Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

中国国有企業とのスマートコミュニティ分野における提携について

2011年11月26日

  当社は、中国節能環保集団公司(以下、中国節能)および株式会社みずほコーポレート銀行(以下みずほCB)と中国におけるスマートコミュニティ事業推進に向けた協力関係を構築することで合意しました。

 中国では、第12次5ヵ年計画において、「省エネ・環境保護」と「新エネルギー」を「戦略的新興産業」と位置付け、経済成長持続と省エネ・環境対策の強化の両立を目指す中、国内生産額(GDP)あたりのエネルギー消費とCO排出を大幅に削減することを目標に掲げています。そのような中、環境意識の高まりを受けて、省エネや新エネルギー導入に向けた取組みが積極的に行われており、中国における省エネ・環境ビジネスの市場規模が急速に拡大すると見込まれています。

 中国節能は、中国の国有企業の一つで、中国国務院が同国初の環境・省エネ事業投資・管理会社として1988年に設立され、中国国内における省エネ・環境保護技術の普及と環境・省エネ事業投資の中心的な役割を担っています。

 今回の提携は、スマートコミュニティや省エネサービス、グリーンビルディング(環境に配慮したビル)分野において、中国節能と当社の情報・意見交換を緊密化し、技術交流や個々のプロジェクトにおける共同参画などの協力を進めていくものです。みずほCBは、資金調達などを通じて両社の取組みを支援していきます。中国節能との提携により、当社は、中国市場におけるスマートコミュニティ事業などの省エネ・環境事業の拡大を加速します。

 当社は、これまでに中国国内において、「江西省共青城市におけるスマートコミュニティ技術実証事業注1」、「天津市環境都市プロジェクト注2」に参加し、スマートコミュニティ関連事業を行ってきました。

 当社は、今後も中国などの新興国でスマートコミュニティ関連事業を積極的に推進し、2015年度の同事業の売上高9,000億円を目指します。

注1:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が中国で実施する初のスマートコミュニティ実証事業。注2:天津市が計画するプロジェクト。当社はみずほCB、天津経済技術開発区管理委員会と協力し、低炭素社会実現に向けたスマートコミュニティ技術を導入することを前提に、小規模エリアにおける環境都市構築の事業可能性の検討を行う。

中国節能環保集団公司の概要

1.設  立:1988年
2.所 在 地:中国 北京
3.事業内容:省エネ・新エネルギー開発事業、環境保護・健康関連事業、新素材・資源総合利用事業

カテゴリー

    プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。