Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

韓国 三陟超々臨界石炭火力発電所向け蒸気タービン発電設備の受注について

2011年05月17日

  当社は、韓国の現代建設と共同で、韓国南部発電株式会社から、三陟超々臨界石炭火力発電所向け蒸気タービン発電設備を受注しました。

  今回、当社が受注した火力発電設備は、発電効率が高く環境負荷の低減にもつながる超々臨界圧方式の出力100万キロワット蒸気タービン発電設備2基です。2013年以降順次納入し、韓国で初めて運転を開始する100万キロワット級超々臨界圧方式発電所となります。なお、運転開始は2015年半ば以降順次行われる予定です。

  石炭火力発電は、石炭の燃焼により、ボイラーで発生させる蒸気を、高温高圧にするほど効率が高くなります。超々臨界圧方式は、600℃クラスの高温、25MPaクラスの高圧蒸気で発電を行います。
  当社は、超々臨界圧方式の蒸気タービン発電設備について、国内10基、海外13基の受注実績があります。今回の受注は、客先から当社の高効率な発電性能及び経済性、豊富な実績に裏付けられた技術的信頼性などが評価されたものです。

  韓国では高い経済成長率を背景に、電力需要が堅調に増加しており、現在76ギガワットの発電容量を2020年までに100ギガワット以上に増量させる計画で、そのうち火力発電は55%以上を占める見通しです。

  今後、当社では、電力需要が増加している韓国における同種プロジェクトでの更なる受注を目指すとともに、超々臨界圧火力発電所の建設需要が高いアジア市場などでも、火力発電設備の受注活動を強化していきます。

受注概要 

(1)プロジェクト名:三陟(サムチョク)超々臨界石炭火力発電所
(2)所有者:韓国南部発電株式会社
(3)所在地:韓国江原道三陟市
(4)納入設備:100万キロワット超々臨界方式蒸気タービン、発電機 2セット

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。