Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

地域・ビル・家庭のエネルギーマネジメントシステムの実証事業を受託

経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証事業」に採択
2011年04月01日

 当社は、昨日、経済産業省が公募した「平成23年度次世代エネルギー・社会システム実証事業」において、環境に配慮した都市の実現に向け横浜市が推進している「横浜スマートシティプロジェクト(以下、YSCP)」の参加事業者として、地域・ビル・家庭のエネルギーマネジメントシステム(EMS)や蓄電池などの7つの事業について、2011年度分として採択を受けました。

 YSCPは、経済産業省が昨年公募した「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に採択されたプロジェクトの一つで、横浜市や当社などの民間企業が推進しています。2010年度はEMSの基本アルゴリズムやインターフェースの検討、実証スキームの具体的な構築などを行いました。

 今回当社が参加する実証事業は、地域全体(CEMS)、ビル(BEMS)、家庭(HEMS)のそれぞれのエネルギーマネジメントの実証に関するものです。EMSの中核であるCEMSは、当社が中心となって、太陽光発電などの再生可能エネルギーが大量導入された際の地域エネルギーの最適利用を実現するシステムの開発及び実証を行います。
  今回実証を行うのは、横浜市のみなとみらい21、港北ニュータウン、横浜グリーンバレーエリアを中心とした地域で、国内最大規模のエネルギーマネジメントシステムの実証事業となります。それぞれの実証事業は2011年度から2014年度まで行う予定です。

 本実証の実施により、大都市において再生可能エネルギーが大量導入された際の地域エネルギーの最適利用方法や、より低いコストで、省エネルギーおよびCO削減を実現する仕組みの構築および技術の確立を図ります。特に、大規模な実証実験を行うことで得られる、年間電力使用量の2割強を占める家庭での節電行動のあり方を今後開発するシステムに積極的に適用していきます。

 当社は、地域、ビル、家庭全てのエネルギーマネジメントの実証事業に参画することで、スマートコミュニティの技術開発を加速し、積極的に事業拡大を推進するとともに、低炭素社会の構築に貢献していきます。

添付資料

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。