Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

電子ブックリーダー「ブックプレイス(BookPlace)DB50」の発売について

―カラー液晶搭載で、電子書籍のほかインターネットやメールも楽しめる―
2012年01月26日

 

電子ブックリーダー「ブックプレイスDB50」画像
 

 当社は、タブレット端末の新商品として、ボタン一つで読みかけのページがすぐに呼び出せるなど、読書する際の使いやすさを重視した機能や、7型カラー液晶を搭載した電子ブックリーダー「ブックプレイス(BookPlace)DB50」を2月10日から発売します。

 新商品は、どこの画面を表示していてもワンタッチでトップ画面の書棚に戻る「ホームボタン」のほか、直前まで読みかけたページをすぐに呼び出す「コンティニューボタン」や、誤ったページを表示してもすぐに1つ前のページに戻れる「バックボタン」など、電子書籍を読む際に使いやすい専用ボタンを搭載しています。また、7型広視野角のタッチパネル付きカラー液晶の採用により、文字の拡大・縮小や輝度調整も指で直感的に操作できるほか、縦横の画面切り替えが可能で、電子書籍だけでなく、ホームページの閲覧やメール送受信も快適に楽しめます。

 本体には、無線LANモジュールを搭載しているので、無線LANの通信環境があれば、「BookPlaceストア」注1からの電子書籍購入やインターネットへの接続が可能です。また、重さ約330g、厚さ11mmのスリムでコンパクトなボディには、小説なら約6,000冊注2、コミックなら約150巻注2を収納でき、手軽に持ち歩けます。さらに、当社独自の音声合成技術を用いた音声読み上げ機能注3を搭載しており、混雑した電車の中などで書籍コンテンツを音声で楽しむことも可能です。

 約5万冊注4のコンテンツをそろえる「BookPlaceストア」では、トッパングループの株式会社BookLiveとの協業により、今年度末に10万冊まで拡大する予定です。また、新商品をご購入頂いた方への特典としてもれなく「BookPlaceストア」で使える5,000円分の書籍購入ポイント注5を付与しています。

 当社は今後も、電子書籍の普及拡大に向け、利用者が手軽に読書を楽しめるタブレット端末の展開と、ストアの充実を進めていきます。

注1

「BookPlaceストア」は株式会社BookLiveが提供するサービスです。「BookPlaceストア」を利用するには会員登録が必要です。

注2

内蔵フラッシュメモリ8GBを搭載。使用可能領域を約6GBとし、プレインストールされている立読み書籍を含み、小説1冊を1MB、コミック1冊を約40MBとして算出した値です。

注3

「BookPlaceストア」で販売する書籍のうち、約7,500冊で対応。2012年1月現在。

注4
2012年1月現在。
注5

購入した本製品から「BookPlaceストア」に新規会員登録を行う必要があります。すでに会員登録している方は、会員IDとパスワードを使って、購入した本製品から「BookPlaceストア」 に登録することにより、特典のポイントを取得できます。

「ブックプレイス(BookPlace)DB50」の発表内容における表現の一部変更について(2012年2月6日)

 「ブックプレイス(BookPlace)DB50」の発表内容おきまして、商品のご購入の際、電子書籍購入サイト「BookPlaceストア」で利用可能な書籍購入ポイント(5000円相当)の提供が、商品をご購入頂いたお客様に対する特典であるとの表現となっておりました。
 本商品は、あらかじめ「BookPlaceストア」でご利用いただける「5,000ポイント」(5,000円分の書籍購入ポイント)が含まれた商品として企画したものであるため、「特典」との表現を取り消しさせて頂きます。
 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 商品化の背景と狙い 

 電子書籍は今後普及が見込まれていますが、その市場がさらに拡大するためには、書籍コンテンツの充実と、使いやすさや読みやすさを重視した製品の開発、さらに普及価格帯での製品展開が課題でした。当社は今回、電子ブックリーダー「BookPlace DB50」を商品化し、今後コンテンツを配信するパートナー企業との連携も強化することで、これらの課題を解決し、電子書籍市場の拡大とともに、製品とサービス両面での売り上げ規模拡大を目指します。

