「高速レグザ番組表」

 7チャンネル6時間表示が可能な番組表の起動時間を従来注14の約1.8秒から約0.3秒へおよそ1/6に短縮しました。また、番組表全体のページ切り換え操作においても従来注14の約1.5秒から約0.3秒へおよそ1/5に短縮しました。さらに、番組選択操作の動作レスポンスも大幅に向上し、快適な操作を実現しています。

注14 「Z1シリーズ」との比較。

(2)「レグザメニュー」

 リモコンの中央部の「レグザメニュー」ボタンから操作する先進的でグラフィカルな3Dアニメーションによる独自のインターフェースを採用しています。テレビ画面を見ながらでも 簡単にリモコン操作をすることができます。機能をわかりやすいアイコンで表示し、メニューの階層を視覚化したことにより、直感的に操作できます。

「レグザメニュー」のイメージ
レグザメニュー(イメージ)

5.ネットワーク機能を充実

(1)「レグザAppsコネクト」対応注15

 スマートフォンやスレート型タブレットPCなどの対応端末とアプリを活用し、快適な操作やこれまでにない視聴スタイルを体感できます。

注15  「レグザAppsコネクト」対応については、2011年3月2日発表「スマートフォンなどでテレビを操作する『レグザAppsコネクト』の機能拡大について」をご覧下さい。

(2)REGZA Phone注16連携/Windows®7対応

 REGZA Phone内蔵のカメラで撮影した写真(静止画)をREGZA Phoneで選んで「Z2シリーズ」の画面で再生する機能を実現しています。また、Windows®7に対応しており、Windows®7搭載PCの「リモート再生」機能で、PCのハードディスク内の映像や音楽を「Z2シリーズ」で楽しむこともできます。

注16 REGZA Phone T-01C/REGZA Phone IS04に対応。

(3)「スカパー!HD」録画番組LAN再生注17

「スカパー! HD」チューナーから「レグザブルーレイ注18」に録画された番組注19の再生に対応。3Dをはじめとする多彩なコンテンツをより自由に楽しめます。家庭内LANネットワークを構築することで、「レグザブルーレイ」とは離れた場所からでも視聴することができます。さらに、「Z2シリーズ」側でMPEG4 AVCファイルをダイレクトに再生するので、より高画質で楽しむことができます。

注17 スカパー! HDの番組を録画・LAN再生するには、別途スカパー! HD対応チューナーとアンテナ、「スカパー! HD」サービスの契約および「スカパー! HD」録画・LAN配信対応機器が必要です。なお、「スカパー! HD」録画したAVCタイトルを記録したディスクは、「スカパー! HD」録画対応機器でしか再生できません。本機能の利用には家庭内LAN環境が必要です。
注18 Blu-ray DiscTM(ブルーレイディスク)、Blu-rayTM(ブルーレイ)はブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
注19 視聴制限付きコンテンツの再生にも対応します。ラジオ番組は再生できません。

(4)DLNA(DMP/DMR) 対応

 LAN回線経由でDLNA(DMS)機器で録画、受信したコンテンツを液晶テレビ「レグザ」のリモコン操作で視聴できます。また、「Z2シリーズ」のUSBハードディスク(市販品)に録画した番組をLANケーブル(市販品)で接続した当社製対応レコーダーやPCにダビングし、ブルーレイディスクやDVDにダビングして残すことができる「レグザリンク・ダビング」機能に対応しています。お気に入り番組を長期保存する際などに便利です。また、DTCP-IP対応サーバーへダビングすることも可能です。
 さらに、DLNA(DMS)機器で録画、受信したコンテンツをDLNA(DMC)機器の操作により「Z2シリーズ」で視聴するDLNA(DMR)機能にも対応しています。

(5)「YouTube」注20などのブロードバンドサービス対応注21 

 新たに「YouTube」が楽しめるようになりました。また、光ブロードバンドを通じて映像配信される「テレビ版Yahoo! JAPAN」注22、「TSUTAYA TV」注23、「T’s TV」注24、「アクトビラ ビデオ・フル」注25、「ひかりTV」注26にも対応しています。

注20 YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
注21 ご利用にはインターネットの接続が必要です。ご利用環境・通信環境等によって映像の乱れや視聴できない場合があります。
注22 「テレビ版Yahoo! JAPAN」に関する詳しい情報はヤフー株式会社報道発表資料(
http://pr.yahoo.co.jp/release/2009/0406a.html)をご覧ください。
注23 「TSUTAYA TV」に関する詳しい情報は「TSUTAYA TV」公式情報サイト(
http://tsutaya-tv.jp/)をご覧ください。
注24 「T's TV」は、ブロードメディア株式会社が提供するサービスです。詳しい情報は「T's TV」公式情報サイト(
http://www.broadmedia.net/)をご覧ください。
注25 「アクトビラ」に関する詳しい情報はアクトビラのホームページ(http://actvila.jp
)をご覧ください。
注26 「ひかりTV」に関する詳しい情報はひかりTV オフィシャルホームページ(http://www.hikaritv.net/
)をご覧ください。

