Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

録画機能などの基本性能を大幅に向上させた
ブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」の発売について

2011年04月20日

  ブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ RD-BZ810」の画像

 当社は、フルハイビジョンの2番組同時長時間録画やダビング機能をはじめ、AVCHDカメラの映像取り込みなど、録画やネットワーク機能の基本性能を大幅に向上させたブルーレイディスクレコーダー「レグザ(REGZA)ブルーレイRD-BZ810/RD-BZ710/RD-BR610」の3機種を5月下旬から順次発売します。

 新商品「RD-BZ810/RD-BZ710」は、フルハイビジョンで長時間の2番組同時録画「W録」が可能で、番組を自動でチャプター分割する「マジックチャプター機能」についてもW録に対応しました。

 また、3機種とも液晶テレビ「レグザ」で録画した番組を手軽にブルーレイディスクなどに保存できる「レグザリンク・ダビング」機能注1についても、ディスク容量に収まるように自動で適切な記録レートを計算してダビングを実行するなど、録画機能を充実させました。その他、AVCHDカメラからの取り込みをはじめ、ブルーレイディスクに録画した番組のハードディスクへの書き戻しやW録中のブルーレイディスク再生を可能にするなど、大幅に基本性能を向上させています。

 さらに、業界で唯一注2外付けUSBハードディスク録画に対応する「レグザブルーレイ」の操作性の向上として、USBハードディスクのナビ画面上からのクイックメニューによるドライブ切り換えを可能にし、録画したタイトルの再生や編集の使い勝手を大幅に向上させるとともに、使用可能なUSBハードディスク1台あたりの最大容量も4TBに増加しました注3

注1
「レグザリンク・ダビング」機能搭載の液晶テレビについては、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/link/)をご覧ください。
注2
ブルーレイディスクレコーダーにおいて。2011年4月20日現在。東芝調べ。
注3
登録できる台数は8台。複数のUSBハードディスクを同時に接続することはできません。なお、本機で登録したUSBハードディスクは、登録を行った本機以外では使用できません。動作確認済みUSBハードディスクについては、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/rdstyle/)をご覧ください。

新商品の概要 

商品名

形名

内蔵HDD

価格

発売時期

 

ブルーレイディスクレコーダー

「レグザブルーレイ」

RD-BZ810

1TB

オープン価格

5月下旬

RD-BZ710

500GB

オープン価格

5月下旬

RD-BR610

500GB

オープン価格

5月下旬

 商品化の背景と狙い 

 地デジの普及とともに、ブルーレイディスクレコーダーにも、フルハイビジョン画質での長時間録画をはじめ、ハードディスクに録り溜めた番組などを効率よくブルーレイディスクにダビングしたり、ビデオカメラでハイビジョン録画した映像もブルーレイディスクに残したいなど、さまざまな機能が求められています。
 当社はこのようなニーズに対応するため、外付けUSBハードディスクによる録画が可能で、フルハイビジョンの長時間2番組同時録画をはじめとする多彩な録画機能やネットワーク機能が搭載されたハイスペックのブルーレイレコーダーをラインアップすることでユーザーニーズに応え、さらなるシェアアップを図ります。

 新商品の主な特長 

1.業界で唯一USBハードディスク増設に対応

 大容量のハードディスクを搭載し、業界で唯一、増設用に外付けUSBハードディスクの接続も可能です。1台当たり最大4TBの外付けUSBハードディスクを8台まで登録ができ、ハードディスクをケーブルでつなぐだけで、手軽に録画容量を増加できます注4。USBハードディスクに録画したタイトルについても、ボタンひとつで本編部分だけを再生する「おまかせプレイ」や録画中の番組も再生できる「追っかけ再生」などが可能です。また、新たにナビ画面表示時でもクイックメニューからのドライブ切り換えも可能になりましたので、USBハードディスクに録画したタイトルの再生や編集操作がよりスムーズに行えます。

注4 複数のUSBハードディスクを同時に接続することはできません。

2.AVCHDカメラの映像取り込みに対応

 AVCHDカメラを前面のUSB端子に接続すると「取込ナビ」が自動的に起動し、簡単に取り込みができます。スタートメニューから「取込ナビ」画面を起動して、カメラやディスクから取り込むことも可能です。「取込ナビ」画面上では、撮影したビデオカメラの映像がサムネイルで一覧表示されるので、残したい映像を選んでハードディスクに取り込むことができます。取り込んだ後に、レグザブルーレイならではの編集機能を使って編集し、BD-Rなどのディスクへダビングができます。

