Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

世界最薄・最軽量のウルトラブック「dynabook R631」などの発売について

-国内メーカーとして初の市場投入-
2011年09月29日

 

dynabookR631の画像


 当社は、インテルコーポレーションが提唱する究極のパーソナルコンピューティングを目指す「Ultrabook™」(ウルトラブック)注1として、フロント部分で約8.3mm、最厚部でも約15.9mmの薄さと、重さ約1.12kgの世界最薄・最軽量注2を実現した「dynabook R631」など、「dynabookシリーズ」3機種8モデルを商品化し、10月上旬から順次発売します。「dynabook R631」は10月4日から開催される「CEATEC JAPAN 2011」の当社ブースで展示します。

 「dynabook R631」は、小型・低背部品を基板両面に配置する高密度実装技術と、ひねり対策としてパームレスト部注3にハチの巣形状のハニカムリブ構造を採用するなどの薄型筐体堅牢化技術により、薄型化と軽量化を実現しました。

 また、先進の第2世代インテル® Core™ i5-2467Mプロセッサーの搭載や128GBの高速SSD(Solid State Drive)注4の採用、さらにBIOS処理とプログラムの読み込みを最適化することにより起動時間が短縮する「東芝高速スタート」機能も搭載しています。約9時間注5の長時間バッテリー駆動を実現したほか、暗い場所でも入力しやすいバックライトキーボードの採用や、指一本で本体が浮き上がることなく液晶パネルが開けられるなどの使いやすさも向上しています。

  「Ultrabook™」は、インテルコーポレーションが提唱する、洗練されたデザインで業界最高水準の性能と応答性を備えた、かつてないほど薄くて軽いノートPCの新規カテゴリーで、今後一層の市場拡大が望まれます。当社は今回、国内メーカーとして初めてウルトラブック「dynabook R631」を投入します。

 専用メガネなしで3D映像注6を楽しめるグラスレス3DノートPC「dynabook Qosmio T851」と、スタンダードノートPC「dynabook T451」は、先進のCPUを搭載し、長時間駆動を実現する大容量バッテリーを採用するなどラインアップを強化しました。

 新商品は、事前の設定で、電力需要のピーク時間帯に入るとAC電源駆動からバッテリー駆動に自動で切り替わる「東芝ピークシフトコントロール」注7や、ワンタッチで節電モードに切り替わる「TOSHIBA ecoユーティリティ」、さらに起動時間を短縮する「東芝高速スタート」機能を搭載しています。また、家庭内のネットワークを介して液晶テレビ「レグザ」注8やブルーレイディスクコーダー「レグザブルーレイ」注9に録画したテレビ番組を楽しむ「レグザリンク・シェア」注10にも対応しています。この機能を実現する「CyberLink SoftDMA for TOSHIBA」は秋冬モデルの全機種に搭載注11しています。

 当社はこれからも、当社独自の高密度実装技術や薄型筺体堅牢化技術による薄型化や軽量化をはじめ、ユーザーの多様なニーズに応えるさまざまな機能を実現したデジタル製品を商品化していきます。

注1
Ultrabook™(ウルトラブック)はインテルコーポレーションの商標または登録商標です。
注2

13.3型ワイド液晶搭載機で一般に市販されているコンシューマー向けノートPCとして。世界最薄は、突起物を含まない最厚部の比較として。2011年9月、当社調べ。

注3
キーボード手前にある、手のひらを乗せる場所。
注4

SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記憶媒体とするドライブです。SSDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。

注5

JEITA測定法(Ver1.0)による値。駆動時間は使用環境及び設定などにより異なります。

注6

<3D視聴に関する注意>
1. 体調がすぐれないときは3Dの視聴はお控えください。
2. 視聴中に体調の変化を感じた場合は、すぐに視聴を中止してください。
3. 3D映像の見え方には個人やコンテンツにより差があります。
4. 3D映像の視聴年齢は、6歳以上を目安にしてください。
上記は注意事項の一例です。付属の取扱説明書もよくお読みいただき、注意事項などを十分にご理解の上、適切にご使用ください。

注7

プログラムのインストールおよび設定が必要です。

注8
対応機種:ZP3、Z3シリーズ。
注9
対応機種:DLNA®/DTCP-IP規格対応の「レグザブルーレイ」。
注10

  レグザやレグザブルーレイに録画したデジタル放送番組を家庭内の有線/無線LANを使って視聴する機能。
地上/BS/110度CSデジタル放送は、MPEG2-TS形式で録画している必要があります。