6.ゲームを楽しめる各種機能を搭載

(1)「ゲームダイレクト3」機能

 全画面表示と超解像技術による高画質化処理を実現しながらも、外部入力信号の映像処理による信号遅延時間注27は約0.7フレームに相当する約11.9msec(1080pの場合)と短いため、操作タイミングが重要なアクションゲームなどを高画質かつ快適に楽しむことが可能です。
 また、D2(480p)入力時のゲームモードでは、従来の「再構成型」「自己合同性型」の超解像処理に加え、色の超解像技術による映像処理も採用しています。

注27 液晶パネルによる遅延は除く。

(2)豊富なゲームモードの画面サイズ

 最新のゲーム機器からポータブルゲーム機器までさまざまな映像フォーマットに対応して、適切な画面サイズをユーザーが自由に選べるように、6種類注28の画面モードを採用しています。ゲーム機器に応じたスケーリングを行うことで画面いっぱいにゲームを楽しむことができます。

注28 「ゲームフル」「ゲームノーマル」「ポータブルズーム」「Dot by Dot」「レトロゲームファイン」「SDゲームファイン」にも対応し、6種類。

7.洗練されたデザイン

(1)業界最薄29mm奥行き寸法とアルミダイキャストの新デザインスタンド

 最小限の要素で最大限の存在感を実現する、新しいスリムミニマルデザインを採用しました。「47Z2」のテレビ本体の奥行き寸法は、業界最薄の29mmを実現しました。また、卓上スタンド部は、フロントビューに浮遊感を与えるアルミダイキャスト製の新デザインを採用しています。

(2)ホコリの付着を抑える「ホコリクリア」

 前面キャビネットには帯電防止材によりホコリの付着を抑制する「ホコリクリア」を採用しました。汚れも定着しにくくなり、お掃除の頻度や手間を低減します。

(3)スリムボディでも高音質を実現するスピーカー

 スリムボディながら高音質を実現する左右各2個のフルレンジスピーカーと中低音用の厚さ12mm薄型ウーファーによる5スピーカー構成注29を採用しました。また、原音をより忠実に再生するために、スピーカーから発生する音響パワーを測定し、周波数特性をフラットに補正する音響パワーイコライザー「CONEQTM注30を採用しています。自然な音場と明瞭度の高い音質を再現します。

注29 「47Z2」「42Z2」のみ。「37Z2」はウーファー非搭載の4スピーカー構成。
注30 CONEQは、Real Sound Lab, SIA の商標です。

8.環境への配慮

(1)業界最小注31の年間消費電力量

 新開発の「レグザエンジンCEVO」とLEDバックライト採用の新IPSパネルとの相乗効果により、「47Z2」は業界最小の年間消費電力量116kWh/年を実現し、従来機注32と比較して年間消費電力量の約37%減を達成しました。また、「42Z2」は約29%減、「37Z2」は約27%減と、それぞれ従来機注32と比較して年間消費電力量を低減し、省電力化を実現しました。

注31  47V型以上の日本国内向けデジタルハイビジョン液晶テレビにおける年間消費電力量として。2011年3月2日現在、東芝調べ。
注32 「47Z2」は「47Z1」との比較、「42Z2」は「42Z1」との比較、「37Z2」は「37Z1S」との比較。

(2)大幅な軽量化を実現した本体質量

 「42Z2」は本体質量(卓上スタンド含む)16.0kgで、従来機注32と比較して約23%減の軽量化を達成しました。また、「37Z2」は約21%減、「47Z2」は約14%減と、それぞれ従来機注32と比較して本体質量の軽量化を実現しました。

(3)梱包箱のスリム化

 「37Z2」は梱包箱の厚さ約10cmを実現し、従来機注32と比較して容積で約44%減を達成しました。また、「42Z2」は約39%減、「47Z2」は約27%減と、それぞれ従来機注32と比較して梱包箱の容積を低減し、梱包箱のスリム化を実現しました。

(4)省エネ対応設計

以下の機能の搭載などさまざまな省エネ対応設計を行っています。

・「おまかせドンピシャ高画質3」機能
画面を常に最適な明るさにすることにより、余分な電力を抑えます。

・消費電力低減設定
画面の明るさを抑制し消費電力を低減します。

・無操作電源オフ機能
無操作状態が約3時間続くと、待機状態にします。

 ・無信号電源オフ機能
外部入力選択時に無信号が約15分間続くと、待機状態にします。           

(5)資源の有効利用  

テレビ本体への自己循環の再生プラスティックやポリ乳酸系の植物性由来樹脂の使用、材料のリサイクルを容易にするため25g以上のプラスティックに材料表示を行うなど、リサイクル対応設計を行っています。なお、ポリ乳酸系の植物性由来樹脂はとうもろこし100%を原料として製造されているため、石油資源の使用量の節約とCO2排出削減にも貢献しています。

(6)化学物質管理の徹底

新商品では「EU-RoHS指令注33」、「J-Moss注34」に適合しています。

注33 RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
注34 J-Moss:電機電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格(JIS C 0950)の略称です。

当社グループの環境ビジョンについて

当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

添付資料

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

東芝テレビご相談センター
一般電話用フリーダイヤル : 0120-97-9674
*フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話用ダイヤル    : 0570-05-5100
*携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
商品情報掲載ホームページ
http://www.toshiba.co.jp/regza/

 
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。