Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ストレージデバイス事業の組織再編により開発・販売体制を強化

セミコンダクター社とストレージプロダクツ社を統合
2011年06月23日

 当社は、7月1日付で、ストレージデバイス事業の強化を目的として、NAND型フラッシュメモリ(以下、NAND)やコンシューマ向けソリッドステートドライブ(以下、SSD)を展開する「セミコンダクター社」と、ハードディスクドライブ(以下、HDD)やエンタープライズ向けSSDなどのストレージ事業を展開する「ストレージプロダクツ社」を統合し、新カンパニー「セミコンダクター&ストレージ社」を設立します。なお、新カンパニーは、統合前のセミコンダクター社と同様に当社の電子デバイスグループ傘下の組織になります。

 今回の組織改正は、当社が展開するHDD、SSD、メモリカードを含むNANDの3つのストレージデバイス事業を一体運営することで、競合環境の変化に対応した統合ストレージ事業体制を確立し、各製品の開発力向上や販売拡大することを目的としています。具体的には、顧客サポートの統合、エンタープライズ向け及びコンシューマ向けSSD開発一体化による効率向上と商品の差異化、販売窓口の一本化による営業力強化などを実現していきます。

 クラウド化などICT社会の環境変化にともない、モバイル向けでのSSDやNANDなどのストレージ需要、サーバーやストレージシステムでの高速なSSDや大容量HDD需要など、ストレージデバイス全体への需要が拡大しています。また、サーバーやストレージシステムにおいては、ストレージデバイスを用途に合わせて選択するだけでなく、HDDとSSDそれぞれの特長を生かし両方を組み合わせて使用することにより最適なストレージシステムを構築したい、というニーズが高まっています。当社はこれまでも、HDD、SSD、NANDの技術を有し、3事業すべてを展開する唯一の企業としてグローバルユーザーに向けて豊富なストレージデバイスのラインナップを提供してきましたが、今後は、SSD開発の一体化や販売窓口を一本化することで、こうしたユーザーの要求にも応えていきます。

 なお、今回の組織改正では、新カンパニー内にHDDやSSDなどを展開するストレージプロダクツ事業部を新設するほか、新たに、ストレージデバイス事業を一貫して戦略策定する統括部門としてストレージ戦略統括部を設置し、ストレージデバイスの最適ソリューションを提案していきます。

 当社は、今後も、効率的な事業運営、スピーディな商品開発やきめ細やかなソリューション提案を充実させ、ストレージデバイス事業におけるグローバルトップメーカーを目指していきます。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。