Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

ランディス・ギア社が米国のメーターデータ管理システム関連会社を100%子会社化

2012年01月11日

 当社のグループ会社であるランディス・ギア社は、このたび、40%の株式を保有していた米国のメーターデータ管理システム(MDMS)のソフトウエア開発会社「エコロジック・アナリティクス(Ecologic Analytics、以下、EA社)」の残り60%の株式を取得し、100%子会社化しました。

 EA社は、電気やガス、水道設備などのスマートメーターから送信されてきた情報を正確かつタイムリーに処理することにより、課金情報システムの提供や盗電監視、故障検出、デマンドレスポンス(需要応答)、負荷予測などを行う、MDMSのソフトウエアを開発する会社です。
  EA社のMDMSは、1つのシステムにおけるメーター接続可能数が多く、拡張性が高いという特長があります。EA社は、スマートメーターが普及している北米においてMDMSを積極的に展開しており、スマートメーターの一日当たりの自動検針数が最も多い、MDMSの大手です。

 ランディス・ギア社は、2007年にEA社の株式を40%取得しましたが、今後もスマートコミュニティ市場が拡大していく中、顧客ニーズの高い、拡張性の高いMDMSを提供するため、このたび残り60%の株式を取得しました。
  なお、100%子会社化以降も、現社長のクレイグ・ノーマンは引き続き職務を継続します。

 当社グループは、今後もグローバルにスマートコミュニティ事業を展開し、2015年度に同事業の売上高9,000億円を目指します。

 

エコロジック・アナリティクス社の概要

創業                    :2000年
社長                    :クレイグ・ノーマン(Craig Norman)
本社所在地           :米国 ミネソタ州 ブルーミントン

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。