Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

次世代高密度磁気記録技術の開発に向けHDD技術センターを設立

-先行技術開発に加えて製造技術も強化-
2011年07月07日

 当社は、HDD(ハードディスクドライブ)における技術開発拠点として、7月16日付で新たに「HDD先行技術センター」と「HDD製造技術センター」を設立します。この両センターを拠点として、磁気ヘッドメーカーのTDK株式会社(以下、TDK)および磁気ディスクメーカーの昭和電工株式会社(以下、昭和電工)の2社の技術協力を得て、次世代高密度磁気記録技術開発を加速するとともに、製造技術の強化についてもTDKと協業し推進していきます。

 当社が世界に先駆け2004年に実用化した垂直磁気記録方式注1は、それまでの水平式磁気記録方式注2に比べ大幅な大容量化が可能なため、現在のHDDの主流となっていますが、その記録密度は1.6Gbit/mm(1Tbit/in)程度が限界と考えられており、さらなる高密度化については新たな技術開発が必要とされています。

 今回、HDDに特化した先行技術センターを新たに設立し、磁気ヘッドのサプライヤであるTDKおよび磁気ディスクのサプライヤである昭和電工と技術協調を図ります。具体的には、磁気記録を行う際にエネルギーを付加して記録しやすくする熱アシスト記録や高周波アシスト記録、信号を記録する磁性材をディスク上に島状に配置して、読み取り時に周りからのノイズを抑えるビットパターン記録など、次世代高密度磁気記録を実現する革新的技術の開発を加速します。
 さらに、先行技術を搭載したHDDの安定供給に向けては、製造技術センターという開発拠点を設け体制を強化することで、差異化商品をいち早く市場に投入していきます。

 今後も当社は、大容量のデータ保存を担う HDDの高密度化技術の開発を積極的に進め、HDD、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、メモリカードを含むNAND型フラッシュメモリ、これら3つのストレージデバイスをバランスよく展開し、ストレージを取り巻く環境変化に対応したソリューションを提案することで、業界におけるグローバルトップメーカーを目指します。

注1 メディアの面に対して、垂直方向に磁性材を磁化する磁気記録方式。
注2 メディアの面に対して、水平方向に磁性材を磁化する磁気記録方式。

 HDD技術センターの概要 

 

名称 

HDD先行技術センター / HDD製造技術センター

設立

2011年7月16日 

所在地

HDD先行技術センター:当社青梅ストレージプロダクツ工場内

HDD製造技術センター:当社青梅ストレージプロダクツ工場内

センター長

HDD先行技術センター:山本 耕太郎

              (現、青梅ストレージプロダクツ工場 参事)

HDD製造技術センター:田中 勉

                     (現、青梅ストレージプロダクツ工場 製造技術部長)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。