Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

地デジ放送6チャンネル分を15日分録画して一時保管する
レグザブルーレイ「レグザサーバー DBR-M190」他の発売について

2011年10月03日
レグザブルーレイ「レグザサーバーDBR-M190」の画像
レグザブルーレイ「DBR-Z160」



 当社は、6チャンネル分の地デジ放送を毎日録画して一時保管することができる「タイムシフトマシン」を搭載し、現在から15日分さかのぼって視聴注1できるレグザブルーレイ「レグザサーバー DBR-M190」、8日分さかのぼって視聴注1できるレグザブルーレイ「DBR-M180」の2機種を12月中旬から順次発売します。さらに、当社製品「レグザ」、「レグザタブレット」やスマートフォンなどと組み合わせて注2自宅の好きな場所で好きな録画番組を楽しむことができる「レグザリンク・シェア」を搭載したレグザブルーレイ「DBR-Z160/DBR-Z150」を11月上旬から順次発売します。「レグザリンク・シェア」は、「DBR-M190」、「DBR-M180」にも搭載しています。

 新商品「DBR-M190」、「DBR-M180」は、「レグザブルーレイ」として初めて「タイムシフトマシン」を搭載しました。「DBR-M190」は、「タイムシフトマシン」用に4TB、通常録画用に1TBの大容量ハードディスクを搭載し、MPEG4AVCによる圧縮を併用することで、地デジ放送を6チャンネル分、15日間録画注3し、一時保管できます。さらに、通常録画機能として、同時に2番組録画できる「W録」も搭載し、「タイムシフトマシン」での録画以外に、地上、BS、110度CSデジタル放送の中から2番組を同時録画して視聴することができます。このタイムシフト録画と通常録画を併せると、業界最大注4の8チャンネル同時録画が可能です。

 また、新商品全機種には新たに、録画した番組や放送中の番組を、家庭内ネットワークに接続された注5「レグザ」、「レグザタブレット」、スマートフォンと共有することができる「レグザリンク・シェア」を搭載しています注6。「レグザリンク・シェア」には、放送中の番組を「レグザタブレット」に配信する機能、新商品に録画した番組を「レグザ」、「レグザタブレット」、スマートフォンに配信する機能、新商品に録画した番組を「レグザタブレット」にダビングして持ち出す機能等があり、レグザタブレット上の「レグザAppsコネクト」のアプリによって実現します。さらに、「DBR-M190」、「DBR-M180」は、同じ「レグザリンク・シェア」搭載機からの配信映像を受信することもできるので、他の部屋に設置した機器で録画した番組を「DBR-M190」、「DBR-M180」から配信して視聴することもできます。本機能により、新商品の設置場所に制限されずに番組を楽しむことができます。

 新商品全機種はUSBハードディスク録画にも対応注7しており、最大8台のハードディスクの登録が可能です。さらに「DBR-M190」、「DBR-M180」については、「レグザブルーレイ」としては初めて4台同時接続ができるようになり、使い勝手がより向上しています。

 また、新商品全機種には、ユーザーがあらかじめ設定した時間帯にリモコンの電源ボタンを押すと、約1秒で起動する「瞬速起動」注8を搭載しています。これにより、ユーザーがよく使う時間帯にすぐに映像コンテンツを楽しむことができ、利用シーンに合わせた使い方ができます。

注1
地デジ放送6チャンネル分を低画質モードで一時保管した場合。「タイムシフトマシン」用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。
注2
対応する端末以外ではご利用になれません。2011年10月3日時点で対応を予定しているタブレット端末はREGZA Tablet AT700/AT3S0です。「録画番組の配信」、「現在番組の配信」、「録画番組の持ち出し」には、それぞれ「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZプレーヤー」、「RZライブ」、「RZポーター」をタブレット端末にインストールする必要があります。「RZプレーヤー」および「RZライブ」は2011年12月中旬配布予定、「RZポーター」は2012年1月下旬配布予定です。またAT3S0はAndroid™ プラットフォームのアップデートが必要です。
2011年10月3日時点で対応を予定しているスマートフォンはREGZA Phone IS11Tです。プリインストールされている「DiXiM Player」を使用した通常画質の「録画番組の配信」のみに対応しています。高画質の「RZプレーヤー」には対応していません。
注3
「タイムシフトマシン」のシステムメンテナンス用に設定した時間は録画が一時中断されます。
注4
2011年10月3日現在、東芝調べ。
注5
情報端末等を家庭内ネットワーク(無線LAN)で本機と接続する必要があります。電波状況が悪い場合、正常に再生できないことがあります。複数の機器に同時に番組を配信することはできません。配信できるのは著作権保護されたコンテンツに限ります。
注6
「現在番組の配信」「録画番組の持ち出し」には、「DBR-M190」、「DBR-M180」では2012年3月下旬予定のバージョンアップが、「DBR-Z160」、「DBR-Z150」では2011年11月下旬予定のバージョンアップが必要となります。
注7
「USBハードディスクは、「タイムシフトマシン」用には使えません。通常録画用となります。
注8
機器の状態およびテレビの種類によっては、実際の時間とは異なる場合があります。1日のうち瞬速起動待機に設定できるのは6時間までです。瞬速起動待機中は「通常待機」「省エネ待機」時と比べて消費電力が増えます。

