Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

南米における社会インフラ事業の強化について

統括会社発足により、2015年度の売上高2,000億円を目指す
2011年03月30日

 当社は、南米における社会インフラ事業をさらに拡大するため、変圧器の製造・販売などを行う「東芝電力流通機器ブラジル社」と開閉装置(AIS)の製造・販売などを行う「東芝電力流通システムブラジル社」を4月1日付で統合し、南米の社会インフラ事業を統括し、複数事業に跨る大型案件やスマートコミュニティ向けの受注活動にも対応できる新会社「東芝社会インフラシステム南米社」を発足させます。

 当社は南米における社会インフラ事業として、「東芝電力流通機器ブラジル社」と「東芝電力流通システムブラジル社」が主に送変電事業を展開してきました。今後、南米では、社会インフラを整備する事業が多く計画されており、2014年のサッカーワールドカップや2016年の夏季オリンピック開催を控えたブラジルでは、政府による経済成長加速化プログラムにより発電や送電などのエネルギー分野や道路、鉄道などの輸送分野などへ今年から2014年までに5千億米ドル以上の投資が行われる計画です。今後も高い経済成長率や急激な人口増加を背景として、南米における社会インフラに関連するシステムや機器に対する需要は、着実に増加すると見込まれています。

 このような背景の中、「東芝社会インフラシステム南米社」は、南米地域における当社の社会インフラ事業を統括する拠点として、送変電事業などの電力システム事業、交通システム事業、モータ・インバータ事業などを展開します。さらに、複数事業に跨る大型案件やスマートコミュニティ向けの受注に対応するための専属組織を設置し、拡大する社会インフラの需要にトータルソリューションで幅広く対応する体制を整えます。

 当社は「東芝社会インフラシステム南米社」を中心に南米における社会インフラ事業の積極展開を進め、2015年に同地域における社会インフラ事業の売上高を現状の約8倍の2,000億円を目指します。

注:気中絶縁開閉装置(AIS:Air Insulated Switchgear)

 新会社の概要 

1.社名 :東芝社会インフラシステム南米社(Toshiba Infrastructure Systems South America Ltd.)
2.代表者

:Luis Carlos Borba(ルイス カルロス ボルバ)
(現東芝電力流通システムブラジル社 社長)

3.資本金 :22,000万レアル(約108億円)
4.合併期日 :2011年4月1日(予定)
5.所在地 :ブラジル ミナスジェライス州 コンタジェン市(発足時)
(サンパウロ州サンパウロ市へ移転予定)
6.従業員数 :約2,300名
7.事業内容 :送変電事業、電力システム事業、交通システム事業、モータ・インバータ事業ほか社会インフラシステム事業全般

 東芝電力流通機器ブラジル社の概要 

1.代表者 :Robson Tadeu Lage Alves(ホブソン タデウ ラージェ アルベス)
2.資本金 :8,700万レアル(約43億円)
3.設立 :2007年10月1日
4.所在地 :ブラジル国 ミナスジェライス州 コンタジェン市
5.従業員数 :約940名
6.事業内容 :電力用変圧器、柱上トランス、レギュレータの製造・販売

 東芝電力流通システムブラジル社の概要 

1.代表者 :Luis Carlos Borba(ルイス カルロス ボルバ)
2.資本金 :12,600万レアル(約62億円)
3.設立 :2008年12月1日
4.所在地 :ブラジル国 パラナ州 クリチバ市
5.従業員数 :約1,360名
6.事業内容 :AIS機器の製造・販売及び送変電プロジェクトに関わる機器を含む土木・据付・エンジニアリング事業
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。