3.フルハイビジョン長時間W録注5&高速MPEG4AVCトランスコード

 MPEG4AVCによるフルハイビジョン長時間録画が、新たに2番組同時録画にも対応し、最大10倍注6の長時間録画モードで録画ができます。また、ハードディスクからディスクへのダビングやハードディスク内変換時は、より長時間の15倍の長時間モードが使えます。さらに、DR録画したタイトルをハードディスク内でAVC変換する高速トランスコードも、従来最高2倍だった速度を最高3倍注7に向上し、より早い画質変換を実現しました。

注5
フルハイビジョン長時間W録はW録モデル「RD-BZ810/BZ710」のみ対応です。
注6
BSデジタル放送のハイビジョン映像(24Mbps)をDR記録した場合と、AEモード(2.4Mbps)で記録した場合の比較。解像度は変化しませんが、長時間録画にすればするほどノイズが目立つなど画質は劣化します。画質の劣化は録画する映像の種類によって異なります。なお、1回の最長連続録画予約時間は23時間59分以下です。
注7
DRモードで録画したタイトルを3.4Mbps以上のAVC録画タイトルに変換する場合。映像によっては2倍になることがあります。

4.液晶テレビ「レグザ」の録画番組をディスク容量に収まるようにダビングできる「ぴったりダビング」機能を搭載 

 当社の液晶テレビ「レグザ」注8でUSBハードディスク(市販品)などに録画した番組をLANやイーサネット対応ハイスピードHDMIケーブルを使ってダビングし、ブルーレイディスクやDVDにダビングして残すことができる「レグザリンク・ダビング」機能も搭載、新たに「ぴったりダビング」が選べるようになりました。録画した番組をディスクにダビングする際、ダビングしたいタイトルがディスク残量に収まりきらない場合は、自動でディスクにぴったり収まるように適切な記録レートでダビングを実行します。

注8
「レグザリンク・ダビング(ぴったりダビング)」対応テレビについては、ホームページ(http://www.toshiba.co.jp/regza/link/)をご覧ください。なお、HDMIケーブルでのダビング機能に対応したレグザはX2/XE2/Z2/ZG2/ZP2シリーズです、ぴったりダビングが可能な時間には制限があります。

5.録画・再生や編集の使い勝手も向上

(1)多彩なディスクの再生・記録に対応

 市販のブルーレイディスクやブルーレイ3Dディスク、 DVD/CDの再生、およびBD-R/R DL、BD-RE/RE DL、DVD-R/R DL、DVD-RWへの記録とその再生に対応しています。また、DVDディスクにフルハイビジョン映像を記録できる「AVCRECTM」を搭載し、AVC録画したタイトルだけでなく、DR録画したタイトルについてもDVDに記録ができます。さらに、従来の「RDシリーズ」で録画した「HD Rec」のディスク再生も可能です。

(2)録画番組書き戻し機能を搭載

 ブルーレイディスクにダビングしたタイトルを再度レグザブルーレイのハードディスクへ高速ムーブすることができます。複数のディスクにダビングしたタイトルをハードディスク上に書き戻し、編集してからひとつのディスクにダビングするといった使い方が可能です。この時、書き戻した番組はコピーワンス扱いになりますが、このコピーワンスの番組についてもプレイリストを作成し、プレイリストからブルーレイディスクやDVDにダビング(ムーブ)が可能です。

(3)Wマジックチャプター注9で快適再生   

 本編と本編以外を自動でチャプター分割する「マジックチャプター」機能注10について、2番組同時の動作を可能にすることで、編集作業もよりスピーディーに進められます。

注9
WマジックチャプターはW録モデル「RD-BZ810/BZ710」のみ対応です。
注10
内蔵チューナーのVR録画時にはマジックチャプターは動作しません。また分割点がずれたり、本編中や本編以外の場所で分割されてしまう場合もあります。
(4)超解像技術採用の「レゾリューションプラスXDE」で高画質再生