 新商品の概要 

商品名

形名

内蔵HDD

価格

発売時期

ブルーレイディスクレコーダー

「レグザブルーレイ」

レグザサーバーDBR-M190

「タイムシフトマシン」用:4TB

通常録画用:1TB

オープン

12月中旬

レグザサーバーDBR-M180

「タイムシフトマシン」用:2TB

通常録画用:500GB

オープン

12月中旬

DBR-Z160

2TB

オープン

11月上旬

DBR-Z150

1TB

オープン

11月上旬

 商品化の背景と狙い 

 地上アナログ放送がほとんどの地区で終了し、レコーダーを地デジ対応に買い替える需要が年末商戦にかけて急速に伸長すると思われます。また、さまざまな視聴スタイルに対応した商品のニーズが高まっており、あらかじめ録画予約をしていなくても過去に放送された地デジ番組をタイムシフトして楽しめたり、録画した番組をテレビ、タブレット、スマートフォンなどの他の機器で楽しめるレコーダーを商品化しました。当社は今後も液晶テレビやパソコンで培った技術をレコーダーに応用するとともに、さまざまな機器で地デジ番組を楽しめる視聴スタイルや録画スタイルを提案していきます。

 新商品の主な特長 

1.6チャンネル分の地デジ放送を毎日録画して一時保管できる「タイムシフトマシン」(「DBR-M190」、「DBR-M180」)

 「DBR-M190」、「DBR-M180」には、「タイムシフトマシン」専用の地デジチューナーを6個搭載し、ユーザーの設定により、最大6チャンネル分の過去の番組を「タイムシフトマシン」専用のハードディスクに録画し、一時保管します。リモコンの「タイムシフト」ボタンを押すことで録画した番組を過去番組表として表示することができ、見忘れてしまった番組でも簡単に検索し、見たい時に自由に楽しむことができます。本機能を搭載している当社の液晶テレビ「レグザZG2シリーズ」の操作性を継承しているため、メニュー、番組表、録画リストなどの画面は、「ZG2シリーズ」と同等になっています。
 本機能用として、「DBR-M190」には4TB、「DBR-M180」には2TBのハードディスクを搭載しており、「DBR-M190」は現在から15日分、「DBR-M180」は8日分過去にさかのぼって録画し、一時保管できます。録画するチャンネル数や時間帯などを細かく設定できるため、たとえば4チャンネル分をゴールデンタイムのみ録画する設定の場合、録画日数はさらに増加します。一時保管した番組を保存したい場合は、通常録画用のハードディスクにダビングしたり、ブルーレイディスクに保存したりすることができます。

2.2チャンネル同時長時間録画ができる「W録」

 新商品には通常録画用に地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2個搭載し、同時に2つの番組を録画することができます。MPEG4AVCトランスコーダーを搭載しているので、長時間の同時録画も可能です。また、「タイムシフトマシン」を搭載している「DBR-M190」、「DBR-M180」の場合は、「タイムシフトマシン」と「W録」で最大8チャンネル分の同時長時間録画ができます。

3.録画した番組を別の部屋の機器や外出先で楽しめる「レグザリンク・シェア」

 新商品には、家庭内ネットワークに接続された当社商品「レグザ」、「レグザタブレット」、スマートフォンと放送中の番組や録画した番組を共有することができる「レグザリンク・シェア」を搭載しています。「レグザリンク・シェア」の主な機能は以下の通りです。

(1)放送中のテレビ番組を「レグザタブレット」に配信する機能

 本機能は、「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZライブ」注9を「レグザタブレット」にインストールすることで実現します。放送中の番組を、新商品を介して地デジチューナーを搭載していないタブレットで視聴することができるため、たとえばリビングのテレビを家族が使っていても、見逃したくない生放送番組などをタブレットに配信して別室で楽しむことができます。また、視聴中のチャンネルに関するTwitter のタイムラインを見たり、ツイートすることもできます。

