Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

産業革新機構とランディス・ギア社への共同投資に関する契約を締結

2011年07月25日

 当社は本日、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)と、スマートメーターの製造、販売を行うスイスのランディス・ギア社(Landis + Gyr AG、以下 L+G社)への共同投資に関わる契約を締結しました。
  この契約により、INCJは、スイスに新たに設立するL+G社の管理運営を行う持株会社に対して6億8000万米ドルを出資し、持株会社の株式の40%を取得します。この結果、当社の出資比率は60%、出資額は10億2000万米ドルとなり、L+G社の純負債額等6億米ドルを含めた当社の買収に伴う総費用は16億2000万米ドルとなります。

 当社は、5月19日のL+G社の全株式の取得に関する契約締結以降、資本パートナーとなる企業を募ってきました。INCJは環境やエネルギー等のインフラ関連分野において革新性を有する事業や海外企業の買収等による海外展開などに対して積極的に投資を行っており、L+G社買収を核としたスマートグリッド及びスマートコミュニティ事業のグローバル展開を目指す当社と方向性が一致したため、このたび共同投資に合意しました。当社は今後も、出資比率50%超を維持することを前提として、他の資本パートナーとなる企業を募っていきます。

 また、L+G社の株式取得に必要となる行政審査・認可手続き等が7月上旬に完了したことを受け、当初計画通り当社はL+G社の全株式取得を今月末に完了する見込みです。

L+G社の概要

 創業                    :1896年
  最高経営責任者 :社長 アンドレアス・ウンバッハ(Andreas Umbach)
  売上高                :約15億3,300万 米ドル(2010年)
  従業員数             :約5,000人
  本社所在地         :スイス ツーク(Zug)

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。