Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

無線LAN通信機能を搭載した世界初のSDHCメモリカード「FlashAirTM」を発売

2011年09月01日

Flash Air画像 

  当社は、世界で初めて注1無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir™」を商品化します。今年11月からサンプル出荷を行い、2012年2月から発売を開始します。なお、本製品を9月2日からドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2011」に出展する予定です。

 デジタルスチルカメラのユーザー間では、画像データを交換する機会が増えており、簡単に画像データを送受信したいというニーズが高まっています。そのような中、当社は無線LAN通信機能を搭載したSDメモリカードの開発を進めてきました。

 新製品は、無線通信機能を内蔵することで、「FlashAir™」に対応したデジタルスチルカメラ注2などの機器間で、パソコンを介さずにワイヤレスでファイルの送受信ができます。また、クラウドサービスへのアップロードやダウンロードも可能となります。さらに、画像データの送受信時のみ無線通信機能が起動するため、対応機器の消費電力を抑えることができます。
  「FlashAir™」非対応のデジタルスチルカメラに「FlashAir™」を入れた場合には、通常のSDHCメモリカードとして利用できるだけでなく、無線LAN通信機能を利用し、スマートフォンやパソコンなどの通信機能を持った機器上で、カメラの写真の再生やコピーが可能です。
  今後、「FlashAir™」は、日本、北米、ヨーロッパで無線の認証を取得予定です。

 当社は、SDメモリカードシリーズのラインアップを拡充することで、市場のニーズに応え、販売強化につなげていきます。

注1 2011年9月1日時点、当社調べ。
注2 現在、複数のカメラメーカーにて販売検討中。

新製品のおもな概要 

品名

容量

価格

(税込み)

サンプル出荷

開始時期

発売

開始時期

THNSW008GAA-A

8GB

オープン

2011年11月

2012年2月

 

無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir™」の発売延期について
(2012/2/28発表)
「FlashAir™」につきまして、当初今年2月からの発売を予定していましたが、販売準備の遅れにより、発売日を3月10日に延期させていただきます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 新製品のおもな仕様 

無線LAN規格

IEEE802.11 b/g/n

無線セキュリティ

WEP, TKIP, AES(WPA, WPA2)

カード容量

8GB

スピードクラス

Speed Class 6

対応データ形式

.jpg, .mpg, .rawなどのデータ形式

電源電圧

2.7~3.6V

動作温度・湿度

-25℃~85℃

 相対湿度 95% (温度25℃、結露しないこと)

外形寸法

32(L)×24(W)×2.1(T)(mm)

質量

約2g

注 製品の仕様は発表日現在の情報です。最新の情報については東芝SDカードHP「Pocket MediaTM
http://www.toshiba.co.jp/p-media/sd/index_j.htm をご覧ください。
注 SDHCメモリカードはSDHC対応機器でご使用ください。従来のSD対応機器ではファイルフォーマットが異なるため、SDHCメモリカードをご使用できません。
注 FlashAir™は、株式会社東芝の商標です。
注 SDHCロゴはSD-3C.LLCの商標です。

新製品に関するお客様からのお問い合わせ先:

メモリ営業推進統括部 メモリ新規ビジネス営業推進部
TEL : 03(3457)3451

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。