注9
レコーダーが録画その他の動作中には、本アプリケーションによる視聴ができない場合があります。配信される映像は、実際の映像より遅れて再生されます。
(2)録画した番組を「レグザタブレット」、スマートフォンなどに配信する機能

 本機能は、「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZプレーヤー」を「レグザタブレット」にインストールするか、REGZA Phone IS11Tにプリインストールされている「DiXiM Player」を利用することで実現します。新商品に録画した番組を別室にある「レグザタブレット」やスマートフォンなどに配信する機能で、新商品を設置している部屋以外でも録画番組を楽しむことができます注10。なお、「RZプレーヤー」では、録画番組のシーン頭出し情報を全国ユーザーと共有できる「タグリストシェア」や、Twitter 上で番組やシーン単位でのツイートが可能です。

注10
「DBR-M190」、「DBR-M180」のタイムシフトマシンで一時保管した番組を配信するには、一旦通常録画用のハードディスクに保存してからダビングする必要があります。
(3)録画した番組を「レグザタブレット」などにダビングして注11持ち出す機能

 本機能は、「レグザAppsコネクト」のアプリ「RZポーター」を「レグザタブレット」にインストールすることで実現します。新商品に録画した番組を「レグザタブレット」にダビングすることができるため、屋外でも録画番組を楽しむことができます注12。また、録画番組のシーン頭出し情報を全国ユーザーと共有できる「タグリストシェア」や、Twitter 上で番組やシーン単位でのツイートが可能です。

注11
携帯端末にダビングすると、コピー可能回数が1減ります。コピー禁止番組の場合、番組はタブレット側に移動し、元の機器から消去されます。携帯端末にダビングした録画番組は、元の機器には戻せません。また、ダビング先の機器以外では視聴できません。録画した映像データの転送速度は、レコーダー本体の接続環境や動作状況により異なります。
注12
サ「DBR-M190」、「DBR-M180」の「タイムシフトマシン」で録画した番組を持ち出すには、一旦通常録画用のハードディスクに保存してからダビングする必要があります。
(4)録画した番組を「レグザ」や「ダイナブック」に配信する「ネットdeサーバーHD」

  録画した番組を別の部屋のDLNA/DTCP-IPに対応した「レグザ」や「ダイナブック」注13に配信する機能を搭載しています。新商品を設置している部屋以外にある「レグザ」でも、録画番組を楽しむことができます。

注13
「CyberLink SoftDMA for TOAHIBA」搭載の2011年秋冬モデル。

4.USBハードディスク録画に対応

 新商品は、通常録画用に外付けUSBハードディスクを増設することができ、1台当たり最大2TB(「DBR-M190」、「DBR-M180」)、最大4TB(「DBR-Z160」、「DBR-Z150」)の外付けUSBハードディスクを8台まで登録することができます。さらに、バスパワーに対応したことでACアダプターなしで2.5インチのハードディスクが使用できるほか、「DBR-M190」、「DBR-M180」は「レグザブルーレイ」として初めて4台同時接続注14にも対応しており、より使い勝手が向上しています。

注14
USBハブ経由でUSBハードディスクを接続する場合には、USBハブにACアダプターを使用して電源供給する必要があります。USBハブにUSBハブを接続(多段接続)しての使用はできません。

5.電源を入れて約1秒で起動する「瞬速起動」

 新商品には、ユーザーがあらかじめ設定した時間帯にリモコンの電源ボタンを押すと、約1秒で起動する「瞬速起動」を搭載しています。たとえば朝出かける前と夜帰宅した後の時間帯を設定しておけば、使いたいときにすぐに「レグザブルーレイ」を使用することができます。

6.映像の高画質再生(「DBR-M190」、「DBR-M180」)

 「DBR-M190」、「DBR-M180」には、当社液晶テレビ「レグザ」に採用している高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」を、「レグザブルーレイ」として初めて搭載しています。「レグザエンジンCEVO」で実現する「レグザ」の高画質化技術により、映像の高画質再生を実現しています。

(1)超解像技術採用「レゾリューションプラス6」

 複数フレーム(前フレーム/表示フレーム/後フレーム)から時間軸での高精細映像を再構成する「3次元フレーム超解像技術」、デジタル放送の送信時に失われた色情報を復元する「色の超解像技術」(ディスク再生時は非対応)、「再構成型超解像技術」、「自己合同性型超解像技術」から構成される「レゾリューションプラス6」を搭載し、鮮やかな色彩がより際立つ映像を再現します。

