Japan

プレスリリース

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

インドネシアでタンジュン・ジャティB火力発電所拡張工事の完工式が実施されました

2012年02月07日

住友商事株式会社
株式会社東芝
三井造船株式会社

 住友商事株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤進、以下「住友商事」)、株式会社東芝(本社:東京都港区、社長:佐々木則夫、以下「東芝」)、三井造船株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤泰彦、以下「三井造船」)および三菱重工業株式会社などが建設工事を進めてきたインドネシア共和国(以下「インドネシア」)タンジュン・ジャティB石炭火力発電所(以下「TJB」)の3、4号機拡張工事(660MW 2基、計1,320MW)につき、今般、建設および試運転が完了し、インドネシア電力会社PT. PLN (以下「PLN」)への電力供給が開始されたことを受け、本年2月6日に完工式が実施されました。

ジャワ島中部に位置するTJBのサイトでPLNの主催で行われたこの完工式には、主賓であるインドネシアのジェロ ワチック鉱物エネルギー大臣を初め、中部ジャワ州知事などの政府関係者、日本からは建設に携わった企業各社や国際協力銀行、日本貿易保険、民間銀行など、それに地元の住人を含めて約200人が列席して行われました。

この式典の中で、ジェロ ワチック鉱物エネルギー大臣は、インドネシアにおける当発電プロジェクトの重要性と感謝の気持ちを示されました。

住友商事社長の加藤進は、「当社からPLNに拡張工事を提案した2006年6月から、2008年末のリース契約調印まで、また建設工事の開始以降も様々な乗り越えるべき困難がありました。私が今こうしていられるのも、情熱をもって困難に正面から立ち向かい、壁を乗り越えてきたインドネシア・日本両国の関係者1人1人の挑戦とコミットメントの結果に他なりません。今後、TJBは地域社会と共生し、将来にわたってインドネシアの発展に貢献していくことを信じています。」と述べました。

東芝社長の佐々木則夫は、「今回納入させていただいた蒸気タービン発電機は、TJBの安全かつ効率的な運転に寄与するものと考えています。今後は、ベースロード電源としての石炭火力発電所のみならず、再生可能エネルギーとして地熱発電の重要性も高まってくるものと考えており、当社は今後も高い信頼性と効率性を有する発電機器を提供していきます。」と述べました。

三井造船社長の加藤泰彦は、「本発電所の土木・建築工事一式を設計・施工で請け負わせて頂く機会を与えて頂いたことに感謝すると共に、今後も新興国市場を中心に旺盛な需要のある火力発電所の土木・建築工事を中心として、総合エンジニアリング会社として培ったノウハウを活かした事業展開をはかっていきます。」と述べました。

インドネシアでは経済成長に伴う電力需要の拡大により、需給がひっ迫した状態が継続しており、また今後も2019年までインドネシア全土の電力需要は年平均約9%ずつ伸びていくと予想されています。インドネシア政府は2006年と2010年に第1次および第2次クラッシュプログラムをそれぞれ策定し、電力不足解消に取り組んできました。このような状況の中、本件は一日も早い完工を実現すべく取り組んできた結果、それぞれ予定より約3カ月以上前倒しで、さらには出力・効率とも契約条件を上回る性能を達成して、3号機は2011年10月13日に、4号機は2012年1月1日に完工に至ったものです。3、4号機の完工に伴い、TJBは既設の1、2号機とあわせて2,640MWの発電容量となり、インドネシアのジャワ-バリ電力系統全体の約13%の電力供給を担います。

 

1. TJB発電プロジェクト概要

所在地:

インドネシア国 中部ジャワ州 ジェパラ県

事業主体:

PT. Central Java Power  (“CJP”: 住友商事100%出資)

事業内容: 

CJPが発電所を建設し、PLNに対してファイナンスリースを行う。発電所の運転・保守はPLNのrisk and control で行いリース期間満了後はPLNに資産譲渡する。

Tanjung Jati B既設プロジェクト

 (1&2号機)

Tanjung Jati B拡張プロジェクト

(3&4号機)

発電設備:

660.8 MW x 2 unit 石炭火力発電設備

661.1MW x 2 units 石炭火力発電設備

完工時期:

1号機: 2006年10月

2号機: 2006年11月

3号機: 2011年10月

4号機: 2012年1月

資金調達:

JBICによるBuyers Creditなど

JBIC投資金融、出資金など

建設企業:

東芝 (タービン発電機一式)

三菱重工業 (煙突)

Babcock&Wilcox/Black&Veatch Consortium (ボイラー設備一式)

東芝プラントシステム (タービン発電機 及び ボイラー設備据付)

三井造船 (建設・土木工事、除く煙突)

東芝 (タービン発電機一式)

三菱重工 (ボイラー主機)

Black&Veatch (ボイラー補機)

東芝プラントシステム (タービン発電機及び

ボイラー補機据付)

三井造船 (建設・土木工事、煙突)

2. タンジュン・ジャティB火力発電所 3・4号機

 TJB全景

 

 

カテゴリー

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。