 東芝独自の高精細技術「レゾリューションプラスXDE」を搭載、アンダーシュート、オーバーシュートといった映像波形の歪みの影響を抑え映像を高精細化します。先鋭化処理によりDVDソフトはもちろん、ハイビジョン放送、ブルーレイディスクソフト、さらに長時間モードで録画したタイトルも高画質の映像で再現注11します。ブルーレイ3Dディスクやサイド・バイ・サイドの3Dコンテンツもより高画質で楽しめます。

注11
さまざまなコンテンツをハイビジョン(720p/1080i/1080p)に迫る画質にアップコンバートできますが、元のコンテンツがハイビジョンでない場合、完全なハイビジョンになるわけではありません。効果は、コンテンツの品質、テレビまたはモニターの能力、設定またはモードによって異なります。また、コンテンツによってはノイズが発生する場合があります。
(5)W録時でもブルーレイディスクの再生が可能

 W録中やダビング中の動作制限を緩和しました。ハードディスクに2番組同時録画しているときでも、ブルーレイディスクソフトや録画番組を記録したブルーレイディスクを再生できます。「RD-BR610」の場合、内蔵チューナーの番組録画とスカパー!HD録画のW録中にブルーレイディスクの再生が可能です。

(6)ブルーレイディスクへの高速コピーダビング中に録画番組の再生が可能

 ハードディスクに録画した番組をブルーレイディスクに高速コピーダビング中でも、ハードディスクに録画した別の番組を再生できます。

6.環境への配慮

(1)「未使用時自動電源OFF」機能による消費電力の削減

 電源を消し忘れた際に自動的に電源が切れるまでの時間が設定できる「未使用時自動電源OFF」機能を搭載しています。一定時間操作をしなかった場合、自動で電源が切れるので、無駄な電力消費を抑えられます。

(2)環境を考えた梱包箱を採用

 梱包箱の印刷に使う情報を必要最小限に絞ることで、印刷面積やインクの使用量が少ない梱包箱を使用しています。

(3)化学物質管理の徹底

 「レグザブルーレイ」は「EU-RoHS指令注12」に適合しています。また、プリント基板実装工程での無鉛はんだの採用や梱包材料からのPVC(塩ビ)全廃を行っています。

注12
RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
(4)「レグザブルーレイ」の環境自主基準について

 「レグザブルーレイ」では、18項目の製品別環境自主基準を設定しています。
     URL: http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/eco/ecp.html
 新商品は、この自主基準に適合した環境調和型製品(ECP:Environmentally Conscious Products)です。

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
 当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。
 詳細は以下をご覧下さい。
URL:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

 新商品の主なハードウェア仕様 

形名

RD-BZ810

RD-BZ710

RD-BR610

HDD
容量

1,000GB(1TB)

500GB

500GB

再生可能メディア

・内蔵ハードディスク、USBハードディスク

・BD-ROM、BD-R/-R DL Ver 1.1/1.2/1.3、BD-RE/-RE DL Ver 2.1

・DVD-R/-R DL(Video/VR/AVCRECTM/HD Rec)、

 DVD-RW(Video/VR/ AVCRECTM/HD Rec)

*DVD-RW Ver.1.0は使用できません。

 DVD-RAM(VR/ AVCRECTM/HD Rec)

*カートリッジタイプのDVD-RAMは、そのまま使うことはできません。カートリッジから取り出してお使いください。

・DVD-Video ・音楽CD ・CD-R/RW(CD-DAフォーマット)

記録可能メディア

・内蔵ハードディスク、USBハードディスク

・BD-R Ver 1.1/1.2/1.3(最高約4倍速)、BD-R DL Ver 1.1/1.2/1.3(最高約4倍速)

・BD-RE Ver 2.1(最高約2倍速)、BD-RE DL Ver 2.1(最高約2倍速)

・DVD-R for General(最高約6倍速)(Video/VR/AVCRECTM)

・DVD-R DL for General(最高約4倍速)(Video/VR/AVCRECTM)

・DVD-RW(最高約4倍速)(Video/VR/AVCRECTM)

 *DVD-RW Ver.1.0は使用できません。

映像DAC

12bit/148MHz

音声DAC

192kHz/24bit

チューナー

地上デジタル放送×2、BSデジタル放送×2、110度CSデジタル放送×2 (BR610はいずれも1)

