Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

韓国の風力発電機器メーカーとの業務提携および転換社債の引受について

風力発電システム事業に参入
2011年05月23日

  当社は、韓国の風力発電機器メーカーのユニスン社と風力発電機器の共同開発や販売などにおける業務提携について合意に達し、本日覚書を締結しました。同時に、ユニスン社の転換社債400億韓国ウォン(約30億円)分を引受けることを予定しており、諸手続を開始しました。当社はユニスン社との業務提携および転換社債の引受により風力発電システム事業に参入します。

  近年、環境意識の高まりにより、水力発電や太陽光発電、地熱などの再生可能エネルギー利用に対する需要が高まっています。風力発電は、欧米で普及が急速に進んでおり、今後中国やインドなどの新興国での需要が高まると予想されます。全世界での風力発電の設置容量は2008年の120GWから2020年には477GWと、約4倍に増えると見込まれています。当社は、そのようなニーズに対応するため、風力発電システム事業に参入します。

 ユニスン社は、韓国で最も歴史のある風力発電機器メーカーで、ギアがなく、耐久性の高い永久磁石同期型発電機を用いた「ダイレクトドライブ方式」の風車技術や高効率な羽根を持った風車に関する技術を保有しています。また、コスト競争力の高い製品を作ることができ、合計1,000MW分の豊富な製造能力を持っていることなどから、当社は業務提携を決定しました。

  今回の業務提携により、当社はユニスン社と販売提携を行い、当社拠点を通じ、ユニスン社の製品を積極的に拡販します。あわせて、ユニスン社と共同で,当社が持っている蒸気タービン向けの流体力学などの設計技術を風車の設計技術に応用し、より高効率な風車を共同で開発することについての検討を行います。

  当社は今回のユニスン社との業務提携を機に、世界各地で風力発電や水力発電、太陽光などの再生可能エネルギー事業を積極的に展開し、低炭素発電の拡大を推進していきます。

注:World Energy Outlook 2010調べ

ユニスン社(Unison Co.,Ltd)社の概要

1.設立 :1984年
2.代表者 :金 斗勲(キム ドゥフン)
3.所在地 :韓国・泗川(サチョン)市
4.事業内容 :風車、発電機などの風力発電機器事業、風力発電所の開発・建設・運用、船舶用シャフト、ベアリングなどの鍛造など
5.売上高 :約64億円(2010年)
6.従業員数 :約200名(2011年3月末時点)
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。