新商品の概要

【BookPlace DB50】2月10日から発売/オープン価格

モデル名/型番

DB50/25E/PDB5025ENAW

プロセッサ

Freescale i.MX535,1.0GHz

画面

タッチパネル付き 7.0型ワイド WSVGA( 600×1,024ドット) TFTカラー LED液晶(広視野角/LEDバックライト)

記憶容量/メモリ

8GB フラッシュメモリ(eMMC対応)/1GB注6

専用ボタン

HOME、MENU、BACK、CONTINUE、VOLUMEボタン

外形寸法(突起部含まず)

約120(幅)×190(高さ)×11(奥行き)mm 

質量

約330g

駆動時間

最大約7.5時間注7

通信

無線LAN(IEEE802.11b/g/n準拠)、Bluetooth®搭載

サウンド機能

モノラルスピーカー

インターフェース

micro USB2.0(micro-B)、メモリカードスロット×1(microSD、microSDHC対応)、ヘッドホン端子

注6

フラッシュメモリの容量は1GBを10億バイトで算出しています。お客様が実際に使える容量は、付属するソフトウェア占有

量などにより上記の計算値より小さい値になります。

注7

省電力モードONの状態で、文字だけで構成されるコンテンツを40秒ごとに1回、ページめくりを続けた場合の駆動時間。バッテリー駆動時間は、使用環境により異なります。

 主な特長

1.手軽に持ち歩ける薄型軽量ボディ

 7型カラー液晶を搭載したモデルとして、およそ文庫本2冊分の約330gで厚さ約11mmのスリムでコンパクトなボディを実現しており、小説やコミックだけでなく雑誌や写真集などのカラーコンテンツも手軽に持ち歩くことができます。小説なら約6,000冊、コミックなら150巻を収納できるため、購入した本の置き場所に困ることはありません。また、無線LANモジュールを搭載しており、無線LANの通信環境があれば電子書籍を購入することができます。

2.使いやすさを重視した専用ボタン

(1)HOME(ホーム)ボタン

 電源ONですぐにホームの本棚画面が起動します。また、「BookPlaceストア」を見たり、他のアプリを使っていても、「ホームボタン」で簡単に起動時の本棚画面に戻ることができます。 

ホームボタンの説明図
(2)CONTINUE(コンティニュー)ボタン 

 電子書籍を読みかけたまま、インターネットやメールなどほかの画面を開いていても、「コンティニューボタン」を押すと、さっきまで読んでいたページの続きから、書籍を読むことができます。また、長押しすれば、読書履歴を表示できるため、複数の本を併読している場合でもすぐに読みたい本を選んで続きから読むことができます。 

コンティニューボタンの説明
 
 
(3)BACK(バック)ボタン

 うっかり別の画面に移動してしまった時や、Webブラウジングをしている時などで、1つ前の画面に戻りたい場合に便利なボタンです。本棚画面で押すと、一番上の棚までスクロールします。

(4)MENU(メニュー)ボタン

 本棚画面や電子書籍を読んでいる画面、ブラウザ画面など、その時利用している内容に関する設定メニューを表示します。

(5)VOLUME(ボリューム)ボタン

 電子書籍の音声読み上げ時や、インターネットで動画や音楽を楽しむ際に、「+」「-」ボタンで音量を調節できます。

3.読みやすさを追求したリーダー画面

(1)小さい文字を拡大する「スライダー&タッチ操作機能」

 小さくて読みにくい文字は、タッチパネルに表示されるスライダーを指でなぞるだけで簡単に拡大できます。雑誌やコミックは、ピンチアウト/ピンチインで自在に拡大縮小できます。

スライダー&タッチ操作機能の図

(2)読みたいページを呼び出す「しおり機能」

 途中まで読んだページや、気になったページにしおりを挟むことができ、あとでそのページを呼び出すことができます。また「しおり一覧」画面から選ぶだけで、簡単にそのページを開くことできます。

(3)気になった語句をすぐに調べられる「インターネット辞書機能」

 読書中に分からなかったり、気になった語句をインターネット上ですぐに調べることができます注8。また、気になる語句にマーカーを引いたりメモを付けて、該当箇所のページを後から簡単に開くこともできます。