入力端子

映像入力1、S1映像入力 1、2chアナログ音声入力1

出力端子

D1-4映像出力1、映像出力1、S1映像出力 1、

デジタル光音声出力1、2chアナログ音声出力1、

HDMI®出力(1080/60p・24p対応、ディープカラー出力対応)1

アンテナ端子

地上デジタル入出力、BS・110度CSデジタル入出力

その他
端子

USB端子2(前面:AVCHDカメラ/USBキーボード/BD-LiveTMメモリ用1、背面:USBハードディスク用1)、LAN端子1、i.LINK(TS)/DV入力1 ※BR610は非搭載

制御端子1(スカパーかんたん予約連動/CATV連動)

本体消費電力

動作時:35W

動作/BSアンテナ・

USB電源供給時:49W

待機時:0.05W

待機/アンテナ出力切替入時:1.3W

高速起動待機時:1.0W

高速起動待機/アンテナ出力切替入時:1.6W

動作時:34W

動作/BSアンテナ・USB電源供給時:47W

待機時:0.05W

待機/アンテナ出力切替入時:1.3W

高速起動待機時:1.0W

高速起動待機/アンテナ出力切替入時:1.6W

動作時:31W

動作/BSアンテナ・

USB電源供給時:44W

待機時:0.05W

待機/アンテナ出力切替入時:1.3W

高速起動待機時:1.0W

高速起動待機/アンテナ出力切替入時:1.6W

外形寸法

W430×H80×D335mm(突起部含む) ※BR610のみD333mm

W430×H80×D326mm(突起部含まず)  ※BR610のみD324mm

本体質量

4.8kg

4.7kg

4.5kg

付属品

ワイヤレスリモコン、シンプルリモコン、リモコン用電池、同軸ケーブル、映像・音声接続コード、B-CASカード、取扱説明書

●HDMI®は、HDMI Licensing, LLCの登録商標です。 ●Blu-ray DiscTM (ブルーレイディスク)、Blu-rayTM (ブルーレイ)、Blu-ray 3DTM、BD-LiveTM、およびAVCRECTMはブルーレイディスク アソシエーションの商標です。 ●その他の本記事に記載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。 ●インターネットのサーバーを使用して提供されるサービスは、お客様への予告なく一時的に停止したり、サービス自体が終了される場合がありますので、あらかじめご了承ください。●ディスクはデータの作りかた、ディスクの状態によって再生または録画できないものがあります。 ●本機で録画したDVD-R、DVD-RWは互換性のないDVDプレーヤー等では再生できません。 ●本機で作成したDVD-R/RW (Videoモード) ディスクはDVD-Video 規格に準拠していますが、すべてのプレーヤー等(当社・他社含む)での正常な再生については保証していません。 ●録画・録音したものは個人として楽しむなどのほかは、著作権法上権利者に無断で使用できません。 ●商品の仕様・外観は予告なく変更する場合があります。●番組表について:インターネットから番組情報を取得するには、インターネットの常時接続環境が必要です。 ●すべての外部接続機器での正常な動作については保証していません。 ●実際の書き込み速度はドライブ速度よりも落ちる場合があります。  ●HDDはその部品の特性のため、ご使用状況に応じて次第に消耗し、不自然なブロックノイズの発生回数が増えていきます。消耗がひどくなり、使用に際して支障のある場合には、HDDの交換 (有償) が必要となります。 ●HDDへの長期保存はお勧めできません。たいせつな録画内容は、こまめにディスクにダビングしてください(DVDディスクの保存性能を保証するものではありません)。失われた録画内容の復旧や補償はいたしかねます。 ●HDDの容量は1GB=10億バイト、1TB=1,000GBで計算しています。●その他の社名や製品名は各社の商標または登録商標です。
●地上アナログテレビ放送とBSアナログテレビ放送は2011年7月24日までに終了することが、国の法令によって定められています。

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

  東芝DVDインフォメーションセンター 
    一般電話用フリーダイヤル      TEL 0120-96-3755
     *フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
    携帯電話用ダイヤル          TEL 0570-00-3755
     *携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
  商品情報掲載ホームページ:http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。