注11

「dynabook R731/38D」を除く。「dynabook T451、R731」はアップデートで対応予定。

 商品化の背景と狙い 

 「Ultrabook™」は、インテルコーポレーションが提唱する、現在のノートPCとタブレット端末の性能や機能を兼ね備えた究極のパーソナルコンピューターです。薄型・軽量で洗練されたデザインに、業界最高水準の性能と応答性、セキュリティ機能を備えた、フル機能の新しい製品カテゴリーであり、インテルコーポレーションは、2012年末までに消費者向けノートPC市場の40%を占める見込みと表明しています。
 この分野は、当社がこれまで長年にわたりノートPCの開発で培ってきた、高密度実装技術、薄型筺体堅牢化技術、省電力・長時間駆動技術、セキュリティ技術、高速起動を実現するBIOS技術などの差異化技術を最大限に生かせる分野であり、次世代のパーソナルコンピューティングを実現する商品として、国内メーカーとして初めてウルトラブック「dynabook R631」を市場投入します。

【インテルコーポレーション副社長 兼PC クライアント事業本部長 ムーリー・エデン氏のコメント】

 インテルは、国内メーカー初となる株式会社東芝の新製品「dynabook R631」の発表を歓迎いたします。「Ultrabook™」は、パーソナルコンピューティングを変革し、ユーザーに新しいモバイル体験を提供する新たなカテゴリーです。
 第 2 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを採用した東芝の「Ultrabook™」製品「dynabook R631」は、素晴らしいユーザー体験を実現する優れた機能を提供します。インテルは、東芝の革新技術、および「Ultrabook™」新製品の早期製品化を嬉しく思います。

 新商品の概要と特長 

1.ウルトラブック【dynabook R631/28D】 11月中旬から発売/オープン価格

 世界最薄・最軽量を実現し、高性能CPU、大容量128GBの高速アクセスを実現するSSDを搭載。さらに大容量バッテリーによる長時間駆動や入力しやすいバックライトキーボードの採用など先進機能と使いやすさを追求したウルトラブック。 

(1)豊富なインターフェース
 USB3.0を含む3つのUSBコネクタや、大画面の液晶テレビに出力できるHDMI端子、プロジェクターなどの外部モニターに接続するRGB出力端子など、豊富なインターフェースを装備しています。

(2)高音質技術
 本体フロント部分に大容量ボックススピーカーを内蔵したほか、低域や高域を適宜補正することでより原音に近い音質を再現する「TOSHIBA Audio Enhancer」の搭載により、従来のスリムノートPCにはない高音質を楽しめます。

(3)休止状態からの高速復帰
 休止状態からWindows®の復帰までを高速の約10秒注12で行うことができる「Intel® Rapid Start Technology」を搭載しています。スリープ状態よりもバッテリー保持時間を延ばすことができます。注13 

注12
秒数は出荷状態での最速値。
注13
出荷時の状態で有効に設定されています。スリープ実行後2時間で休止状態に変わります。BIOSセットアップで、スリープから休止状態に変わるまでの時間を変更できます。

 

モデル名

R631/28D

画面

13.3型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i5-2467M プロセッサー 動作周波数1.60GHz
(ターボ・ブースト2.0利用時2.30GHz)

SSD /メモリ

128GB/4GB

Web
カメラ

有効画素数 約130万画素

駆動
時間

約9時間

特長

質量 約1.12kg、長時間駆動バッテリー、東芝高速スタート、東芝ピークシフトコントロール、ecoボタン/ecoユーティリティ、ワイヤレス・ディスプレイ、指紋センサー、Windows®7 Home Premium 64ビット正規版(Service Pack 1 適用済み)、WiMAX通信注14モジュール、Skype™、Microsoft® Office Home and Business 2010

*SSDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。
 お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

注14
WiMAXは、WiMAXフォーラムの商標です。


2.グラスレス3D AVノートPC【dynabook Qosmio T851/D8DR】10月下旬から発売/オープン価格

 最新CPUを搭載し、世界初注15、 迫力の3D映像とWebなどの2D画像の同時表示注16を実現。さらに、3波放送の3D変換やYouTube 3D注17まで手軽に楽しめるグラスレス3D AVノートPC。

モデル名

T851/D8DR

画面

15.6型ワイドFHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

2D表示時:1,920×1,080ドット、3D表示時:1,366×768ドット相当 グラスレス3D対応

CPU

インテル® Core™ i7-2640M プロセッサー搭載 動作周波数2.80GHz

(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.50GHz)

グラフィック

アクセラレーター

NVIDIA® GeForce® GT 540M

ODD

ブルーレイディスクドライブ注18

(BDXL™対応、DVDスーパーマルチドライブ機能対応)

HDD/
メモリ

750GB/8GB

TVチューナー

地上/BS/110度CSデジタル放送対応TVチューナー ×2

Web
カメラ

有効画素数 約100万画素

駆動
時間

約2.9時間

特長

Bluetooth®ワイヤレステクノロジーVer3.0 + HS、harman/kardon® ステレオスピーカー、Windows®7 Home Premium 64ビット正規版(Service Pack 1 適用済み)、Microsoft® Office Home and Business 2010、Adobe® Photoshop® Elements 9、Adobe® Premiere® Elements 9、Skype™

*HDDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。
お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

注15
PCとして。2011 年9月、当社調べ。
注16
2D表示はフルHD解像度。3D表示はHD解像度相当となります。
注17
アップデートで対応します。
注18
Blu-ray DiscTM、Blu-rayTM、Blu-ray 3DTM、BDXLTM及び関連ロゴはブルーレイディスク アソシエーションの商標です。

3.スタンダードノートPC【dynabook T451/59D、T451/57D】10月上旬から発売/オープン価格

 先進のクアッドコアCPU「インテル® Core™ i7-2670QM プロセッサー」搭載で、64ビット/32ビットセレクタブルOSを採用し、大容量の750GBハードディスクを搭載。メモリ容量や3色のボディカラーが選べるスタンダードノートPC。

モデル名

T451/59D(3色)

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i7-2670QM プロセッサー 動作周波数2.20GHz

(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.10GHz)

ODD

ブルーレイディスクドライブ

HDD/
メモリ

750GB/8GB

Web
カメラ

有効画素数 約130万画素

駆動
時間

約4.6時間

特長

長時間駆動バッテリー、東芝高速スタート、東芝ピークシフトコントロール、ecoユーティリティ、ワイヤレス・ディスプレイ、ワイヤレスマウス、Windows® 7 Home Premium 64/32ビット版セレクタブルOS、Microsoft® Office Home and Business 2010、Skype™

モデル名

T451/57D(3色)

画面

15.6型ワイドHD液晶(16:9)省電力LEDバックライト

CPU

インテル® Core™ i7-2670QM プロセッサー 動作周波数2.20GHz(インテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大3.10GHz)

ODD

ブルーレイディスクドライブ

HDD/
メモリ

750 GB/4GB

Web
カメラ

有効画素数 約130万画素

駆動
時間

約4.6時間

特長

長時間駆動バッテリー、東芝高速スタート、東芝ピークシフトコントロール、ecoユーティリティ、ワイヤレス・ディスプレイ、ワイヤレスマウス、Windows® 7 Home Premium 64/32ビット版セレクタブルOS、Microsoft® Office Home and Business 2010、Skype™

*HDDの容量は1GBを10億バイトで算出しています。
 お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有量などにより上記の計算値より小さい値になります。

 主なアプリケーション 

1.ホームネットワークプレイヤー「CyberLink SoftDMA for TOSHIBA」  

 ネットワーク接続されたレグザやレグザブルーレイに録画したデジタル放送番組を、PCで楽しめるソフトウェアです。有線/無線LANを使って、寝室などの別の場所で好きな時間に楽しむことができます。

2.ビデオ通話ソフト「Skype™」 

 内蔵のWebカメラを使って遠隔地のSkype™注19ユーザーと顔を見ながら無料注20でビデオ通話を楽しむことができます。注21

注19
Skype、関連商標およびロゴ、「S」記号はSkype Limited社の商標です。
注20
インターネット通信料はお客様のご負担となります。
注21
別途アカウントの作成が必要になります。


3.「東芝高速スタート」 

  「高速スタートモード」で電源を切った場合、次にPCを立ち上げるとき、起動時に行うBIOS処理とプログラムの読み込みが最適化され、起動時間が短縮されます。電源ボタンを押してからWindows®が立ち上がるまでの起動時間を短縮することで、待ち時間が少なく、快適に操作を開始できます。

4.「TOSHIBA eco ユーティリティ」 

 ワンタッチで、ディスプレイの明るさやスリープ状態になるまでの時間、イルミネーションLEDのON/OFFなど、面倒な設定をすることなく、最適化された省電力の節電モードに簡単に切り替えできます。注22

注22
 「dynabook T451」はアプリケーションソフトで切り替え可能です。

5.「東芝ピークシフトコントロール」 

 電力需要のピーク時間帯に入ると、AC電源からの電力供給を停止し、電力需要の少ない時間帯に蓄えたバッテリーを電源として動作させる電源管理機能です。注23 バッテリーを夜間に充電し、昼間に使用していた電力消費の一部を夜間に移行させて電力を効率的に活用することで、電力需要の平準化に貢献します。

注23
プログラムのインストールおよび設定が必要です。バッテリー充放電を一定期間繰り返すためにバッテリーの使用サイクルが進みますので、バッテリーの買い替え時期が早まります。動画再生などのアプリケーションは、省電力機能によりスムーズに動作しない場合があります。

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
 当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm

添付資料

 

お客様からの商品についてのお問い合わせ先:

東芝PCあんしんサポート
通話料無料 : 0120-97-1048
受付時間  : 9:00~19:00(年中無休)
・海外からの電話や携帯電話で上記電話番号に接続できないお客様は
 043-298-8780で受け付けています。なお、新商品情報は当社の
 PC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。