Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

工場やビルの使用電力量をリアルタイムで収集する「使用電力見える化クラウドサービス」を発売

東芝グループの東京電力・東北電力管内主要拠点で6月中旬以降順次導入
2011年05月19日

  株式会社東芝および東芝ソリューション株式会社は、今夏の導入が検討されている総量規制対応として、使用電力の抑制に向けて、企業や組織全体の使用電力を自動集計し、リアルタイムで「見える化」する「使用電力見える化クラウドサービス」を本日から本格的に営業活動を開始します。電力使用の大きい大口需要家などを中心に6月中旬から提供していきます。なお、当社グループは東京電力および東北電力管内で本サービスを6月中旬から順次導入していき、当社グループ全体でピーク電力削減を図ります。

  今夏、各企業や施設ではピーク電力使用時における電力使用量の削減が求められており、電力不足に向けた対策が企業の生産・研究活動、職場環境に与える影響は大きく、重大課題となっています。そのような中、複数拠点の電力使用の状況を一括管理し、きめ細かく「見える化」することで、組織全体の電力使用量削減の影響を最小限に抑える取組みが必要となります。

  「使用電力見える化クラウドサービス」は、各拠点の電力使用量を1分~30分周期で測定し、インターネット経由でデータセンターに送信、自動集計することにより、リアルタイムで企業全体での電力の使用状況の「見える化」を実現します。各拠点に電力量計および電力センサー、ゲートウェイなどの計測ユニットを設置するだけでサービスの利用が可能で、迅速にサービスを導入することができます。また、顧客の施設内の分電盤やコンセント単位の細部の計測からビルや工場・各種施設の電気設備との接続による大型の計測までの様々な計測手段を用意しています。

 本サービスは主に大口需要家を対象としてサービスを開始します。料金については、1サイトあたり月額36,000円(税抜)から提供する予定です。今後、連携するセンサーの拡充や、設備機器の監視システムやエネルギー管理システムとの連携、継続的な需要抑制・省エネのためのより高度なエネルギーマネジメントシステムへの拡張などについても対応する予定で、より多くの顧客へサービスの提供を拡大していきます。

 東芝グループでは、本社ビルや府中事業所、岩手東芝エレクトロニクス株式会社など東京電力管内および東北電力管内の約40拠点で順次計測ユニットを設置していき、6月末までに同管内のピーク時総電力の約9割をカバーすることで取組んでいます。本サービスの導入により、各拠点の電力使用量をリアルタイムに把握・評価し、電力使用予測に基づく工程管理の策定や緊急時には拠点間で電力使用を調整するなど、迅速な対策を講じる体制にすることで、東芝グループ全体でピーク電力削減を図ります。

 株式会社東芝および東芝ソリューション株式会社は、本サービスの提供により企業や各施設の節電に役立てることで、省エネ社会の実現、スマートコミュニティの具体化に貢献していきます。

「使用電力見える化クラウドサービス」の特長

1)組織全体から事業場毎、建屋・フロア毎、設備・機器毎等のきめ細かな電力の見える化により、経営者層などの管理者が自ら節電指示や操業計画等の作成が可能(エグゼクティブエナジービュー)
2)詳細な時間間隔(1分間隔~30分間隔)での見える化、節電目標設定機能(上限値に近づいた際の自動警報メール送信)等により需要抑制計画の作成を支援
3)リアルタイムでの電力見える化により、節電施策の成果検証と即時の節電対応等を支援
4)クラウドサービスによる短期間でのシステム導入
5)実績のある監視システムをベースとした高品質で安定したサービス提供

使用電力見える化サービス概念図画像

本件に関するお問い合わせ先:

株式会社 東芝 スマートコミュニティ事業統括部 担当:森
TEL : 03(3457)3036

東芝ソリューション株式会社 製造ソリューション営業事業部 担当:村川・浜本
TEL : 03(3457)4362
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。