注8 内蔵の無線LANを使用。無線LANによる通信環境が必要です。書籍によっては対応しておりません。

4.その他の便利な機能

(1)複数の本棚を作成できる機能

 ホームの本棚画面や立読み画面に加えて、複数の本棚を新たに作成できます。「趣味」や「ビジネス」などジャンル別にお好みの本棚を作って管理したり、名前別にして家族で使うこともできます注9。また、本棚の中で場所を入れ替えたり、束ねられたシリーズものの書籍をタップして広げて、読みたい号をすばやく見つけることもできます。さらにSDカードから写真データ取り込んで本棚の背景に設定することも可能です。

注9 本棚は7個まで作成可能

複数の本棚を作成できる機能の図

複数の本棚を作成できる機能の図

(2)電子書籍以外のよく使う便利なソフトウェアを搭載

 よく使うアプリケーションとして、インターネットのホームページを閲覧できる「ブラウザ」や「メール」のほか、メモリカードに保存されている静止画や映像などのファイルを再生できる「ギャラリー」などを標準搭載しています。メモリカードの音楽ファイルも、専用ウィジットから再生できます。また、PDF形式のファイルを読めるAdobe® reader® も搭載しています。

5.BookPlaceストア

 「BookPlaceストア」は、昨年4月に株式会社BookLiveとの協業により実現した電子書籍ストアです。一般書籍からコミック、写真集、雑誌まで国内最大クラスの約5万冊の品揃えで、24時間いつでも注10、お好みのタイトルを探して購入できます。新着タイトルの紹介や、期間限定の企画、ジャンル別の人気ランキングなど、本を探せるメニューも充実しています。また、気になった本は、紙の本と同様に立ち読み注11することもでき、購入前に内容を確認できるほか、1冊購入すれば、PCやスマートフォンなど、最大3台までの情報端末で読むことができます。

注10 内蔵の無線LANを使用。無線LANによる通信環境が必要です。
注11 立ち読みに対応していない書籍もあります。

【権利表記】
©板垣恵介(秋田書店) ©平川哲弘(秋田書店) ©C.S.ルイス、瀬田貞二/岩波書店 ©さだまさし/幻冬舎 ©伊坂幸太郎/講談社 ©小山宙哉/講談社 ©イタバシマサヒロ/コンポジラ ©本宮ひろ志/サード・ライン ©北方謙三/集英社 ©夏川草介/小学館 ©和田竜/小学館 ©おかざき真里/祥伝社 ©Tezuka Productions ©NHK/NHK出版 ©古賀茂明/PHP研究所 ©森崎令子/フェアベル ©倉田真由美/扶桑社 ©武富健治/双葉社 ©Toya Ataka/MCP ©さいとう・たかを/リイド社

当社グループの環境ビジョンについて

 当社グループは、「地球内企業」として持続可能な地球の未来に貢献するため、「東芝グループ環境ビジョン2050」を策定し、総合環境効率を2000年度基準で2050年度までに10倍に高める目標を掲げています。この実現に向け、「東芝がモノを作るときのエコ“Green of Process”」、「東芝の作る製品がエコ“Green of Product”」、さらに、効率の高いエネルギー供給機器の開発などの「環境技術で貢献するエコ“Green by Technology”」、の3つのGreenで地球との共生や豊かな価値の創造のための取り組みを行っていきます。
 当社グループは、こうした環境への取り組みを一層加速するとともに、広く訴求するため、「ecoスタイル」をグローバル統一ブランドと定めています。詳細は以下をご覧ください。
URL: http://www.toshiba.co.jp/env/jp/management/vision2050_0_j.htm


お客様からの商品についてのお問い合わせ先:


東芝PCあんしんサポート
通話料無料 : 0120-97-1048
受付時間  : 9:00~19:00(年中無休)
・海外からの電話や携帯電話で上記電話番号に接続できないお客様は
 043-298-8780で受け付けています。なお、新商品情報は当社の
 PC総合情報サイト「dynabook.com」(http://dynabook.com/)でも提供します。
カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。