Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

「2012 International CES」の出展について  

2012年01月06日

 当社は、1月10日から13日までの4日間、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「2012 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」において、最新のスマートホームやデジタルプロダクツに関する展示を行います。スマートホームにおけるエネルギーマネジメントソリューション、テレビ、タブレット、ネットなどが連動した映像コンテンツの新しい楽しみ方等を提案し、デジタル社会の新しいカタチを訴求します。

展示の主な内容 

1.スマートホーム

 家庭内のゲートウェイになる「ライフデザインボックス」を参考展示し、スマートメーター・太陽光発電・EVとデジタル家電をHEMSで連携することによるスマートホームの提案を行います。

2.タブレット、PC

 10.1型ワイドで世界最薄・最軽量のタブレット、13.3型ワイドで世界最薄・最軽量のウルトラブックを含む2012年PCの米国市場向け新ラインアップを出展します。また、薄型高輝度有機ELパネル搭載タブレット、ワイヤレス給電が可能な防水タブレットなどを参考展示します。

3.液晶テレビ

 放送からビデオオンデマンドまで横断的にコンテンツを検索できる新機能を搭載し、タブレット用Appsによる連携にも対応した新商品を含め、2012年液晶テレビの米国向け新ラインアップを出展します。さらに、欧州・日本市場で発表した4倍画素QFHDパネルを搭載し、当社独自の映像処理技術による高画質2D映像と専用メガネなしで3D映像も視聴できる55V型グラスレス3Dテレビを参考出展します。

注「Apps」は、簡単に機能やサービスの追加ができるソフトウェアを意味します。

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。