Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

中国・江西省共青城市におけるスマートコミュニティ技術実証事業への参画について

NEDOの日中共同プロジェクトの委託先に選定
2011年06月22日

 株式会社東芝、東芝ソリューション株式会社および東芝(中国)有限公司(以下、「東芝グループ」)は、他の共同提案した4社注1と共に独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が中国で実施する初のスマートコミュニティ実証事業の委託先として選定されました。

  本実証事業は、今後発展が見込まれる中国内陸部の江西省共青城市において、急速な人口増に伴う都市問題の解決策として、経済成長と低炭素化を両立させたスマートコミュニティに関する技術を実証します。具体的には、事前調査を行い、ビルや工場、家庭でのエネルギーマネジメントシステムや電気自動車・バスを用い、位置情報と連携させた効率的な交通運行管理システムの導入を検討します。また、今回の特徴として、個別システムで管理・制御するのではなく、コミュニティ全体で協調して制御する統合EMS注2の構築と実証を検討します。同市には、工業地区、商業地区、居住地区、観光地区の4つの地区があり、それぞれの特性を活かしたマネジメントのあり方を実証し、中小都市向けの先進的なスマートコミュニティモデルの確立を目指します。

  本実証事業は、株式会社東芝が全体を取りまとめ、東芝グループを含む他の6社と共同で事前調査を今年11月末まで実施します。その調査結果を踏まえた事業化評価を経て、実証事業のより具体的内容を決定します。なお、実証事業は2014年3月末まで実施する予定です。
  東芝グループは統合EMSのシステム構築および実証、太陽光発電システムや蓄電池等を導入したスマートグリッドシステムの関連技術の実証を単独で受託し、工場・ビルおよび住宅における環境改善や省エネルギーを実現する管理システムの実証、低炭素交通システム管理の実証については共同提案した各社と共同で受託します。

 東芝グループは、これまで「米国ニューメキシコ州における日米スマートグリッド実証」、「インドデリー・ムンバイ産業大動脈構想」、「フランス リヨン再開発地域におけるスマートコミュニティ実証事業」の他、「横浜市スマートシティプロジェクト」や「中国 天津市環境都市プロジェクト」など、国内外のスマートグリッド・スマートコミュニティ関連事業を受託しています。今後も事業受託に取組むことで、要素技術の確立に加え、国際標準化の取組みにも積極的に参画し、事業拡大を図っていきます。当社は、スマートコミュニティ事業を注力事業と位置づけ、2015年度に同事業で売上高9,000億円を目指します。

注1:今回委託先として選定された企業:東芝グループ3社の他、株式会社スマートコミュニケ―ションズ、伊藤忠商事株式会社、伊藤忠(中国)集団有限公司 、株式会社エヌ・ティ・ティ ドコモ。
注2:EMS:Energy Management System

今回の実証事業のイメージ図注3

 今回の実証事業のイメージ図

注3 出典:NEDO

今回の事業の概要

(1)実証地域  中華人民共和国江西省共青城市
(2)期間     2011年度~2013年度(事前調査期間は2011年11月末日まで)
(3)実証内容(東芝グループは1、3は単独受託、2、4は共同受託で担当予定)
  1.コミュニティ全体を協調して動作させ、効率的に計画・運用する統合EMS注2の構築および実証
  2.多様な都市活動全体の環境改善や省エネルギーを推進し、マネジメントするシステムの実証
  3.実証エリアに再生可能エネルギーを導入したスマートグリッド関連技術の実証  
  4.低炭素交通管理システムの実証

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。