Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

世界初、想定外の機器に接続されると瞬時にデータを無効化する2.5型HDDを製品化

-デジタル複合機やパソコンなどIT機器からの情報漏えいを防止-
2011年04月13日

 

瞬間無効化技術搭載 2.5型ハードディスクドライブ「MK6461GSYG」の画像

 当社は、世界で初めて注1、想定外の機器に接続されると記録データを瞬時に無効化する機能を搭載した2.5型HDD(ハードディスクドライブ)として、640 GB記憶容量の「MK6461GSYG」など5機種を製品化し、6月下旬から量産を開始します。HDD盗難による情報漏えい防止策や廃却時などのデータ無効化に有効な製品として、デジタル複合機をはじめ、POSシステムやパソコンなど用途に応じた利用が可能です。なお、HDDのサンプル出荷は4月下旬から開始します。

 新製品は、HDDへの電源供給が断たれた場合にデータを瞬時に解読不能にするという、暗号化技術を応用した当社独自の技術をベースに、より汎用性を持たせたセキュリティ機能を搭載しました。HDD本体が、搭載されたデジタル複合機やPOSシステム、パソコンなどの機器と認証を行い、あらかじめ決められた機器以外のシステムからアクセスされた場合に、自動でデータを無効化します。

 現在、情報漏えいの防止策として多く採用されている暗号化機能を搭載したHDD では、搭載機器からの指示でのみデータの無効化が可能ですが、新製品では搭載機器からの指示がなくても自動的にデータを無効化できるため、HDD盗難に対しても情報漏えい防止が図れるようになります。

 当社は、デジタル複合機、POSシステム、パソコンなど向けに、本製品をラインアップし、高度なセキュリティレベルを要求されるお客様のニーズに応えるとともに、今後、この技術を応用したSSDの製品化も検討していきます。さらに、東芝ブランドでも本製品を搭載したデジタル複合機、POSシステム、パソコンなどを企業向けに展開していくことで、ICT(Information and Communication Technology)社会における情報セキュリティ強化を推進し、安心・安全な社会の実現を目指します。

注1
2011年4月13日現在。(東芝調べ)

新製品の概要

型名

記憶容量

特長

MK6461GSYG

640GB

想定外の機器との接続時にデータを自動で無効化する機能を搭載

MK5061GSYG

500GB

MK3261GSYG

320GB

MK2561GSYG

250GB

MK1661GSYG

160GB

製品化の背景とねらい

 近年、パソコンやデジタル複合機などに搭載されるHDDでは、盗難等による情報漏えい防止をはじめ、リース期間終了時や廃却時におけるHDD内の残存データの無効化作業の迅速化が課題となっています。これまで、HDD内のデータ無効化には、磁気破壊などの物理的な方法やデータ上書きなどの方法がありましたが、専用設備や処理に長時間を要するなど改善の余地があったうえ、HDD盗難の場合にはデータの無効化ができないという問題がありました。

 昨年、当社はHDDへの電源供給が遮断された場合に自動でデータを無効化する技術を開発しましたが、今回、実際の機器使用シーンをより検証し、データ無効化の要件として電源供給の遮断のほか、あらかじめ決められた機器との認証を追加することで、より実用的なHDDとして製品化しました。当社独自の「Wipe technology storage(ワイプテクノロジーストレージ)」製品として、高度なセキュリティに対するユーザーの幅広いニーズに応えることで、シェア拡大を図ります。

新製品の主な特長

1.想定外の機器との接続時にデータを自動で無効化

HDD本体が、搭載されたデジタル複合機やPOSシステム、パソコンなどの機器に対して認証を実施します。機器認証にはチャレンジレスポンス方式注2を採用しており、HDD自身が搭載機器を判定し、想定外の機器に接続された場合は、HDD自身がディスク上に記録された暗号化データの解読に必要な「暗号鍵」を自動で消去し、データを瞬時に解読不能にすることで無効化します。

注2
認証の際の交信手法。乱数を利用して毎回異なるデータの送受信を行うため、第三者による認証コードの盗聴を防ぐことができる。
HDDを瞬間無効化することで漏えいを防止するイメージ図
 

2.用途に応じた機能設定が可能

本製品はお客様の用途に応じて3種類のモード設定が可能です。さらに、それぞれのモードにおいて「無効化するエリア」と「無効化せずに暗号化状態で保存するエリア」を設定できます。これらの設定をHDD上のエリアごとに組み込むことで、装置に適した情報漏えい防止が図れます。

【3種類のモード】

・ 搭載機器からの指示でデータを無効化するモード
・ 電源供給が遮断されたときにデータを無効化するモード
・ 想定外の機器に接続されたときにデータを無効化するモード(今回開発した技術)

3.環境への配慮

(1)RoHS指令への適合と本体全体のハロゲンフリー、アンチモンフリーを実現

 2006年7月施行のEU(欧州連合)RoHS指令に適合しています。また、ハロゲンフリーを実現し、塩素および臭素を対象として、濃度を自主基準値以下(それぞれ900ppm以下で合計1,500ppm以下)に管理しています。さらに、アンチモンも1,000ppm以下に管理し、アンチモンフリーを実現しています。

(2)ストレージ再利用、廃却での環境対策メリット

 従来、機器リース後の返却時や機器廃却の際には、保存されているデータを無効化するために、複数回の上書き処理、または物理的破壊を行う等、データ無効化に数時間かかっていました。本製品はデータ無効化を瞬時に行うことが可能なため、作業時間短縮による省エネ化、ストレージ再利用促進の効果が得られ、環境に配慮した製品となっています。

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

新製品の主な仕様

型名

MK6461GSYG

MK5061GSYG

MK3261GSYG

MK2561GSYG

MK1661GSYG

記憶容量

640GB

500GB

320GB

250GB

160GB

ディスク枚数

2

1

平均シーク時間

12msec

インターフェース

Serial ATA

インターフェース速度

3.0Gbps

回転数

7,200rpm

バッファ容量

16MB

外形寸法

(W)69.85mm×(D)100.0mm×(H)9.5mm

質量

115g(max.)

98g(max.)

エネルギー消費効率

0.0013

0.0016

0.0025

0.0032

0.0050

区分名

I

F

消費

電力

シーク時

2.3W (typ.)

リード/ライト時

2.1W (typ.)

暗号アルゴリズム注3

AES 256 ビット

Wipe technology機能

搭載

※ 1メガバイト(MB)は1,000,000バイト、1ギガバイト(GB)は1,000,000,000バイトで計算。

注3
AES(Advanced Encryption Standard)は米国商務省標準技術局(NIST)によって選定された標準暗号化方式。AESの鍵長は、128、192、256ビットの3つの長さが定義されており、鍵長が長いほど暗号強度は高くなる。

お客様からの商品に関するお問い合わせ先:

HDD事業部
TEL : 03(3457)2445
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。