(2)パワー質感リアライザー

 画面の暗部と明部をしっかり描くことで立体感・奥行感のある映像を再現し、きめ細やかで本物により近い質感描写を実現します。

(3)シャープネス・オプティマイザー

 映像シーンに応じてシャープネスを自動調整し、映像にふさわしい画質で再現。鮮明でギラつき感のない、リアルな映像を映し出します。

(4)バス幅16ビット精度高画質化処理

 16ビットの高精度な映像処理(内部処理は最大18ビット)を行ない、映像の欠落やノイズの発生を抑え、繊細な描写を可能にします。

(5)アニメモード

 アニメーションに最適なエッジの先鋭度を向上させる画質モードを搭載し、色鮮やかな映像描写を行ないます。

(6)レグザコンビネーション高画質

 「レグザ55X3」、「レグザZP3/Z3シリーズ」と接続して視聴する場合は、新商品と「レグザ」がそれぞれ最適な高画質化処理を行います。「レグザエンジンCEVO」を搭載した「レグザ」と「レグザブルーレイ」で機能を分担することで、さらなる高画質映像を再現します。

7.「YouTube」注15などのブロードバンドサービス対応注16(「DBR-M190」、「DBR-M180」)

 「DBR-M190」、「DBR-M180」は、「YouTube」をはじめブロードバンドを通じて映像配信される「テレビ版Yahoo! JAPAN」注7、「TSUTAYA TV」注18、「T’s TV」注19、「アクトビラ ビデオ・フル」注20、「ひかりTV」注21に対応しています。

注15
YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
注16
ご利用にはインターネットの接続が必要です。ご利用環境・通信環境等によって映像の乱れや視聴できない場合があります。
注17
「テレビ版Yahoo! JAPAN」に関する詳しい情報は「テレビ版Yahoo! JAPAN」公式サイト(http://digitalhome.yahoo.co.jp/dtv/)をご覧ください。
注18
「TSUTAYA TV」は、(株)TSUTAYA TVが運営するサービスです。詳しい情報は「TSUTAYA TV」公式情報サイト(http://tsutaya-tv.jp/)をご覧ください。
注19
「T's TV」は、ブロードメディア株式会社が提供するサービスです。詳しい情報は「T's TV」公式情報サイト(http://t-s.tv/)をご覧ください。
注20
「アクトビラ」は、(株)アクトビラが運営するサービスです。詳しい情報はアクトビラのホームページ(http://actvila.jp)をご覧ください。
注21
「ひかりTV」は、(株)NTTぷららが提供する映像配信サービスです。詳しくはひかりTVホームページ(http://www.hikaritv.net/)をご覧ください。

8.多彩な編集機能(「DBR-Z160」、「DBR-Z150」)       

 「DBR-Z160」、「DBR-Z150」は、「RDシリーズ」と同等の多彩な編集機能を搭載しています。再生中に簡単に好きなシーンでチャプター分割して好きなシーンだけを集めたプレイリストを作成し、ディスクにダビングしてオリジナルの名場面集ディスクなどを作成することができます注22

注22
「DBR-M190」、「DBR-M180」は、録画タイトルをそのままダビングするか、タイトルのチャプター属性ごとにディスクにダビングすることのみ可能です。このとき、不要チャプターの境界は1秒程度前後することがあります。

9.環境への配慮

(1)「未使用時自動電源OFF」機能による消費電力の削減

 電源を消し忘れた際に自動的に電源が切れるまでの時間が設定できる「未使用時自動電源OFF」機能を搭載しています。一定時間操作をしなかった場合、自動で電源が切れるので、無駄な電力消費を抑えられます。

(2)環境を考えた梱包箱を採用

  梱包箱の印刷に使う情報を必要最小限に絞ることで、印刷面積やインクの使用量が少ない梱包箱を使用しています。

(3)化学物質管理の徹底

 「レグザブルーレイ」は「EU-RoHS指令注23」に適合しています。また、プリント基板実装工程での無鉛はんだの採用や梱包材料からのPVC(塩ビ)全廃を行っています。

注23
RoHS:Restriction of the use of certain Hazardous Substances
 EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニール)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
(4)「レグザブルーレイ」の環境自主基準について

 「レグザブルーレイ」では、18項目の製品別環境自主基準を設定しています。
  URL: http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/cs/eco/ecp.html
 新商品は、この自主基準に適合した環境調和型製品(ECP:Environmentally Conscious Products)です。

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
 当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧下さい。
URL:http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm


添付資料

 

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先:

東芝DVDインフォメーションセンター
一般電話用フリーダイヤル  TEL : 0120(96)3755
 *フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話用ダイヤル      TEL : 0570(00)3755
 *携帯電話用ダイヤルはPHSなどの一部の電話ではご利用になれません。
商品情報掲載ホームページ URL : http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。