Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

映像事業とパソコン事業を統合し地域別組織に再編

新興国市場での販売力・ブランド力を強化
2011年03月28日

 当社は、4月1日付で、液晶テレビやハイビジョンレコーダーなどの映像事業を管轄する「ビジュアルプロダクツ社」と、パソコン事業などを管轄する「デジタルプロダクツ&ネットワーク社」を統合し、「デジタルプロダクツ&サービス社」を新設します。

 今回の組織改正は、成長著しい新興国市場開拓の加速とグローバル市場でのテレビ・パソコン・スレート端末の融合商品・サービスの創出に向け、スピードある事業運営を目的とします。そのために、従来の液晶テレビやパソコンなどを製品別に扱う体制から、地域ごとにこれらのデジタルプロダクツを横断的に扱う体制へ変更し、各地域の市場ニーズに応える商品開発やマーケティングをよりスピーディかつタイムリーに行います。

 「デジタルプロダクツ&サービス社」では、グローバルに映像事業とパソコン事業を展開している当社の強みを生かして、液晶テレビ、ハイビジョンレコーダー、パソコン、スレート端末などのデジタルプロダクツの設計開発、生産調達、販売・マーケティングを行います。特に今後著しく成長が見込まれる新興国市場での販売力・ブランド力を強化するとともに、調達・販売の効率化を図り競争力を高め、新興国売上台数比率を2013年度までに約50%まで引き上げることを目指します。

 また、今回の体制強化により、現在展開している「東芝プレイス(Toshiba Places)」注1や「レグザAppsコネクト」注2のような、さまざまなコンテンツをテレビ・パソコン・スレート端末で楽しめるサービスの開発を積極的に進めるとともに、プロダクツ間の連携を強化することで、国内や欧米市場の事業を強化していきます。

 あわせて、当社は、法人向けのネットサービス・ソリューション事業の強化のため、「デジタルプロダクツ&ネットワーク社」内のサーバ、ビジネス電話、IPネットワーク等を活用したソリューション事業と、インターネットサービス事業を管轄する「ネットワークサービス事業統括部」を統合し、デジタルプロダクツ事業グループ内に「ネットワーク&ソリューション統括」を新設します。

 当社は、今後も事業展開を加速させ、デジタルプロダクツにおけるグローバルトップメーカーを目指します。

注1
「dynabook」を幅広く活用していただくために、インターネットを活用して利用できる多種多様なコンテンツやサービスを用途別に分類したサイト。
注2
スマートフォンやスレート端末でテレビを楽しく便利にコントロールするサービス。

デジタルプロダクツ事業グループの組織再編の主な内容

 デジタルプロダクツ事業グループの組織再編の主な内容

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。